エスパーの後任国防長官がすべての戦争は終わらせなければならないとメモに記す: ずくなしの冷や水

2020年11月15日

エスパーの後任国防長官がすべての戦争は終わらせなければならないとメモに記す

※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/15のツイート
「すべての戦争は終わらせるべきだ」―トランプが新たに任命した国防長官クリス・ミラー
日本のメディアは伝えている?

New Defense chief signals potential troop drawdown: 'All wars must end'
クリストファー・ミラー国防長官代理は、金曜日に機関職員に送られたメモの中で、中東での米軍削減の可能性を示唆し、「すべての戦争は終わらせなければならない」と述べた。

今週、トランプ大統領が国防総省のマーク・エスパー長官をツイートで解雇した後、国防長官に就任したミラー長官は、現在の紛争が終わっていないことを認めつつ、「我々は永久戦争の民族ではない」と書いている。

"我々は将来に備えて、2001年にアルカイダが我々の海岸にもたらした戦争を終わらせることにコミットしたままである。この戦争は終わっていない」とミラー氏はアフガニスタンでの戦争に言及した。

"我々はアルカイダとその仲間を倒す寸前まで来ているが、最後まで戦いを見届けられなかったという過去の戦略的過ちは避けなければならない。実際、この戦いは長く続いており、我々の犠牲は莫大なものであり、多くの人が戦争に疲れている-私もその一人だ」と続けた。

国防総省の長官代行はその後、「今は、我々の努力を指導的役割から支援的役割へと移行させる重要な局面である」と書いた。

"私たちは永久に戦争を続ける民族ではない。それは、私たちが支持し、祖先が戦ってきたすべてのもののアンチテーゼである。"すべての戦争は終わらせなければなりません。

"戦争を終わらせるには、妥協と協力が必要です。「我々は挑戦に立ち向かい、全力を尽くしました。今こそ、故郷に帰る時だ」と書いている。

今週、大統領がエスパー氏を解雇した後、トランプ政権がアフガニスタンからの部隊撤退を急ぐのではないかとの憶測が広がっており、国防総省の指導部の広範な再編を促している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 19:28| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
アルカイダとその仲間・・
その仲間を打ち倒す寸前まで
来ている・・
結構重要な事を述べてますな。
アルカイダそしてその背後の
CIA左派をコントロールする
グローバリストの手先(俗にいうディープステート)を排除し、アメリカ第一主義
を具現化しようという試みは一定の成功をおさめました。

後はこれから起きるであろう
国内の暴動に対する派兵の障害も
なくなり、あとはトランプの罠に
ハマったバイデンがどうなるか・・

バイデンショックに備えたほうが良いかも知れませんね。
まぁ皆さん一旦、利確して様子見
しているとは思いますが。


Posted by 刹那 at 2020年11月15日 21:38
トランプ政権は間もなくレームダック化しますから新国防長官が何をどこまでできるかは疑問。
トランプが政権を譲らないことも?
内戦状態などになったら世界中が混乱ですね。
Posted by ずくなし at 2020年11月15日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。