北京が西側の批判と制裁に直面して「戦争モード」に切り替わる: ずくなしの冷や水

2021年03月26日

北京が西側の批判と制裁に直面して「戦争モード」に切り替わる

RT2021/3/26
US-China confrontation may only get worse under Biden as Beijing switches into ‘war mode’ in face of western criticism & sanctions
Joe Biden’s policy on China might not be as inflammatory as Trump’s, but the principle remains the same and the US will continue its attempts to contain China’s rise as a perceived challenge to the international order.

During his first press conference as the US President, Joe Biden opted for what he described as the “foreign policy priorities” of both China and North Korea. Stating that he knew Chinese premier Xi Jinping well from his days as Vice President, he called him a “smart guy” but added that he “doesn’t have a democratic bone in his body.”

He then spoke about “stiff competition,” vowing to “build alliances” that challenge Beijing and push back against China on a number of fronts. “They have an overall goal...to become the leading, wealthiest and most powerful country in the world,” Biden said, adding that he’s not going to let it happen on his watch. The president framed the situation as a 21st century battle of autocracies vs. democracies, vowing to “never back down from speaking out on what’s happening” with the Xinjiang Uygur Autonomous Region and Hong Kong.

The comments are not surprising yet hardly reassuring, after a controversial week regarding China and territorial issues, which has seen a backlash over sanctions concerning the Xinjiang region, ultimately leading to angry boycotts over western fashion brands H&M, Nike and more.

Although Biden has specifically rested on the term “competition” and not “confrontation” when talking of China, how easy is it to distinguish such claims from what is actually really happening? And how truly different is Biden’s policy from Trump’s? It’s not as inflammatory or recklessly callous, but the principle remains the same: attempting to contain China’s rise and development which is perceived as a challenge to the international order, just with a different aesthetic.

American foreign policy has changed, the world has changed. If the Trump administration set out to strategically reorientate the US focus in a different direction, then on all counts they have succeeded, no matter how much contempt we may have for that. The “era of openness” that started with Richard Nixon’s meeting with Communist leader Chairman Mao Zedong in Beijing in 1972, and commenced a newly found cooperation between America and China, is never coming back.

The new US presidency has so far not been fond of opting for the inflammatory “cold war” position that Donald Trump’s Secretary of State Mike Pompeo had advocated, whereby he called out “The Communist Party” on a daily basis, yet the fundamental doctrine of “great power competition” at the center of America’s outlook is unwavering and bipartisan. America’s quest for unchallengeable hegemony remains a constant of their political system, irrespective of who sits in the Oval Office.

What has changed is the manner, more so than the substance. Whereas the Trump administration advocated a strategy of unilateralism, aiming to browbeat allies into following on China and focusing on physical power, Biden has chosen a multilateral method whereby he strives to coordinate groups of countries against Beijing, united on common values and objectives. This may seem more daunting for China, but it is of course not without its pitfalls, as it potentially dilutes the strength of the given actions, even if it opts for unity as opposed to taking huge risks. The sanctions imposed this month by the US, UK, EU and Canada on China over alleged human rights violations in Xinjiang – which Beijing strongly denies – is a sign of things to come on this front. Although, as I’ve pointed out, it’s more style than substance, but this is Biden’s grand vision.

However, this does not mean the policy will be any more of a force for stability than Trump’s approach. In fact, it may, paradoxically, be worse because it involves the much more linear division of the world into de-facto blocs as opposed to the former administration’s largely “go it alone” approach.

China’s viewpoint can hardly be more secure when it is made to feel like the United States is attempting to wage a multi-pronged containment effort against it, especially on issues of sensitivity and territorial matters, including Hong Kong, Taiwan, Xinjiang et al.

The boycott that H&M, Nike and others are facing now over Xinjiang cotton “concerns” shows that China is prepared to hit back hard, whip up fury and, wherever possible, impose costs on those willing to take this path. The response over Xinjiang increasingly seems like China is switching into “war mode” towards western criticism and sanctions. Therefore, Biden’s self-proclaimed unwillingness to back down produces the very thing he vows to also avoid – confrontation.

In this case, the end of the Trump years can only be seen as a game changer in visuals, but not in terms of the fundamental new normal in China’s relations with America and, to an extent, the whole West. The manner in which Trump exited the presidency and the damage he has dealt to the US reputation has also compounded this problem by giving Biden “something to prove,” a feeling that America is weak, disorientated or lacking and, therefore, is obligated to hit back as hard as possible, opting for hawkish responses on every single front, be it China, Russia or North Korea. In essence, Biden presents himself as a stable pair of hands, yet the inherent instability his predecessor has inflicted on US foreign policy persists.

googleによる翻訳結果
米中対立は、北京が西側の批判と制裁に直面して「戦争モード」に切り替わるにつれて、バイデンの下でのみ悪化する可能性がある
ジョー・バイデンの中国に対する政策はトランプの政策ほど刺激的ではないかもしれませんが、原則は同じままであり、米国は国際秩序への認識された挑戦として中国の台頭を封じ込める試みを続けます。

