変異株で欧州はパニック 米国は変わらず: ずくなしの冷や水

2021年01月02日

変異株で欧州はパニック 米国は変わらず

海外在住で各地に知り合いがおられる方の便りに欧州では変異株の脅威でパニックだとありました。一方で米国は相変わらず緩いとも。

死亡数の7日平均。ドイツと英国が競っています。イランは急速に低下。スイスやスウェーデンが高水準で推移。

新規感染者数では、英国が異常な伸び。感染力の強い変異株の影響だとすれば、周辺国の国民は怖くなります。死亡数の先行指数です。

人口10万人当たり死亡数の多い順。10万人当たり死亡数100人なら、千人当たり1人、人口20万人の都市なら2020年の春以降200人が新コロナウィルスが原因で死んだことになります。スイス、スウェーデン、オーストリアが近い水準です。

人口当たりの感染者数では、米国、スイス、イスラエル、オランダ、スウェーデン、スペイン、オーストリア、フランス、英国の順で秋までにすでに高水準に達していた米国、イスラエルを除くと、欧州の国が上位を占めます。南米は相対的に少し下がりました。陽性者数では東京が次第に上位に上げてきています。感染者の実数は公式発表の10倍ともいわれますが、4倍ならカナダ並み、5倍ならロシア、ドイツ並みです。


西沢昭裕@nishi02008212氏の2021/1/1のツイート
あのドイツさえも、今や医療崩壊寸前という現地情報に驚いている。
 3ヵ月前、つまり昨年9月ごろのドイツの感染状況が、日本の先日12月末のコロナ感染の現況と「そっくりだ!」とドイツ在住の日本人たちが「日本危うし」と警鐘乱打のメールを祖国に送ってきている。

The Atrantic 2020/1/1 by Zeynep Tufekci
The Mutated Virus Is a Ticking Time Bomb

Increased transmissibility can wreak havoc in a very, very short time−especially when we already have uncontrolled spread in much of the United States. The short-term implications of all this are significant, and worthy of attention, even as we await more clarity from data. In fact, we should act quickly especially as we await more clarity−lack of data and the threat of even faster exponential growth argue for more urgency of action. If and when more reassuring data come in, relaxing restrictions will be easier than undoing the damage done by not having reacted in time.

To understand the difference between exponential and linear risks, consider an example put forth by Adam Kucharski, a professor at the London School of Hygiene & Tropical Medicine who focuses on mathematical analyses of infectious-disease outbreaks. Kucharski compares a 50 percent increase in virus lethality to a 50 percent increase in virus transmissibility. Take a virus reproduction rate of about 1.1 and an infection fatality risk of 0.8 percent and imagine 10,000 active infections−a plausible scenario for many European cities, as Kucharski notes. As things stand, with those numbers, we’d expect 129 deaths in a month. If the fatality rate increased by 50 percent, that would lead to 193 deaths. In contrast, a 50 percent increase in transmissibility would lead to a whopping 978 deaths in just one month−assuming, in both scenarios, a six-day infection-generation time.

Transmissibility increases can quickly−very quickly−expand the baseline: Each new infected person potentially infects many more people. Severity increases affect only the infected person. That infection is certainly tragic, and this new variant’s lack of increase in severity or lethality thankfully means that the variant is not a bigger threat to the individual who may get infected. It is, however, a bigger threat to society because it can dramatically change the number of infected people. To put it another way, a small percentage of a very big number can easily be much, much bigger than a big percentage of a small number.

伝染性の増加は、非常に短い時間で大惨事を引き起こす可能性があり、特に米国の多くの地域ですでに制御不能な広がりを見せている場合はなおさらである。このすべての短期的な影響は重要であり、データからの更なる解明を待っている間も、注意を払う価値があります。実際、私たちは、データが不足していることと、指数関数的な成長がさらに加速する恐れがあることから、より緊急に行動を起こす必要があることを主張しています。より安心できるデータが出てきたら、制限を緩和することは、時間内に対応しなかったことによるダメージを元に戻すよりも簡単になるだろう。

指数的リスクと線形リスクの違いを理解するために、感染症発生の数学的分析を専門とするロンドン衛生熱帯医学大学院のアダム・クチャルスキー教授の例を考えてみましょう。クチャルスキー氏は、ウイルスの致死率が50%増加した場合と、ウイルスの伝染性が50%増加した場合を比較している。ウイルスの繁殖率が約1.1、感染致死率が0.8%と仮定し、1万人の感染者が発生したと仮定する。現状では、この数字では1ヶ月に129人の死亡者が出ると予想される。致死率が50%上昇したとすると、193人が死亡することになる。対照的に、感染率が50%上昇した場合、どちらのシナリオでも感染発生時間を6日間と仮定すると、わずか1ヶ月で978人という驚異的な数の死者が出ることになる。
posted by ZUKUNASHI at 12:49| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。