米国イラン関係: ずくなしの冷や水

2021年01月02日

米国イラン関係

トランプが退任前にイランに攻撃を仕掛けるとの説が流れています。ペルシャ湾に空母も送りました。イランは応戦・反撃体制を強化。トランプをソレイマニ殺害の犯人として手配したり、暗殺を謀る人が出るだろうと威嚇。トランプは、大統領退任後米国から他国に移り住むどころか、どこかに隠れなければならなくなっています。

以下の日本語訳は、www.DeepL.com/Translator(無料版)による。

RT2021/1/2
‘Marine BOMB’ prone to ‘sudden explosion’ found on hull of Iraqi tanker as Iran warns US may use false-flag attack to start war
Explosives experts were called in to defuse a naval mine found attached to the hull of an oil tanker as it departed an Iraqi port, prompting an evacuation of the ship’s crew amid simmering tension in the Gulf.

Iraqi authorities confirmed the discovery on Friday morning through the semi-official Security Media Cell Twitter account, saying a “foreign body” was spotted on the vessel as it entered international waters in the Persian Gulf on Thursday afternoon, some 28 nautical miles (52km) off Iraq’s coast.

“Immediately a team for handling explosives was formed from the Ministry of Interior,” the Security Cell continued, adding that the team was “still working to neutralize the mine and evacuate the target ship, and our naval forces are making a great effort with the bomb team to accomplish this mission.”

The tanker, rented from Iraq’s government-run Oil Marketing Company (SOMO), was in the area to refuel another vessel, which was successfully evacuated after the bomb was found.

Another security source who spoke with Reuters on condition of anonymity said the sea mine is “complicated” and has “sensors that could cause a sudden explosion,” adding that the bomb squad had never handled a device of that kind. “We asked for further assistance from a more professional bombs team,” he said.

The confirmation from Baghdad came one day after two private security firms – Ambrey Intelligence and Dryad Global – said that sailors feared that they had found a “limpet mine” on a Liberian-flagged ship in the Persian Gulf. Another private intelligence outfit, Aurora Intel, shared unverified photos and footage purporting to show the mine affixed to the tanker’s hull, also posting satellite imagery of the two vessels at sea.
イラクのタンカーの船体から「突然の爆発」を起こしやすい「海兵隊の爆弾」が発見され、イランは米国が戦争を始めるために偽旗攻撃を使用する可能性があると警告した。
イラクの港を出港した石油タンカーの船体に付着していた海軍の地雷を分解するために爆発物の専門家が召集され、湾岸の緊張が高まる中、乗組員の避難を促しました。

イラク当局は、木曜日の午後、ペルシャ湾の国際水域に入った際に、イラク沿岸から約28海里(52km)離れたペルシャ湾で「異物」が発見されたと、ツイッターの半公式アカウント「Security Media Cell」を通じて、金曜日の朝、発見を確認した。

"直ちに内務省から爆発物処理チームが結成された」と安保セルは続け、「地雷を無力化し、標的船を避難させるための作業を続けており、我々の海軍部隊は爆弾処理チームと共にこの任務を達成するために多大な努力をしている」と付け加えた。

イラクの政府系石油販売会社(SOMO)から借り受けたタンカーは、別の船に給油するためにこの地域にいたが、爆弾が発見された後、避難に成功した。

ロイターと匿名を条件に話した別の安全保障関係者は、海雷は「複雑」で、「突然の爆発を引き起こす可能性のあるセンサーを備えている」と述べ、爆弾処理班はその種の装置を扱ったことがないと付け加えた。"私達はより専門的な爆弾チームからの更なる援助を求めた" と彼は言った。

バグダッドからの確認は2 つの私用保安会社- Ambrey の情報及びDryad の全体-がペルシャ湾のリベリアの旗を付けられた船で "limpet の地雷" を見つけたことを船員が恐れていたと言った1 日後に来た。別の民間諜報機関であるオーロラ・インテルは、タンカーの船体に取り付けられた地雷を示すとする未検証の写真と映像を共有し、海上の2隻の船の衛星画像も掲載した。

リムペットマイン
リムペットマイン は、艦船などに対する破壊工作に用いられる水雷のうち、船底に磁力などで吸着・密着させ、時限ないしは遠隔操作によって爆発させるタイプのもの。「吸着爆弾」とも呼ばれる。 工作員を港湾に潜入させて、艦船に対する破壊工作を仕掛けるときに用いられる。 ウィキペディア

RT2021/1/1
Pentagon sends aircraft carrier USS Nimitz home from Middle East as anniversary of Soleimani killing looms
The USS Nimitz, the US Navy’s only aircraft carrier currently deployed near the Persian Gulf, has been sent home just a day after two B-52 bombers were sent to the area – despite supposed ‘chatter’ about a coming Iranian attack.

