千葉県下の集団感染が増え続けている: ずくなしの冷や水

2021年01月28日

千葉県下の集団感染が増え続けている

初出は2021/1/27の記事ですが、最新のデータを用いてグラフを更新しました。

千葉県下の集団感染を収集してきましたが、件数が増えて記録が困難になっています。

次は千葉県発表の感染者一覧から「区分」の欄で同一の「〇〇施設関係」のものを拾い、それをそのグループの検査確定日の一番早い期日の順に並べたものです。



多い時には一日に5件も集団感染が見つかっています。そして11月の半ばころから件数が増えていることがわかります。

月日ごとに集団感染の感染者数を合計すると次のようになります。


すべての感染者数の推移


10月頃に感染者数が横ばいで推移していましたが、この期間は感染が拡大する「培養期間」となったのです。そして、介護施設職員などに感染者が現れ、彼らが施設内で集団感染を引き起こすこととなりました。

今、感染者が峠を越えたように見えますが、新コロナウィルスを放出中の感染者は高水準です。感染は拡大している。

日中の社会活動は緊急事態宣言でも以前のままですから感染は拡大する。集団感染はさらに広い範囲で発生することは避けられないでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。