ロシアが平和維持軍を派遣したナゴルノカラバフはこんなところ これはすごい: ずくなしの冷や水

2020年12月08日

ロシアが平和維持軍を派遣したナゴルノカラバフはこんなところ これはすごい

アルメニアとアゼルバイジャンの戦争は、トルコの支援を受けたアゼルバイジャンがナゴルノカラバフに攻め込み、優勢を保ちました。2020/11/8には、ナゴルノカラバフの首都ステパナケルトに近いシュシにアゼルバイジャンの軍が侵攻し住民が逃げ出していました。

ツイッターでアルメニアの議会が休戦に抗議する者によって占拠され、議長がリンチを受けたとの情報。パシニャンはソチに逃げたとの話がありますから休戦交渉はソチで行われていた?

休戦協定は現状固定ですからアルメニア側は痛みがある。トルコが平和維持軍に参加するとトルコが述べていますが、ロシアの報道には言及なし。アゼルバイジャンに恩を売っただけではなく、具体的なメリットを求めたでしょうが実現しなかった? シリアから連れて行ったISISテロリストも休戦になればアゼル側には厄介者。トルコはまたシリアに連れて帰るのか。トルコの目論見はまたしてもロシアにくじかれた。

Conflict News@Conflicts氏の2020/12/3のツイート
NAGORNO-KARABAKH: Azerbaijani MoD announces that its death total from the conflict with Armenia stands at 2,783 with more than 100 still missing. Another 1,245 are wounded and hospitalised. - @RALee85

PlCART@PlCART氏の2020/11/26のツイート
Finally found geolocation of this mysterious curved road and this is not Omar pass and belong to 2nd route from Azmod video.https://t.me/Azerbaijan_MOD/1161
https://goo.gl/maps/LSfKX8YgnmSjvRqHA
@khalfaguliyev @azyakancokkacan @firtisgulu @Danspiun @Mukhtarr_MD @RALee85 @ryanmofarrell @ghost_watcher1







Magomedov Mukhtar@Mukhtarr_MD氏の2020/11/26のツイート
AZ serviceman armed with RPK-74M light machine gun equipped with a Thermal Imagery Sight on a road to Vardenis, Kelbajar district (30 km from ARM border).
Geolocation: https://goo.gl/maps/QQ8S4dfuKtVzLNXm7
@aldin_ww @AbraxasSpa @GeromanAT @azyakancokkacan @COIN_V2 @khalfaguliyev @Danspiun







※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/14のツイート
ナゴルノ・カラバフでの平和維持活動の開始以来、ロシアの軍用輸送機は56回飛行。817人の軍人と119ユニットの武器と軍事装備、ロシア航空宇宙軍のMi-8およびMi-24軍用ヘリ8機を輸送した。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/12のツイート
ナゴルノカラバフ/アルツァフ大統領ハルチュニャン
「10月3日、敵がマタギスに接近した時、アルツァフ軍とアルメニア軍の特殊部隊がヤニクナーの防衛に行かなければならなかった。しかし彼らは拒否した。私が先頭を行くからと頼み込んでも無理だった。彼らは大統領を置いて去った」

※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/12のツイート
ハルチュニャンは10月3日と18日に兵員不足を警告。
「数日前、ロシア軍アナリストに、紛争に勝つためには8万から10万の動員が必要で、それがなければ負けると言われた。私は何人が参戦し、何人が18歳の兵士を残して去ったか言いたくない。18~20歳の兵士がアゼルバイジャンと戦う主要部隊だった


そして、2020/11/9の22:30 GMTにプーチンが休戦合意を発表。23:30 GMTロシアの平和維持軍が現地に向かいました。11/8にはすでにロシアの輸送機がエレバンに飛んでいました。今回もロシア国防省は積極的に情報公開です。

国境に近いゴリスの町です。








こんな地形です。今回の調印文書にアルメニアとナゴルノカラバフ、アゼルバイジャンとその飛び地との道路建設が記されていますが、確かに道路網は良くない。



ロシア軍のチェックポイント


次の地図の中心部分にある道路の分岐点です。


白い点のあるところがShushi、ここまでアゼル側が攻め込みました。上に画像があるGorisまではまるでスカイウェイ。直線で50kmあります。



RT2020/11/10
WATCH Russian peacekeepers board planes for deployment to Nagorno-Karabakh conflict zone
Russian soldiers and vehicles are wasting no time in deploying to Nagorno-Karabakh, the region disputed between Armenia and Azerbaijan, for a peacekeeping mission following an armistice that ended hostilities there.

Newest footage released by the Russian Defense Ministry shows vehicles and soldiers boarding Il-76 transport aircraft at the Ulyanovsk-Vostochny military base, before taking off for the Caucasus.

“...beginning at [3:00am GMT] on November 10, 2020, the Russian Federation has begun to deploy a peacekeeping contingent in the Nagorno-Karabakh conflict zone, in parallel with the withdrawal of the Armenian armed forces," the Russian Defense Ministry said in a brief statement.