Acting Defense Secretary Chris Miller announced the Nimitz would be heading back to its home port of Bremerton, Washington on Thursday, avoiding so much as a mention of Iran in his remarks – even as Washington and Tehran have traded threats and barbs for weeks ahead of the anniversary of Quds Force Major General Qassem Soleimani’s killing by US airstrike.

The Nimitz’s departure after over eight months deployed to the Persian Gulf leaves Iranian waters unoccupied (by the US, at least) – an odd choice, given Washington flew two nuclear-capable B-52s over the body of water earlier this week, announced the deployment of a submarine to the area, and sent still more fighter planes to Saudi Arabia.

The B-52 flyover was supposed to be a “show of force” to deter further Iranian revenge, as threatened by Ayatollah Ali Khamenei earlier this week – but it only succeeded in eliciting more hostility, as an unnamed Iranian military officer warned breaching the country’s airspace would elicit a “crushing and fiery response.”

The Nimitz was originally scheduled to return to the US in December, but it was held over to assist US troops exiting Somalia. “Most” of the 700 US troops stationed in that country are to be sent home by early 2021, according to the Pentagon – though the head of AFRICOM reassured nervous hawks that the US will not be vacating eastern Africa completely.

Iranian FM Javad Zarif claimed on Thursday that Iraqi intelligence had revealed a US plot to “fabricate pretext for war” – possibly by staging a false-flag event. While making clear Tehran was not interested in war, he promised the country would “openly and directly” defend itself. Zarif previously warned President Donald Trump against engaging in any “adventurism on his way out” after the president blamed a rocket attack in Baghdad’s Green Zone on Tehran – as usual, without conclusive proof.
米国防総省、空母ニミッツを中東から帰国させる ソレイマニ殺害の記念日が迫る
現在ペルシャ湾の近くに配備されている米海軍の唯一の空母ニミッツは、イランの攻撃についての「おしゃべり」にもかかわらず、2機のB-52爆撃機がこの地域に送られたわずか1日後に、帰艦させられました。

クリス・ミラー国防長官代理は木曜日、ニミッツがワシントンのブレマートン港に戻ることを発表したが、発言の中でイランについての言及は避けた。

ペルシャ湾に配備されてから8カ月以上が経過したニミッツが出発したことで、イランの水域は(少なくとも米国には)占領されていないことになる。ワシントンが今週初めに核搭載可能なB-52戦闘機を2機、水域上空に飛ばし、潜水艦の配備を発表し、さらに戦闘機をサウジアラビアに送ったことを考えると、奇妙な選択だ。

B-52の飛行は、今週初めにアヤトラ・アリ・カーメネイによって脅されたように、イランの更なる復讐を抑止するための「力の誇示」であると考えられていたが、イラン軍の無名の将校が、イランの領空を突破することは「破砕的で激しい反応を引き起こすだろう」と警告したように、さらなる敵意を引き出すことに成功しただけだった。

ニミッツは当初12月に米国に戻る予定でしたが、ソマリアからの米軍撤退を支援するために保留されました。"国防総省によると、ソマリアに駐留している700人の米軍の「大半」は2021年初めまでに帰国することになっているが、AFRICOMのトップは、米国が東アフリカから完全に撤退するわけではないと神経質なタカ派を安心させた。

イランのジャヴァド・ザリフ外相は木曜日、イラク情報部が「戦争の口実を捏造」する米国の陰謀を明らかにしたと主張した。テヘランは戦争に興味がないことを明らかにする一方で、ザリフ外相はイラクが「公然と直接」自国を守ることを約束した。ザリフ氏は以前、トランプ大統領がバグダッドのグリーンゾーンでのロケット攻撃をテヘランのせいにした後、ドナルド・トランプ大統領に「出口での冒険」に関与しないよう警告したが、相変わらず決定的な証拠はない。

الميادين عاجل@AlMayadeenLive氏の午前6:33 ・ 2021年1月1日・Octipulseのツイート
لبنان: أنيس النقاش: واشنطن أرسلت إلى طهران عبر قطر أنها لا تريد مهاجمتها وسحبت حاملة الطائرات لتأكيد ذلك
Googleによるアラビア語からの翻訳
レバノン:アニス・ナッカシュ:ワシントンはカタール経由でテヘランに攻撃したくないと送り、これを確認するために空母を撤退させた

PRESSTV2021/1/1
Some 'inside US' may avenge Trump-authorized Soleimani assassination: IRGC

Commander of the Quds Force of the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) says people inside the US may avenge the assassination of top Iranian anti-terror commander, Lieutenant General Qassem Soleimani.

