新型コロナウイルスの臨床経過はエイズに似ている: ずくなしの冷や水

2021年01月28日

新型コロナウイルスの臨床経過はエイズに似ている

※ Toru, a medical doctor with long Covid(コロナ後遺症罹患医師)@abdullah_bucchi氏の2021/1/28のツイート
「遺伝子組み換え説」「人工ウイルス説」「生物兵器説」などに対しての是非は論じませんが、「SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)のゲノムにHIVと共通する遺伝子配列が複数含まれている」こと自体は、(海外の複数の研究者が確認している)科学的な事実のようです。
臨床経過に共通点が多いことも。

※ Toru, a medical doctor with long Covid(コロナ後遺症罹患医師)@abdullah_bucchi氏の2021/1/28のツイート
臨床医としての私が強調したいのは、「臨床経過」にHIV感染症との共通点が多いことです。
したがって、もし他の疾患と比較してコロナの致死率や重大性を論じるとしたら、インフルエンザなど「まったく性質の違う疾患」と比べるのではなく、HIV感染症と比較して考えるべきだと思います。
posted by ZUKUNASHI at 10:51| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。