Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse: ずくなしの冷や水

2021年01月01日

Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse

RT 31 Dec, 2020 15:54
Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse
As the incoming Democrat surrounds himself with hostile Russophobes, the frosty US-Russian relationship doesn’t look likely to thaw any time soon. In anticipation, Moscow is already shifting to a policy of deterrence.

In comments made to the media on Christmas Eve, Russian Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov was critical of US policy toward Russia. Discussing the most recent round of economic sanctions levied by Washington against the country, Ryabkov accused the US of “accommodating the domestic needs of those interested in further non-stop escalation of tensions in relations with Russia, and letting them know that Washington led by the current administration has no intention to slow down its anti-Russian campaign.”

Noting that “the next US president will receive a difficult legacy,” Ryabkov stated that “I am not sure that those who might be responsible for Russia after January 20 [when Joe Biden is sworn in] are inclined and ready to seriously start strengthening a healthy foundation,” adding that “[w]e are moving from bad to worse.”

Ryabkov’s comments cannot be viewed in isolation, but rather must be examined in the context of the past two decades, during which time the US has been angrily lashing out at Russian President Vladimir Putin for the “crime” of seeking to right a Russian ship that was floundering in the stormy seas of post-Cold War lethargy brought on by years of misrule on the part of Boris Yeltsin.

From the US' perspective, Yeltsin was a compliant asset who sought Russian stability through the implementation of flawed market reform that sacrificed Russian democracy, allowing “economic liberalization” to transform into a Russian version of 19th-century American “robber-baron” capitalism. After years of watching the US run roughshod over a prostrate Russia, buying elections and humiliating Yeltsin in phone calls where he begged his American counterpart, Bill Clinton, to give Russia a modicum of respect, Putin took the reins of power as Yeltsin’s hand-picked heir apparent.

Putin won the Russian presidential election of 2000 and has never wavered from his vision of restoring Russia to what he believes is its rightful position as one of the world’s “great powers.” This has been a constant irritation to Washington, which has sought to sustain the post-Cold War subservient status of Russia as a “defeated” nation whose ambitions were to be permanently subordinated to a “victorious” US/NATO alliance.

As President-elect Biden surrounds himself with a cast of Russo-phobic “Putin whisperers” whose singular focus is on how best to undermine the legitimacy of the Russian president, he should pay heed to the words and assessments offered up by Ryabkov.

The future will not be 'business as usual', where the US dictates policy options to a Russia waiting in the wings. Russia will no longer stand idly by waiting for the US to come to its senses, but rather will treat the US for what it has become – a malign actor who must be deterred rather than accommodated. It is the US, not Russia, who has seized the mantle of 'Evil Empire'.

Ryabkov’s statements are not a threat – indeed, he made it very clear that Russia is ready and willing to work with the US to improve relations.

“If at any stage of the development of the process of its thinking on Russia, Washington demonstrates the readiness to try to clear the way in at least some areas, we will not keep them waiting,” Ryabkov noted. “We are ready for that. But we are not going to beg them to do so. We need relations with the United States as much as Washington needs relations with Russia. They should be fully aware of that.”

The deputy foreign minister declared that “it's up to the Americans to choose how, when, and what should be done about our bilateral relations. We are not initiating any contacts with Biden's transitional team, and we are not going to do so. Whenever they become interested, they are welcome, every address is known.”

But Ryabkov was not optimistic for any change coming from the new administration, noting that “[it] would be strange to expect anything good from people, many of whom have built their careers on Russophobia and slinging mud at my country.”

Russia, Ryabkov declared, would be considering a two-track approach toward relations with the US, one that was driven by the reality that “US policy on Russia is deeply hostile and contravenes our fundamental interests.” As such, Russia would be seeking “total deterrence of the United States in all areas.” The second track, “selective dialogue,” would be engaged “only in those areas that are interesting to us, instead of the areas interesting to them only.”

Ryabkov picked up on the use by Biden of the term “adversary” when describing Russia. “If you are adversaries,” he said, “you should sit in your trench, while we will do everything we can to make things worse and more difficult for you. This is the essence of the US policy on Russia, it is crystal clear. This is what we should proceed from and we have no illusions about who we are dealing with on the other side. The situation will fully persist under the new administration.”

US-Russian relations under a Biden administration, Ryabkov declared, were reflective of “a historical moment of truth, when the masks slip and when there is no need to cover with empty words some things that have become obvious recently. This is what is called the naked truth of life. It should be perceived in all of its diversity as it is.”

Russia was patient with Trump, operating under the mistaken belief that the current incumbent sought to better relations. But no more. As Ryabkov noted, “I know for sure there was no interest in normalizing relations with the Russian Federation when the Trump administration was in office.” The door leading to the betterment of relations will remain unlocked, if the US decides it wants to enter. But it will no longer remain open, with Russia standing by like a girl ready to be stood up on prom night.

Those days are over, never to return. This is the new reality that Biden and his coterie of Russophobic advisers are going to have to deal with going forward, a pragmatic reality that no longer seeks or desires a foundation of a friendship upon which to conduct relations.

