若い人を侮ってはいけない: ずくなしの冷や水

2021年08月02日

若い人を侮ってはいけない



Chris Bryant は英国労働党の国会議員

Alan MacLeod氏は、Google Scholar pageには見当たりませんが、ラテンアメリカ政治の分野でPhd 博士号を取り、大学で講義をし、本を1冊出版、査読付きの学術誌に記事を5本投稿したとありますから、ラテンアメリカ政治に関する気鋭の研究者です。

Chris Bryantは、そういう専門家であることも知らずに、ペルーの政治について何か知っているのか? 行ったことはあるのかと問うて恥をかきました。

アラン・マクロード博士は、教育者、エッセイスト、作家であり、メディア理論、プロパガンダ、ソーシャルメディア、南米政治などを研究している。Mintpress Newsのスタッフライター、Fairness and Accuracy in Reportingの寄稿者であり、著書に「『Bad News From Venezuela』:20 Years of Fake News and Misreporting」がある。Grayzoneでの最近の記事は、「Guaidó's mercenary hit contract on Venezuela's Maduro mirrors official US bounty, authorizing death squad killings」です。
との紹介がありました。

海外では、社会科学、人文科学でのPhdを持つことは、大変厳しい審査を経ています。
posted by ZUKUNASHI at 08:21| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。