トランプ大統領の「微妙な」時期の「イランに対する米国の攻撃の可能性」にイスラエル軍が備える–報告: ずくなしの冷や水

2020年12月19日

トランプ大統領の「微妙な」時期の「イランに対する米国の攻撃の可能性」にイスラエル軍が備える–報告

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/12/19のツイート
My sources in #Iran tell me the possibility of @realDonaldTrump
hitting specific locations in Iran is very high. There is a war preparation still in the air.

RT2020/11/26
Israeli military braces for ‘possible US strike on Iran’ during ‘sensitive’ days of Trump presidency – reports
トランプ大統領の「微妙な」時期の「イランに対する米国の攻撃の可能性」にイスラエル軍が備える–報告
The Israel Defense Forces (IDF) are preparing for a possible US attack on Iran before President Donald Trump leaves office, viewing his lame-duck period as a “very sensitive” time, according to several recent reports.
最近のいくつかの報告によると、イスラエル国防軍(IDF)は、ドナルド・トランプ大統領が辞任する前のイランに対する米国の攻撃の可能性に備えており、彼のレームダック期間を「非常に微妙な」時期と見なしています。
The Israeli government has instructed the IDF to draw up plans in the event Trump orders a preemptive strike on the Islamic Republic, which could potentially target the country’s nuclear infrastructure, journalist Barak Ravid reported in Axios on Wednesday, citing anonymous senior officials in Tel Aviv.
イスラエル政府は、トランプがイスラム共和国への先制攻撃を命じた場合に備えて、IDFに計画を立てるよう指示した。これは、イランの核インフラを標的にする可能性があると、ジャーナリストのバラク・ラヴィドはテルアビブの匿名の高官を引用して水曜日にアクシオスで報じた。
The preparations are linked not only to the possible strike itself, but to the retaliation it might provoke from Iran, which could look to respond using proxy fighters deployed across Syria, Lebanon and the Gaza Strip, the officials told Ravid. However, the journalist noted that the plans were not the result of any specific intelligence indicating such a strike had been ordered, with the officials simply anticipating a “very sensitive period” before the inauguration of presumptive president-elect Joe Biden on January 20.
準備は、攻撃自体の可能性だけでなく、シリア、レバノン、ガザ地区に配備された代理戦闘員を使用して対応するように見える可能性のあるイランからの報復にも関連していると当局者はラビッドに語った。しかし、ジャーナリストは、計画はそのような攻撃が命じられたことを示す特定の情報の結果ではなく、当局は1月20日に今の想定では大統領に選出されたジョーバイデンが就任する前の「非常に微妙な期間」を単に予想したと述べた。
The report comes just days after Israel’s Channel 13 similarly stated that both Washington and Tel Aviv plan to step up “covert operations” against Tehran in the final days of Trump’s term, though the broadcaster offered no details on what shape that could take. The New York Times, meanwhile, reported earlier this month that Trump had recently “sought options” for a strike on Iran’s nuclear capabilities – which it said would “almost certainly be focused on Natanz,” the country’s primary uranium enrichment site. But the president was reportedly “dissuaded” from an attack by advisers, who warned it might kick off a bloody regional conflict. It is unclear if they have returned to the idea since.
報告書は、イスラエルのチャンネル13が同様に、ワシントンとテルアビブの両方がトランプの任期の最終期間にテヘランに対する「秘密作戦」を強める計画であると述べた直後に出たが、放送局はどのような形をとることができるかについての詳細を提供しませんでした。一方、ニューヨークタイムズ紙は今月初め、トランプがイランの核能力に対する攻撃の「選択肢を模索」したと報じた。これは、イランの主要なウラン濃縮サイトである「ほぼ確実にナタンツに焦点を当てる」と述べた。しかし、伝えられるところによると、大統領は、それが血なまぐさい地域紛争の始まりになるかもしれないと警告した顧問によって攻撃から「思いとどまらせられた」。それ以来、彼らがその考えに戻ったかどうかは不明です。
Nonetheless, Iranian officials reacted to the Times report vowing a “crushing response” to any US strike.
それにもかかわらず、イラン当局者は、タイムズの報告に米国の攻撃に対する「破滅的な対応」を誓う反応をした。
Trump’s presidency has been marked by intense hostility toward Tehran both in rhetoric and policy, shredding a landmark nuclear agreement inked under the Barack Obama administration in 2015 and resuming a raft of crippling sanctions lifted under the deal. Declaring a “maximum pressure” campaign, Trump also moved to wreck Iran’s petroleum sector, aiming to slash vital oil exports to “zero” and effectively grind its economy to a halt, even at the peak of its coronavirus outbreak.
トランプ大統領は、レトリックと政策の両方でテヘランに対する激しい敵意を示しており、2015年にバラクオバマ政権下で結ばれた画期的な核合意を打ち砕き、合意の下で解除された多数の壊滅的な制裁を再開しました。トランプ氏は「最大の圧力」キャンペーンを宣言し、イランの石油セクターを破壊し、重要な石油の輸出を「ゼロ」に削減し、コロナウイルスの発生のピーク時でさえ、経済を効果的に停止させることを目指しました。
Though Trump has so far managed to avoid an outright war with Iran, open fighting may have only been narrowly averted after the January assassination of Qassem Soleimani, a beloved Iranian general who led the country’s elite Quds Force. Iran responded to the kill strike with a barrage of rockets on Iraqi bases housing US troops – though besides humiliation no serious injuries were inflicted in the reprisal since Tehran apparently passed an advance warning to Baghdad, giving Americans enough time to seek shelter.
トランプはこれまでイランとの完全な戦争を回避することができましたが、イランのエリートクッドフォースを率いた愛されるイランの将軍であるカセムソレイマニが1月に暗殺された後、戦闘はわずかに回避された可能性があります。イランは、米軍を収容するイラクの基地でのロケット弾の弾幕で殺害ストライキに対応したが、テヘランがバグダッドに事前警告を伝え、アメリカ人に避難所を探す十分な時間を与えたため、この報復では屈辱以外に深刻な負傷者は出なかった。

