中国で「輸入食品コロナ起源説」 日本も?: ずくなしの冷や水

2020年11月21日

中国で「輸入食品コロナ起源説」 日本も?

NHK2020年11月20日 21時06分
豊洲市場 新型コロナ感染確認114人に
水産仲卸業者を中心に、新型コロナウイルスの感染が相次いでいる東京 江東区の豊洲市場で、感染の確認が100人を超え114人になったと東京都が明らかにしました。
都によりますと、豊洲市場では、ことし8月15日以降、水産仲卸業者の従業員を中心に新型コロナウイルスの感染の確認が相次いでいます。
今月に入って、業者で作る団体は、市場に出入りするおよそ480の水産仲卸業者を対象に、自主検査も進めています。
東京都は、こうした自主検査も含めて、豊洲市場の関係者で感染が確認された人は、20日までに100人を超え114人になったことを明らかにしました。
このうち98人は、水産仲卸業者だということです。
また、114人のうち100人は、感染経路が分かっていないということで、都は、現時点ではクラスターの定義には当てはまらないと説明しています。

※ 豊洲市場担当記者@日刊食料新聞@nikkan_toyosuの2020/11/20のツイート
回答には感染経路について、具体的な言及はありませんでしたが、筆者が場内で聞いた範囲では「魚函」に気をつけるように言われているということでした。魚函の表面にウイルスが付着すると生存時間が長いらしい。現場では魚函を扱う時は手袋をして作業するよう周知し、リスク低減を図っているようです。

ロイター2020/11/18
中国は、ドイツからの豚肉やブラジルからの牛肉、インドからの魚介など20カ国の包装加工品で新型コロナウイルスが検出されたと主張している。ただ、各国は中国側が証拠を開示しておらず、貿易活動に支障をきたすだけでなく、自分たちの食品の評判が理由なくおとしめられていると非難する。

ジュネーブ駐在のある通商関係者によると、今月5─6日に開催された世界貿易機関(WTO)の会合では、カナダがこうした意見を表明した。中国側が核酸検出検査で陽性となったとする輸入食品の受け入れを拒否していることについて、カナダは「妥当性のない貿易制限」とし、やめるよう要請したという。

この関係者によると、カナダは中国が検査措置を正当化する科学的根拠を示していないと主張。オーストラリア、ブラジル、メキシコ、英国、米国が同調した。

米政府も今月、中国に対して二国間ルートならびにWTOを通じて、輸入製品の監視で実際のリスクを適切に評価する態勢を確保するよう要望したと発表。米農務省は「中国の直近の輸入食品に関する新型コロナウイルス(を理由とする)制限措置は科学に基づいておらず、貿易に混乱をもたらす恐れがある」と指摘した。

ところが、その後も中国は輸入食品の監視を強化する一方だ。今週には共産党機関紙・人民日報の系列の環球時報が、輸入食品から新型コロナウイルスが見つかったことで、同ウイルスの起源は海外からだった可能性が高まったとの見解を示した。

中国が冷蔵・冷凍輸入食品の新型コロナウイルス検査を開始したのは今年6月。その前に北京の卸売市場で輸入食品を扱う仕事をしていた人の間で、集団感染が発生していた。

世界保健機関(WHO)の見解では、食品や包装部分がウイルスの感染経路だとは判明していない。しかし、中国は国内での感染をせっかくほぼ撲滅したのに、食品を通じて再びウイルスが入ってくるリスクがあると言い張っている。

ロイター2020/11/16 17:48 (JST)11/16 18:05 (JST)updated
中国で「輸入食品コロナ起源説」
「汚染された包装で感染」と発表
【北京共同】中国政府がコールドチェーン(低温物流)の輸入食品に付着した新型コロナウイルスのリスクを強調し始めた。ウイルスの起源を巡り米中間で主張が対立するなど政治問題化する中、中国の一部専門家からは、輸入食品を通じ最初の流行地、湖北省武漢にウイルスが入った可能性を研究する必要があるとの声も出ている。
 「コールドチェーンの食品包装から感染力を持つウイルスを世界で初めて分離し、汚染された包装が感染を起こすと証明した」。中国疾病予防コントロールセンターは10月中旬、こう発表した。山東省青島で港湾作業員の感染が9月に判明、当局は冷凍タラの包装の検体から分離した。

・・・・・・

中国で業務用の冷凍食材からウィルスを分離したということのようで、そのこと自体は、すでに報じられています。この記事だけではわからないことが多すぎますが、冷凍食品に新コロナウィルスが付着していることはあり得ますし、他の食品でも同じでしょう。

流通している食品の包装が、あるいはその中身が新コロナウィルスで汚染されていることはありうるとなります。
posted by ZUKUNASHI at 18:53| Comment(2) | Covid19
この記事へのコメント
このブログでも武漢以前に西欧で「謎の」感染症が拡がっていたことを何度も指摘してますが、イタリアは確か医師のTwitterを証拠としていた記憶があります。ですがロイターでも取り上げられましたね。
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-italy-timing-idJPKBN27W2GY
2020年11月17日 / 2:55 午前
イタリアの新型コロナ感染、昨年9月時点で拡大の可能性=研究

相変わらずネットでは中国ヘイトや習近平叩きをしているネトウヨばかりですが、もう日本以外では新型コロナが武漢発でないことは大多数が知っているんじゃないでしょうか。
Posted by いつも拝見しております at 2020年11月27日 23:27
新コロナウィルスの遺伝子の解析が進み、症状の出方などに関する事例が分析されるといずれはどこが起源かはわかるでしょう。
私が今怖く思っているのは、2019年に世界の各地で新コロナウィルスが地域的に流行したのではないかとの疑いです。イタリヤで2019年から伝染していたのであれば、2度目の感染で重症化、亡くなる人が多く出た、という話が成立しかねないからです。
米国もそれがあるのかもしれません。日本でも2019年の超過死亡はおかしなところがあります。
Posted by ずくなし at 2020年11月28日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。