船橋市の物流倉庫集団感染の地域への波及は: ずくなしの冷や水

2020年11月18日

船橋市の物流倉庫集団感染の地域への波及は

船橋市の物流倉庫で集団感染が発生しました。会社側の発表ですと2020/11/7現在で106名の陽性が確認されています。

これらの陽性者からさらに感染した人がおられるはずですが、どれくらいの人数なのでしょう。

千葉県の感染動向一覧には、陽性確定者について濃厚接触者が付記されています。船橋市の物流倉庫従業員以外の陽性者について、その濃厚接触者の中に船橋市の物流倉庫従業員が何人いるかを調べれば、この集団感染の地域への感染拡大インパクトがわかります。

千葉県の感染動向一覧には、船橋市の物流倉庫集団感染の陽性者として77名が載っています。会社発表の106名との差は。都内など千葉県以外での保健所報告事例が含まれていないからです。

この77名が他の陽性者の濃厚接触者として出てくるものを数えました。どのくらいだと思いますか? なんと77名だったのです。

次のグラフは、検査確定日の順に船橋市の物流倉庫従業員の陽性確定者を並べそれぞれの方のところに他の陽性者から濃厚接触者として上げられた数を表示しました。一番多い方は4人から名前が上がりました。少なくとも4人に感染させていると見られます。



10/21には、会社が従業員全員の検査を始めていますから、このころには集団感染が従業員に知られていたはずですが、その後に陽性が判明した人にも濃厚接触者として名前が挙がっている人がいます。これらのケースでは、いつ感染が生じたのでしょう。

従業員77名のうち有症状が43人、無症状が34人です。

この例から介護施設入居者などではない人たちに集団感染が発生した場合、集団感染の一次的な感染者と同じくらいの数の二次的な感染者が生ずることがわかります。佐倉市のカラオケを通じた集団感染、市原市の工事現場での集団感染はそのような波及があっただろうと考えられます。

集団感染が発生してからではもう遅い。感染リスクの高い人からは遠ざかっているしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。