"With what you did, you created another job for the freedom-seekers of the entire world, and it is even possible that some people inside your home (the US) ... would respond to your crime (of assassinating General Soleimani," Brigadier General Esmaeil Qa'ani said on Friday.

He made the remarks in an address to a ceremony marking the first anniversary of General Soleimani's martyrdom.

General Qa'ani further said the path of IRGC Quds Force and the Resistance Front will not change with the US "acts of mischief".

“Soleimani’s path had a leader. The key to General Soleimani’s greatness was that he always moved ahead under this leadership. This leadership is still in place, and the support for the oppressed will also continue,” he noted.

The Quds Force commander further cited regional examples to show the US assassination of General Soleimani has failed to impact the Resistance Front.

“In Palestine, a military drill is held on the anniversary of Hajj Qassem in a place where no one would previously fire a single bullet. Also in Lebanon, the Zionists have been in fear for the past three months,” he said.

“Today in Syria almost the entire country except for the territory occupied by the criminal US has been liberated. In the innocent and powerful Yemen, we see they are still moving ahead,” Qa’ani added.

He said the enemies of the Islamic Republic sought to target General Soleimani and Abu Mahdi al-Muhandis for thirty years, and finally the “filthiest man” was tempted by the Israeli regime and Saudi Arabia and made such an “unwise” move.

“The entire world will definitely condemn you. Those who committed this crime must know that all around the world, you may find a brave man who is ready to punish the cowards who did that,” he added.

'Trump not immune to administration of justice'

Addressing the same ceremony, Iranian Judiciary Chief Ebrahim Raisi said the enemy must know that life will get very difficult for it from now on, and the perpetrators of the assassination won't be safe anywhere in world.

The US president will not be immune to the administration of justice. The enemy should not think that the US president would enjoy a margin of safety after ordering the crime, he added.

He further noted that the enemy must await Iran’s harsh revenge.

“The time and location [of the revenge] will be determined by resistance forces,” he noted.

The Judiciary chief said the definite expulsion of Americans from the region will be one of the manifestations of the harsh revenge.

Hezbollah vows to take revenge

Meanwhile, Hashim Safi al-Din, the head of the Executive Council of the Lebanese resistance movement Hezbollah, told the same ceremony that the resistance front will definitely avenge General Soleimani’s assassination.

“We promise Imam Khamenei and the IRGC Quds Force that the Resistance will not calm down and remain quiet” before taking General Soleimani’s revenge, Safi al-Din said.

“We will take revenge from the villain America, and Trump will have the same fate as Saddam Hussein. We remain committed to our pledge, and won’t stop resistance,” he added.

'Gen. Soleimani barrier to implementation of US regional project'

Secretary General of the Palestinian Islamic Jihad, Zeyad al-Nakhaleh, said the US assassinated General Soleimani because he was an obstacle to the implementation of its projects as well as the Israeli and American efforts to reshape regional fronts.

“General Soleimani was present in all frontlines, especially in the Palestinian front,” al-Nakhaleh said, describing Soleimani as an international warrior and a martyr of Quds.

“The missiles fired at Tel Aviv had been supplied to the Resistance front under General Soleimani’s supervision. He was at the frontline, and on his day of martyrdom, Palestine and Islam were his priorities,” he added.

The top commander was assassinated along with his senior Iraqi comrade Abu Mahdi al-Muhandis and a number of other resistance fighters in a January drone attack, ordered by US President Donald Trump, near Baghdad International Airport.

イスラム革命防衛隊(IRGC)のクッズ部隊の司令官は、米国内の人々が、イランの対テロ対策最高司令官であるカセム・ソレイマニ中将の暗殺に復讐する可能性があると述べた。

"あなたがしたことで、あなたは全世界の自由を求める人々のために別の仕事を作ったのであり、あなたの家(米国)の中には、あなたの犯罪(ソレイマニ中将暗殺)に反応する人々がいる可能性さえある」とエスマエイル・カアニ准将は金曜日に述べた。

同准将は、ソレイマニ将軍の殉教1周年記念式典での演説でこのように述べた。

カアニ将軍はさらに、IRGCクッズ軍と抵抗戦線の道は、米国の「いたずら行為」によって変わることはないと述べた。

"ソレイマニの道には指導者がいた。ソレイマニ将軍の偉大さの鍵は、彼が常にこの指導者の下で前に進んだことにある。このリーダーシップは今も続いており、抑圧された人々への支援も続くだろう」と指摘した。