Under the terms of the armistice, some 1,960 troops, 90 armored vehicles and 380 other vehicles will be deployed along the line of contact and the “corridor” between Nagorno-Karabakh and Armenia proper.

The troops belong to the 15th Detached Motorized Rifle Brigade, designated as peacekeepers, from the Central Military District. A command post for the mission is already being set up in Stepanakert, the region’s capital.

The armistice, which went into effect at midnight Moscow time on Tuesday, is supposed to end the six weeks of fighting over the disputed region, in which Azeri forces have made significant advances into territory held by ethnic Armenians since 1994.

Nagorno-Karabakh is an ethnic Armenian enclave that seceded from Azerbaijan in 1991, during the collapse of the Soviet Union. The conflict had been largely frozen for decades until it flared up again in late September.

Moscow has sought to negotiate a solution to the conflict, which threatened to spill over beyond the region as NATO member Turkey supported Azerbaijan against Armenia, which is a member of the Collective Security Treaty Organization, a military alliance with Russia.

RT2020/11/9
Putin: Russian peacekeepers headed for Nagorno-Karabakh as Azerbaijan & Armenia sign armistice
Russian President Vladimir Putin has confirmed that Baku and Yerevan have struck a deal to end the conflict over Nagorno-Karabakh, and that Russian peacekeepers will be deployed along the line of contact.

The agreement will create conditions for a long-term settlement of the crisis in the interests of both peoples, Putin said shortly after midnight Moscow time on Tuesday (22:30 GMT Monday), confirming reports of the armistice Armenian PM Nikol Pashinyan described as “painful” but necessary.

According to the text of the agreement that appeared in Russian media around midnight Moscow time – when the armistice was to take effect – Russia will deploy almost 2,000 peacekeepers along the line of contact and the “Lachin corridor,” the road connection between Nagorno-Karabakh and Armenia proper.

These peacekeepers will move in as the Armenian armed forces withdraw, and will stay for five years, according to the draft. An automatic five-year extension of their mandate is envisioned, unless any of the parties objects six months before its expiration.

Neither Armenian nor Azerbaijani forces are supposed to advance beyond their current positions. This leaves the remaining territory of the Nagorno-Karabakh autonomous region somewhat surrounded, with only a 5-kilometer-wide corridor to Armenia proper, under protection of the Russian peacekeepers.

A new road is supposed to be built through the Lachin area over the next three years, to connect Armenia with Stepanakert, the capital of Nagorno-Karabakh. In parallel, another road will be built through Armenia to connect Azerbaijan with its enclave of Nakhichevan in the southwest. Until then, Russian border troops will supervise the existing road traffic through Armenia to Nakhichevan.

The agreement also provides for the exchange of prisoners and bodies of the dead, and the return of “all refugees and internally displaced persons” in the territory of Nagorno-Karabakh and surrounding areas, to be supervised by the UN High Commissioner for Refugees (UNHCR). In theory, this would mean the return of both ethnic Armenians and Azerbaijanis displaced by the conflict since 1991, though it is unclear how that will function in practice.

Nagorno-Karabakh was an ethnic Armenian enclave within the borders of the Soviet Republic of Azerbaijan, but seceded from Baku in 1991 as the Soviet Union began to collapse. A 1994 armistice froze the conflict with ethnic Armenian forces in control of most of Nagorno-Karabakh, as well as surrounding territory of Azerbaijan proper.

Renewed clashes over the region began in late September, and continued despite multiple ceasefires arranged by Moscow, and even one mediated by the US. The situation was aggravated by the fact that Azerbaijan received active support from NATO member Turkey, while Armenia is a member of the Collective Security Treaty Organization, a military alliance with Russia.

WATCH Russian peacekeepers begin deploying to Nagorno-Karabakh under Armenia-Azerbaijan peace deal

Minutes after the signing of the peace deal between Armenia and Azerbaijan, Russia has begun deploying peacekeepers to the contested Nagorno-Karabakh region. Airplanes and convoys of vehicles are already on the way.

Several Il-67 transport aircraft have taken off from Ulyanovsk, carrying the first batch of peacekeeping troops, the Russian Defense Ministry has confirmed around 2:30 am Moscow time on Tuesday (2330 GMT Monday).

A video released by the Defense Ministry shows a convoy made up of trucks, armored personnel carriers and other support vehicles making its way to the region as well.

