バイデン政権は戦争挑発国家に戻る危険: ずくなしの冷や水

2020年11月25日

バイデン政権は戦争挑発国家に戻る危険



バイデンの国家安全保障関係の候補メンバーを見ると、4年前の戦争挑発的な海外政策にもどりそうだ。

※ Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/25のツイート
The Kurds (PKK/YPG) are the Antifa of the Middle East. With Biden being the most pro-Kurdish president, Antifa is going to take over everywhere, including the US. Buckle up.
引用ツイート
※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/11/22のツイート
Buckle-up Middle East, the partition is on its way
#Israel' 'Foundation for Defense of Dictatorship': Joe Biden Will Be America’s Most Pro-Kurdish President
https://fdd.org/analysis/2020/

※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/25のツイート
クリントン政権時代に、国防省の4か年レビューで「国益が枢要であれば、米国は国際法に縛られず軍事力行使すべき」と主張したフロノイ。2002年には「敵の武器庫を先制攻撃し叩き潰せ」とイラク戦争を支持。狂気のアームチェア戦略家に世界が警戒しているのに肩書だけ並べ「民主中道派」? 中身ゼロ!



Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/15のツイート
#Biden says, were he a Muslim he’d be ISIS.
https://t.co/JkzhVzp4x6?amp=1
posted by ZUKUNASHI at 16:13| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
今世界は、新ロシア連邦軍の復活と近代化し強大化した中国軍の出現で大きく変わてきています。米国がまえみたいに戦争して、国を倒して自由に泥棒する事は難しくなつています。戦争と泥棒は、最高の金になるビジネスですよ。汗水働いていくらになりますか、泥棒やめられません。中国軍は、小さな紛争による実戦を経験する段階ですね。特攻尻ふき爺さんと特攻自衛隊は、燃えます。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月25日 19:34
自民党国防属の議員たちが、今度開発する世界一高くなるF-3ステルス戦闘機を輸出しようとしていますがもう時代は、ドローン戦争時代になりまた。実戦ソフトゼロの特攻F-3ステルス戦闘機誰も買いませんこの現実も理解できない馬鹿ばかりです。それよりトルコ製の最新の衛星通信コントロールのバイラクタルTB2を1000機買うべきですよ。福岡から飛んで福島県まで行き戻つて来れますよ。やはり特攻日本人は、時代の変化を理解できません。ロシアのカラシニコフ社の神風ドローンも素晴らしいですね。日本は、バンザイ肉弾攻撃と夜襲あるのみですね。特攻尻ふき爺さん 自民の愛国者 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月26日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。