クッズ軍司令官はさらに、米国によるソレイマニ将軍暗殺事件がレジスタンス戦線に影響を与えていないことを示すために、地域の例を挙げた。

"パレスチナでは、ハッジ・カセムの記念日に、これまで誰も銃弾を一発も撃たなかった場所で軍事演習が行われている。また、レバノンでも、シオニストはこの3ヶ月間、恐怖の中にいました。"

"今日、シリアでは、犯罪者である米国が占領している領土を除いて、ほぼ全土が解放された。罪のない強力なイエメンでは、彼らがまだ前進しているのが分かる」とカーアニ氏は付け加えた。

彼は、イスラム共和国の敵は30年間、ソレイマニ将軍とアブ・マフディ・アル・ムハンディスを標的にしようとしていたが、ついに「最も汚い男」がイスラエル政権とサウジアラビアに誘惑され、このような「賢明でない」動きをしたと述べた。

"全世界は間違いなくあなたを非難するだろう。この罪を犯した者は、世界中で、そのようなことをした卑怯者を罰する準備ができている勇敢な男がいるかもしれないことを知らなければならない」と付け加えた。

"トランプ氏は司法運営に免疫がない

同じ式典で演説したイランの司法長官エブラヒム・ライシ氏は、敵はこれから人生が非常に困難になることを知らなければならず、暗殺の加害者は世界のどこにいても安全ではないだろうと述べた。

米国の大統領は、正義の行政に免疫がないだろう。敵は、米大統領が犯罪を命令した後に安全の余裕を享受すると考えるべきではない、と同氏は付け加えた。

さらに同氏は、敵はイランの厳しい復讐を待たなければならないと指摘した。

"復讐の)時間と場所は抵抗勢力によって決定されるだろう」と指摘した。

司法長官は、この地域からのアメリカ人の明確な追放は、過酷な報復の現れの一つとなるだろうと述べた。

ヒズボラ、復讐を誓う

一方、レバノンの抵抗運動ヒズボラの執行評議会のトップであるハシム・サフィ・アルディン氏は、同じ式典で、抵抗戦線はソレイマニ将軍暗殺の復讐を確実に行うだろうと語った。

"我々は、ソレイマニ将軍の復讐を行う前に、イマーム・カーメネイとIRGCクード部隊に、レジスタンスが落ち着いて静かにしていないことを約束する "と、サフィ・アル・ディン氏は述べた。

"我々は悪役アメリカから復讐を受け、トランプはサダム・フセインと同じ運命をたどるだろう。私たちは公約を守り続け、抵抗を止めません」と付け加えました。

'ソレイマニ元大統領、米国の地域プロジェクトの実施を阻む障壁'

パレスチナ・イスラム・ジハード事務局長のゼヤド・アル・ナハレ氏は、米国がソレイマニ将軍を暗殺したのは、ソレイマニ将軍がそのプロジェクトの実施や、地域戦線を再構築しようとするイスラエルと米国の努力の障害になっていたからだと述べた。

"ソレイマニ将軍はすべての戦線、特にパレスチナ戦線に存在していた」とアル・ナハレ氏は述べ、ソレイマニを国際的な戦士であり、クッズの殉教者であると表現した。

"テルアビブで発射されたミサイルは、ソレイマニ将軍の監督の下、レジスタンス戦線に供給されていた。彼は最前線にいて、殉教の日にはパレスチナとイスラム教を優先していた」と付け加えた。

最高司令官は、バグダッド国際空港の近くで、ドナルド・トランプ米大統領が命じた1月の無人機攻撃で、イラクの先輩同志アブ・マフディ・アル・ムハンディスや他の数名のレジスタンスの戦闘員とともに暗殺された。

RT2020/12/31
Trump plotting false flag to ‘fabricate pretext’ for attack on Iran, Foreign Minister Zarif says

Iranian Foreign Minister Javad Zarif has claimed “intelligence from Iraq” suggests the US is plotting to “fabricate” a reason to wage war on Iran. Stressing Tehran “doesn’t seek war,” he warned such a scam will be met with force.

Accusing US President Donald Trump and his cabinet of “wast[ing] billions” to surround Iran with air and naval military assets while Americans are suffering with Covid-19, Zarif revealed in a tweet on Thursday that Iraqi intelligence had tipped off Tehran to a US “plot to FABRICATE pretext for war.”

“Iran doesn’t seek war but will OPENLY & DIRECTLY defend its people, security & vital interests,” the diplomat continued.