・・・・・

イランの科学者が国内で暗殺されました。モサドの長年のターゲットだったとされています。

※ Mark Ames@MarkAmesExiled氏の2020/11/28のツイート
Curious what role Azerbaijan played in assassination of Iranian scientist. Israel just helped Azerbaijan dictatorship crush minority Armenian separatists.
Their relationship is very clear: Israel helps Azerbaijan deal with Armenians; Azerbaijan helps Israel against Iran.
イランの科学者の暗殺においてアゼルバイジャンがどのような役割を果たしたかに興味があります。 イスラエルは、アゼルバイジャンの独裁政権が少数派のアルメニアの分離主義者を粉砕するのを助けたばかりです。
彼らの関係は非常に明確です。イスラエルはアゼルバイジャンがアルメニア人に対処するのを助けています。 アゼルバイジャンはイランに対してイスラエルを助けます。

Rudaw English@RudawEnglishの2020/11/28のツイート
Iran's President Rouhani: "Usurping Zionist regime" acted as "mercenary" in assassination of top nuclear scientist Mohsen Fakhrizadeh − statement

mko@trappedsoldier氏の2020/11/28のツイート
科学者ファクリザデの暗殺に抗議して、市民がテヘランのパスター広場に集まっている

mko@trappedsoldier氏の2020/11/28のツイート
暗殺は、ポンペオ、ネタニヤフ、モサドのコーヘン、皇太子ビンサルマンのサウジアラビアの会議の直後に起こった。
ネタニヤフ首相の事務所は、核物理学者の暗殺についてコメントすることを拒否している

Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/28のツイート
Two days ago I predicted on the @FaultLinesRadio
program that Trump was going to try beg Netanyahu for support by offering to start a war with Iran. Pompeo's visit to JSIL was foreboding of the assassination of the scientist.

Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/28のツイート
How British-Australian Kylie Moore Gilbert was recruited to spy for Israel, got caught by Iran, then released in a prisoner swap. Juicy details you don't get in the Australian media. https://farsnews.ir/en/news/139909

共同2020/11/29
核施設爆発も「イスラエル関与」
イラン当局、初めて言及
 【テヘラン共同】イラン原子力庁のカマルバンディ報道官は28日、核開発の中枢を担う中部ナタンズの核関連施設で7月に起きた爆発事件について、イスラエルが関与したとの見方を示した。イラン学生通信が伝えた。同事件でイラン当局がイスラエルの関与に公に言及したのは初めてとみられる。
 同通信によると、報道官は、今月27日に起きた核科学者ファクリザデ氏の暗殺とナタンズ施設爆発の両方について「イスラエルが関与したとみられる」と述べた。証拠は挙げなかった。
 ナタンズ施設では7月2日に爆発があり、ウラン濃縮に使う遠心分離機の開発や組み立てを行っていた建物が損壊した。
posted by ZUKUNASHI at 14:47| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
ボケ老人のトランプ大統領最後まで狂い咲きしますかね。エロと金儲けの人生のトランプ大統領は、超大国米国の最高権力者は無理でした、洗脳され死にました。米軍は、動きませんよ。
Posted by 西 亨 at 2020年11月28日 15:55
このところ国防次官は次々に交代。ペンタゴンとトランプの関係には疑問もあります。国防省の制服組もイランの本気度はわかっている手ごわい相手。イスラエルはクシュナーを使ってイランに攻撃させたい? もっぱらイスラエルのイランけん制策でしょうか。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年11月28日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。