年少者の新規感染シェアが上昇を続けています: ずくなしの冷や水

2021年09月22日

年少者の新規感染シェアが上昇を続けています





幼稚園などに通うお子さんが感染した場合、家族がどう対応するか、話し合っておられますか?

医師の受診も受けられないと考えておいたほうが良いです。

みんなの選んだ地方政府が、もうお手上げだと言っています。公共サービスはストップなのです。
救急車を呼んでも来ない、搬送してくれない状況になります。

千葉県で2021/7中に公表された集団感染事例。


共同2021/7/30 19:14 (JST)
児童生徒2万9000人が感染
クラスターは626件
 文部科学省は30日、一斉休校がほぼ終わった昨年6月から今年6月末までに、全国の小中高校と特別支援学校で児童生徒計2万9118人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5月下旬〜6月は減少傾向となっている。学校で5人以上のクラスター(感染者集団)発生は計626件に上った。



婆保育園、休園中
学校だったとしても、私は小僧を休ませたと思う。
「学校なんて行かなくたって平気だ!」と言って。
自分も大丈夫だったから自信もって休ませる(笑)
私の育った時代よりさらに
本も豊富ですぐに読めるし、パソコンもあるし、
まったく学習に関しては大丈夫だと、心配していない。
私は子育て時も、読み書きがある程度でき、
お金の計算ができたらOK!と思って子育てしていました。
結果、まぁ、立派な大人になったかどうかは「?」ですけど、
そこそこ普通に大人になったと思われ、私も娘たちも。








生徒は小学6年だった1月中旬に発症した。入院したが、発熱やのどの痛みなどの症状は回復して1週間ほどで退院した。異変に気づいたのは3月4日。すぐ保健所に連絡した。食欲がなくなり、頭やおなかが痛んだ。7日、40度の熱が出て、8日に入院した病院で受診すると、即入院を告げられた。

 時間の経過とともに高熱に加えておなかが張り、全身が真っ赤に発疹、目も充血した。小児科医は、川崎病に似た症状がみられる小児多系統炎症性症候群(MIS-C)の疑いがあると判断。新型コロナの感染が引き金になった症例と推測した。MIS-Cは全身の血管が炎症を引き起こす原因不明の病気とされる。生徒は炎症を鎮める血液製剤の免疫グロブリンの点滴を始めた。


2021年9月は10歳未満が急増しています。幼稚園などの集団感染が続いていますが、老人介護施設でも集団感染が増えている印象です。



posted by ZUKUNASHI at 21:24| Comment(1) | Covid19
この記事へのコメント
未成年者は成人に比べてACE2受容体の発現量が少ないのが新型コロナに感染発症したり、重症化しにくい理由だったようですが、デルタ株は水疱瘡並みの感染力&増殖力のため若年者でも関係なく発症するようになったようです。

Posted by 水源 at 2021年07月30日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。