Tensions between the two countries are running exceptionally high due to the approaching anniversary of the US assassination of Iranian General Qassem Soleimani, the Quds Force leader killed in an airstrike in Baghdad on January 3.

While Iran retaliated at the time by striking two US bases in Iraq, allegedly causing brain injuries in an uncertain number of soldiers stationed there, Ayatollah Ali Khamenei renewed calls for “revenge” earlier this month, adding that Iranians should not “forget enmities” with the US government, no matter who is serving as president.

The US sent two B-52 bombers to the Persian Gulf earlier this week in a show of force, triggering outrage from Tehran. A military adviser to the Ayatollah reminded Washington that “all their military bases are covered by our missiles” and urged Trump not to “turn the New Year into mourning for Americans.” Another military officer warned that the US would meet a “crushing and fiery response” if the planes breached the country’s airspace.

The US has attempted to pin numerous apparent false flag attacks on Iran under the Trump administration, from the mysterious holes appearing in Saudi and Japanese oil tankers to the endless stream of rockets landing in Baghdad’s Green Zone that have an uncanny knack for coming to rest in unpopulated spaces. Trump’s financial backers for both the 2020 and 2016 elections were dominated by rabid Iran hawks, and the president’s ‘failure’ to start a war with their favorite bogeyman is no doubt weighing on the White House.

While Trump withdrew the US from the JCPOA nuclear deal in 2018, not merely reimposing sanctions but actually adopting new ones, Washington’s efforts to bend the other signatories to its will had mixed results. Insisting that Iran hold tight to the terms of a deal to which the US was no longer a part of, the White House didn’t get many takers.

トランプ氏はイラン攻撃の口実を捏造するために偽旗を企てている、とザリフ外相は言う。

イランのジャヴァド・ザリフ外相は、「イラクからの情報」が、アメリカがイランに戦争をする理由を「捏造」しようと企んでいることを示唆していると主張した。テヘランは「戦争を求めていない」と強調し、そのような詐欺は力ずくで行われるだろうと警告した。

ドナルド・トランプ米大統領と彼の内閣は、アメリカ人がコビド19で苦しんでいる間、イランを空軍と海軍の軍事資産で囲い込むために「数十億を浪費した」と非難し、ザリフ氏は木曜日のツイートで、イラク情報局が米国の「戦争の口実を捏造しようとする陰謀」をテヘランに密告したことを明らかにした。

"イランは戦争を求めてはいないが、国民、安全保障、重要な利益をオープンに、そして直接的に守るだろう」と外交官は続けた。

2つの国の間の緊張は、イランの将軍カセム・ソレイマニ、1月3日にバグダッドの空爆で殺されたクード軍のリーダーの米国の暗殺の接近した記念日のために非常に高く実行されています。

当時、イランはイラクの米軍基地2カ所を空爆して報復し、そこに駐留していた不確かな数の兵士に脳損傷を与えたとされていたが、アヤトラ・アリ・カーメネイは今月初め、「報復」を改めて求め、イラン人は誰が大統領になっても米国政府との「恨みを忘れてはならない」と付け加えた。

米国は今週初め、力の誇示として2機のB-52爆撃機をペルシャ湾に送り、テヘランからの怒りを引き起こした。アヤトラの軍事顧問は、「彼らの軍事基地はすべて我々のミサイルで覆われている」とワシントンに念を押し、トランプ氏に「新年をアメリカ人のための喪に服さないように」と促した。別の軍の将校は、もし飛行機が国の領空を突破した場合、米国は「破砕的で燃えるような反応」を受けるだろうと警告した。

サウジアラビアや日本の石油タンカーに現れた謎の穴から、バグダッドのグリーンゾーンに着陸するロケット弾の無限の流れまで、米国はトランプ政権下でイランへの多数の明白な偽旗攻撃の可能性を指摘しようとしてきたが、それは人がいない場所で休息を取るための不思議なコツを持っている。2020年と2016年の選挙のためのトランプ氏の財政支援者は、狂信的なイランタカ派に支配されており、彼らのお気に入りの厄介者との戦争を開始するための大統領の「失敗」は、間違いなくホワイトハウスに重しをかけている。

トランプ大統領は2018年にJCPOA核取引から米国を撤退させたが、単に制裁を再適用するのではなく、実際に新たな制裁を採用した。ホワイトハウスは、イランに対し、米国がもはや参加していない取引の条件を堅持するよう主張したが、多くの賛同者は得られなかった。



posted by ZUKUNASHI at 16:22| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。