ジョー・バイデンは、米国大統領としての最初の記者会見で、中国と北朝鮮の両方の「外交政策の優先事項」と彼が述べたものを選択しました。彼は副大統領時代から中国の習近平首相をよく知っていると述べ、彼を「賢い男」と呼んだが、「彼の体には民主的な骨がない」と付け加えた。

その後、彼は「厳しい競争」について話し、北京に挑戦し、多くの面で中国に反対する「同盟を構築する」ことを誓った。 「彼らには全体的な目標があります...世界で最も裕福で最も強力な国になることです」とバイデンは言い、時計でそれを実現させるつもりはないと付け加えました。大統領は、21世紀の独裁政治と民主主義の戦いとして状況を組み立て、新疆ウイグル自治区と香港との「何が起こっているかについて発言することから決して後退しない」と誓った。

新疆ウイグル自治区に関する制裁をめぐる反発が見られ、最終的には欧米のファッションブランドH&M、ナイキなどに対する怒りのボイコットにつながった中国と領土問題に関する物議を醸す一週間の後、コメントは驚くことではありませんが、ほとんど安心できません。

バイデンは、中国について話すとき、「対立」ではなく「競争」という用語に特に頼っていますが、そのような主張を実際に起こっていることと区別するのはどれほど簡単ですか?そして、バイデンの方針はトランプの方針とどれほど本当に違うのでしょうか?それはそれほど炎症的でも無謀でもありませんが、原則は同じです。国際秩序への挑戦として認識されている中国の台頭と発展を、異なる美学で封じ込めようとすることです。

アメリカの外交政策は変わり、世界は変わりました。トランプ政権が戦略的に米国の焦点を別の方向に向け直すことに着手した場合、それに対して私たちがどれほど軽蔑していても、すべての点で彼らは成功しました。リチャード・ニクソンが1972年に北京で共産党指導者の毛沢東と会談し、新たに発見された米中協力を開始した「開放の時代」は二度と戻ってこない。

ドナルド・トランプ国務長官マイク・ポンペオが提唱した、炎症を起こさせる「冷戦」の立場を選ぶことは、これまでのところ米国の新大統領としては好まれていません。アメリカの展望の中心にある「大国の競争」は揺るぎない超党派です。挑戦できない覇権を求めるアメリカの探求は、大統領執務室に誰が座っているかに関係なく、彼らの政治システムの不変のままです。

変わったのは、実体よりもマナーです。トランプ政権は、同盟国を中国に追いかけ、物理的な力に焦点を当てることを目指して、一国間主義の戦略を提唱したが、バイデンは、共通の価値観と目的に基づいて、北京に対して国のグループを調整するよう努める多国間方法を選択した。これは中国にとってより困難に思えるかもしれませんが、大きなリスクを冒すのではなく団結を選択したとしても、与えられた行動の強さを弱める可能性があるため、もちろん落とし穴がないわけではありません。北京が強く否定している新疆ウイグル自治区での人権侵害の疑いで今月米国、英国、EU、カナダが中国に課した制裁措置は、この前線に来ることの兆候です。私が指摘したように、それは実体よりもスタイルですが、これはバイデンの壮大なビジョンです。

しかし、これは、政策がトランプのアプローチよりも安定のための力になるという意味ではありません。実際、逆説的に言えば、前政権の大部分が「一人で行く」アプローチとは対照的に、世界を事実上のブロックにはるかに直線的に分割する必要があるため、さらに悪化する可能性があります。

特に香港、台湾、新疆ウイグル自治区などの敏感さや領土問題に関して、米国が多面的な封じ込め努力を試みているように感じさせられた場合、中国の視点はこれ以上安全ではありません。

H&M、ナイキなどが新疆ウイグル自治区の綿花の「懸念」をめぐって現在直面しているボイコットは、中国が激しく反撃し、怒りをかき立て、可能な限り、この道を進んで進む人々にコストを課す準備ができていることを示しています。新疆ウイグル自治区に対する反応は、中国が西側の批判と制裁に向けて「戦争モード」に切り替わっているように思われる。したがって、バイデンが後退することを望まないことを自称することは、彼がまた避けることを誓うまさにそのこと、つまり対立を生み出します。

732 / 5000
翻訳結果
この場合、トランプの年の終わりは、ビジュアルのゲームチェンジャーとしてのみ見ることができますが、中国とアメリカ、そしてある程度は西側全体との関係における根本的なニューノーマルの観点からは見ることができません。 トランプが大統領を辞任した方法と彼が米国の評判に与えた損害もまた、バイデンに「証明する何か」を与えることによってこの問題を悪化させました。 中国、ロシア、北朝鮮を問わず、あらゆる面でタカ派の反応を選択し、可能な限り一生懸命に戻ってください。 本質的に、バイデンは安定した一対の手として自分自身を提示します、それでも彼の前任者が米国の外交政策に与えた固有の不安定さは持続します。
posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。