旧来の敵である米ロ関係はバイデンの下で改善されるのか?いや、悪化するだけだ
次期民主党員が敵対的なロシア恐怖症者に囲まれているように、凍りついた米ロ関係はすぐには解消されそうにない。それを見越して、モスクワはすでに抑止政策に移行している。

リャブコフ外務副大臣はクリスマスイブにメディアに向けたコメントで、米国の対ロ政策を批判した。リャブコフ氏は、最近ワシントンがロシアに課した経済制裁について、「ロシアとの関係をさらにノンストップでエスカレートさせたいと考えている人々の国内ニーズに対応し、現政権が率いるワシントンが反ロシアキャンペーンを減速させるつもりはないことを彼らに知らしめている」と非難した。

次期米大統領は難しい遺産を受け取ることになる」と述べ、「ジョー・バイデン氏が就任した1月20日以降にロシアの責任者になるかもしれない人たちが、健全な基盤を真剣に強化し始める気になっているかどうかは分からない」と述べ、「悪いことから悪いことへと進んでいる」と付け加えた。

リャブコフ氏のコメントは単独で見ることはできないが、過去20年間の文脈の中で検討しなければならない。その間、米国は冷戦後のボリス・エルツィン大統領の長年の失政によって引き起こされた冷戦後の無気力の荒波の中で浮沈していたロシアの船を正そうとしたという「罪」でロシアのウラジーミル・プーチン大統領に怒りをぶつけてきた。

アメリカから見れば、イェルツィンは、ロシアの民主主義を犠牲にした欠陥のある市場改革を実施することでロシアの安定を求め、「経済の自由化」が19世紀のアメリカの「強奪者バロン」資本主義のロシア版へと変貌することを可能にした従順な資産であった。アメリカが衰弱したロシアの上を奔走するのを何年も見てきた後、選挙を買収し、電話でイェルツィンを辱め、アメリカ人のビル・クリントンにロシアに少しは敬意を払ってほしいと懇願した後、プーチンはイェルツィンの手で選ばれた後継者として権力を掌握した。

プーチンは2000年のロシア大統領選挙で勝利し、ロシアを世界の「大国」としての正当な地位に戻すというビジョンを決して揺るがない。このことは、冷戦後のロシアの「敗戦国」としての従属的な地位を維持しようとしてきたワシントンにとっては、常に苛立ちの種であった。

次期大統領バイデンは、ロシア大統領の正統性をいかに損なうかに焦点を当てたロシア恐怖症の「プーチン・ウィスパラー」たちに囲まれているので、リャブコフの言葉と評価に注意を払うべきである。

将来は、米国がロシアに政策の選択肢を指示するような「いつも通りのビジネス」ではないだろう。ロシアはもはや、米国が正気になるのを待っているだけではなく、米国が何をしているのかを知らず知らずのうちに見ているのではなく、むしろ、米国を悪者扱いするだろう。悪の帝国」のマントを手に入れたのはロシアではなく、アメリカなのだ。

リャブコフ氏の発言は脅しではなく、ロシアは米国との関係を改善するために協力する用意があり、喜んでいることを明確にしている。

"もし、ロシアに対する考え方の発展過程のどの段階でも、ワシントンが少なくともいくつかの分野で道を切り開こうとする準備ができていることを示したなら、我々は彼らを待たせたりはしない」とリャブコフは指摘した。"我々はその準備ができている。しかし、彼らにそうしてほしいと懇願するつもりはない。ワシントンがロシアとの関係を必要としているのと同じくらい、我々は米国との関係を必要としている。彼らはそのことを十分に認識しているはずだ」と述べた。

外務副大臣は「我々の二国間関係について、いつ、どのようにして、何をすべきかはアメリカの選択次第だ」と宣言した。我々はバイデンの移行チームとの接触を開始していないし、そうするつもりもない。彼らが興味を持つようになればいつでも歓迎するし、すべての住所は知られている。"

しかし、リャブコフ氏は新政権の変化を楽観視しておらず、「多くの人がロシア恐怖症でキャリアを積み、わが国に泥を撒き散らしてきた人たちに何か良いことを期待するのはおかしい」と指摘した。

ロシアは、「米国の対露政策は深く敵対的であり、我々の基本的な利益に反する」という現実を受けて、対米関係の二本立てを検討していると、リャブコフ氏は宣言した。そのため、ロシアは「あらゆる分野で米国の全面的な抑止力」を求めている。第二のトラックである「選択的対話」は、「自分たちにとって関心のある分野だけではなく、自分たちにとって関心のある分野だけを対象にする」というものである。

リャブコフは、バイデンがロシアを表現する際に「敵対国」という言葉を使ったことを取り上げた。"もしあなた方が敵対者であるならば、あなた方は塹壕の中に座るべきであり、我々はあなた方のために状況を悪化させ、より困難にするためにできる限りのことをするだろう」と述べた。これが米国の対露政策の本質であり、はっきりとしている。これが私たちが進むべき道であり、私たちは相手が誰なのかについて幻想を抱いていません。新政権下では状況は完全に持続するだろう。"

バイデン政権下の米ロ関係は、「仮面が剥がれ落ち、最近明らかになってきたことを空虚な言葉で隠す必要がなくなる、歴史的な真実の瞬間」を反映しているとリャブコフ氏は宣言した。これが人生の裸の真実と呼ばれるものである。それは、その多様性のすべてにおいて、あるがままに知覚されるべきである。"

ロシアは、現在の現職がより良い関係を求めたという誤った信念の下で動作し、トランプとの忍耐でした。しかし、これ以上はない。リャブコフ氏が指摘するように、「トランプ政権時代には、ロシア連邦との関係を正常化することに関心がなかったことは確かだ」。関係改善につながる扉は、米国が入りたいと判断すれば、開かれたままだ。しかし、ロシアはもはや開いたままではなく、プロムの夜に立ち上がる少女のように待機している。

そんな時代は終わったのだ。これが、バイデンと彼の同人のロシア恐怖症アドバイザーたちが、今後対処しなければならない新たな現実であり、もはや友好関係の基盤を求めたり、求めたりしない現実である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 21:56| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。