現代史や現在の世界情勢については同じように現実離れの認識の人は多いと思う: ずくなしの冷や水

2021年07月20日

現代史や現在の世界情勢については同じように現実離れの認識の人は多いと思う


元ツイートの主 uttyan@jesus@uttyanjesus氏は「定年退職した都内キリスト教系私立高校元数学教師」とあります。私の昔の知人にこのような問題について基本的な認識を語らせたら、同じようなびっくり仰天なことをいう人がほとんどだと思います。そんな認識の違いが、結局私が知人たちから離れる最も大きな理由になりました。

私の場合はMKO氏のように誤りを正してやるような親切心もなかったし、何よりも面倒でした。


posted by ZUKUNASHI at 09:26| Comment(4) | 国際・政治
この記事へのコメント
日本が米国から買ったF-35ステルス戦闘機の100機の総費用(運用、維持、整備を含む)は、500兆円ですよ。自由に使えませんすぐにロックがかかる玩具ですよ、日本の総理が土下座して泣いて頼んでもだめですよ。韓国戦には使えない。米国は、甘くありません。日本人がただのバカ猿なだけです。ロシアのスホーイ社は、単発エンジンの最新ステルス戦闘機を開発しました。空気取り入れ口がユニークな戦闘機ですよ。価格はF-35の半分ぐらいですね。もちろん中国は、買いますよ。米国名は、[SCREAMER] スクリーマーですよ。ロシアの戦闘機は、ある程度自由に戦争に使えますよ。インパール菅総理 馬鹿でも総理になれる日本 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2021年07月19日 04:23
ロシアの新ステルス戦闘機の名前は、チェツクメイトとに決まりました。戦闘機の乗りの忍者プーチン大統領は、チェツクメイトを視察にきました。価格は、26億円〜32億円でF-35より7割安いですね。狂った自衛隊の誰も買わないボロF-3ステルス戦闘機は、200億円〜300億円するそうですよ。このチェツクメイト戦闘機の機首下にある空気取り入れ口は、革新的デザインですね、さすがロシアですね。整備不良の滑走路での運用も安心です。最初のMIGー29の時は、胴体に空気取り入れ口を作り、離陸の時はエンジンにふたをしていました。異物が入るとジェツトエンジンは、すぐに壊れます。ミグ社は、最近元気ないですね。インパール菅総理 やはり日本きちがいの国です。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2021年07月22日 11:04
今度の米中冷戦では、欧米の鉄砲玉特攻軍として組み込まれた自衛隊は、戦時には大活躍しますね。今開発している300億のF-3ステルス戦闘特攻機は最高ですね。朝鮮半島までロシア帝国は、南下すると欧米に洗脳され戦った日露戦争の博打の日本海海戦と同じ道ですね、素晴らしいですね。自衛隊は、中国の対艦弾道ミサイルにやられても狂ったように燃えますね。コロナのオリンピックより面白いですね。今一番ドローン戦術が進んでいるイスラエルは、ドローン演習で欧米軍に戦術を教えるそうですよ。独立したAIドローン・ロボット戦闘軍団を創るのは、軍人の反対で難しいですね、しかし忍者プーチン大統領は、やりますよ。インパール菅総理 やはり日本は、特攻しかない。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2021年07月27日 07:26
昔ナチスの機甲師団の運用実験に使われたポーランド軍が、ばか高い1両13億円もする金の米国戦車M1をたった250両導入します。ロシアの最新型T-72戦車なら2500両買えますよ。米国M1戦車は、ガスタービンエンジンなので運用と整備に莫大な金がかかります。AIとドローン機とロボット時代に、ポーランド軍も自衛隊と同じで狂っています。量で敵を圧倒する伝統的なロシア軍の数千両の戦車にはかないません、無駄ですね。アフガニスタンみたいに全国民が狙撃兵になれば、米軍も逃げていきます。インパール菅総理 日本のコロナへの肉弾攻撃凄いですね。万歳3。




Posted by 西 亨 at 2021年07月29日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。