ロシアの株:コビド19は一人の人間の中で18回も突然変異を起こしていたことが判明した: ずくなしの冷や水

2021年01月13日

ロシアの株:コビド19は一人の人間の中で18回も突然変異を起こしていたことが判明した

RT2021/1/12
A Russian Strain: Covid-19 found to have mutated 18 different times in one person, with some never seen before
By Jonny Tickle
A Russian woman with a malignant lymphoma, who battled Covid-19 for five months, was found to have 18 different mutations of the virus inside her body. She first caught it in April and last tested positive in September.

The revelation was made last week, when Russian scientists published their research on Virological, a discussion forum for analysis and interpretation of virus molecular evolution and epidemiology. Contributors from four universities and one hospital analyzed the woman’s genome and found two of the Danish ‘mink mutations,’ as well as one recently discovered in the UK.

With so many changes, what was found could be classed as its own strain.

According to Nikolai Kryuchkov, an immunologist who spoke to the Moscow daily MK, Covid-19 changes rapidly in persons with a weakened immune system. The 47-year old patient, who at the time was undergoing chemotherapy, would fit into this category.

“Experts have noticed that the rate of mutation in the organisms of weakened people is several times higher than the rate in the normal human population,” he said.

Another expert, genomic engineering specialist Pavel Volchkov, noted that the Covid-19 found in the woman has similarities to the much-feared British version, and also has its own unique characteristics.

“The new variant of the coronavirus found in Russia belongs to the same group as the British ‘strain,’” he told Moscow newspaper Izvestia. “They have common mutations. But there are also new ones.”

On Monday, Alexander Gintsburg, head of the Gamaleya Centre which developed the Sputnik V vaccine, noted that there is a high probability that Russia already has its own strain.

“We are looking forward to our country discovering a Russian strain with altered properties. If they already exist in Britain, in South Africa, in Brazil – there are strains here,” he said. “[Russia] is much larger. A new strain should have been identified long ago.”

悪性リンパ腫を患ったロシアの女性が、5ヶ月間コビド19と闘った結果、体内に18種類のウイルスの変異があることが判明しました。彼女が最初に感染したのは4月で、最後に陽性反応が出たのは9月でした。

これはロシアの科学者たちが先週、ウイルスの分子進化と疫学の分析と解釈のための議論フォーラム「Virological」で研究を発表したことで明らかになった。4 つの大学と 1 つの病院からの貢献者は、女性のゲノムを分析し、デンマークの「ミンク突然変異」のうち 2 つと英国で最近発見された 1 つを発見しました。

あまりにも多くの変化があったため、発見されたものは独自の系統として分類される可能性がある。

モスクワの日刊紙MKに語った免疫学者のニコライ・クリュチコフ氏によると、コビド19は免疫系が弱っている人では急速に変化するという。当時、化学療法を受けていた47歳の患者は、このカテゴリーに当てはまるという。

「専門家は、弱った人の生体内での突然変異率が正常な人間の数倍であることに気づいています。」と同氏は語った。

もう一人の専門家であるゲノム工学の専門家パベル・ボルチコフ氏は、この女性から発見されたコビド19型は、非常に恐れられている英国型と類似点があり、また独自の特徴を持っていると指摘した。

「ロシアで発見されたコロナウイルスの新しい変異体は、イギリスの『株』と同じグループに属している」とヴォルチコフはモスクワのイズベスチア紙に語った。「彼らは共通の突然変異を持っています。しかし、新しいものもある。」

スプートニクVワクチンを開発したガマレヤセンターの責任者であるアレクサンダー・ギンスバーグ氏は月曜日、ロシアがすでに独自の株を持っている可能性が高いと指摘した。

「我々は、特性が変化したロシアの株が発見されることを予期している。英国、南アフリカ、ブラジルにすでに変異株が存在する場合は、ここにも変異株がある」と彼は言った。「ロシアの方がはるかに大きい。新しい株はずっと前に特定されうるようになっているはずです。」


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。修正を加えている。
posted by ZUKUNASHI at 14:49| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。