TASS2020/11/11
Press review: Moscow gains from brokered peace deal and Trump to unleash Iran sanctions
Top stories in the Russian press on Wednesday, November 11

Armenian PM says there was probability of losing Stepanakert without Karabakh deal
Turkey jointly with Russia to monitor ceasefire in Karabakh, Erdogan says
UN Secretary General grateful to Russia for reaching truce agreement in Nagorno-Karabakh
Putin discusses with Erdogan Karabakh deal with Azerbaijan, Armenia
Russian Foreign Ministry not aware of creation of new working group on Nagorno-Karabakh
Pashinyan says conflict could have been avoided only if Armenia gave up land near Karabakh
Turkey continues to monitor situation in Nagorno-Karabakh, Foreign Ministry says
Putin lauds courage of Armenian and Azerbaijani leaders on Karabakh regulation
Rally organized in Yerevan demanding PM resignation, Karabakh agreement exit
Russian peacekeepers on their way to Nagorno-Karabakh after peace deal
Karabakh ceasefire deal stipulates deploying only Russian peacekeepers − statement
Kremlin hopes Armenia will perceive Karabakh agreements appropriately
Armenian PM says signs Karabakh deal based on army’s recommendation
Leaders of Azerbaijan, Armenia, Russia agree peace in Nagorno-Karabakh
Armenian PM says hostilities in Nagorno-Karabakh not fully stopped

The second war in post-Soviet history between Azerbaijan and Armenia ended as quickly as it started, Kommersant notes. After six weeks of intense hostilities, Russian President Vladimir Putin, Azerbaijani President Ilham Aliyev and Armenian Prime Minister Nikol Pashinyan signed a joint statement on a complete ceasefire in Nagorno-Karabakh. In accordance with the agreement, Armenian troops must leave three occupied districts of Azerbaijan. The key provision of the agreement is the deployment of Russian peacekeepers to the region. Acting as the guarantor of the peace deal, Moscow has reaffirmed its role as the key mediator of the Karabakh conflict, creating the conditions for the relaunch of the diplomatic process that has stalled for a quarter of a century, the newspaper points out.

Moscow has gotten back its leading role in the South Caucasus with this agreement, and this outcome is quite a triumph for Russia, Editor-in-Chief of the Russia in Global Affairs magazine Fyodor Lukyanov told RBC. "It was impossible to maintain the status-quo when it became apparent that Armenia could no longer win the armed conflict. Before that, Armenia’s victory had been presumed, but this time, the Azerbaijanis were better prepared, and when you don’t have enough military power, the whole structure built over the past few years falls apart," the expert explained.

While the new model benefits Moscow, Armenia becomes even more dependent on Russia’s presence, Lukyanov stated. The OSCE Minsk Group has basically ceased to exist after this agreement, the experts claimed. The OSCE has not been mentioned in the armistice, and the group’s co-chairs France and the US have not been listed as active participants involved in the preparations for the deal.

The return of a significant chunk of districts bordering Nagorno-Karabakh and a part of the unrecognized republic itself to Azerbaijan has been met with jubilation in Baku. The Armenian public had the opposite reaction: the agreement was seen as a capitulation and a national embarrassment, with PM Pashinyan painted as the one responsible for what happened by the radical opposition, Kommersant notes.

Meanwhile, support for Pashinyan, who was once popular in Armenia, has plummeted. Armenian political analyst Grant Mikaelian noted that the signing of the disadvantageous agreement is not the only mishap of the Pashinyan government. "During Pashinyan’s rule, society has been divided. And it is harder for a divided society to defend itself. Government bodies have been weakened, especially the legal system. There have been no preparations for a war for the past two and a half years, and there has been no development in the relations with its allies: Russia and Iran," the expert told Kommersant.
posted by ZUKUNASHI at 19:04| Comment(13) | 国際・政治
この記事へのコメント
アルメニアとアゼルバイジャンのナゴルノカラバフ紛争は、アゼルバイジャン軍のドローン機と弾道ミサイル戦術と補給路を支配されてアゼルバイジャンの勝利で終わりました。もうアルメニアに戦う力は、ありません。これが厳しい現実です。猿の国にほんでは、9兆円でF-3ステルス戦闘機を開発し100機ぐらいを配備する計画です。第二次世界大戦でボロの棺桶戦闘機零戦を作った三菱重工業を助けるためです、まさに狂人国家ですね。特攻尻ふき爺さん 日本不滅です。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月11日 06:27
アゼルバイジャンが公表した画像では、ピンポイントで戦車や車両を爆撃して命中しています。弾道ミサイル攻撃も激しく着弾地点の画像は少ないですが、被害は大きい。
イスラエルとトルコが供給した武器は威力がありました。
シリアのテロリストは結局自爆作戦しか有効でなかったですが、ナゴルノカラバフではドローンの自爆作戦も導入されて局地紛争の様相を一変させました。S-400など地対空ミサイルの性能向上で戦闘機の出番は局限されることになりましたね。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年11月11日 09:36
今度のナゴルノカラバフ紛争の停戦協定は、アゼルバイジャンの完勝ですね。アゼルバイジャン軍は、補給路も完全に抑えました。アゼルバイジャン軍は、ナゴルノカラバフ領土の約半分を奪還しました素晴らしい勝利です。アゼルバイジャン軍のバイラクタールTB2とハーピー(神風ドローン)の大きな戦果によるものですね。欧米、ロシア、中国は潜水艦と艦艇と航空機のドローンの開発に力を入れています。バカざるの自衛隊だけが、100年前の塹壕戦の訓練をしています。特攻尻ふき爺さん 自衛隊は特攻で戦い勝利します。日本万歳3。大笑。
Posted by 西 亨 at 2020年11月12日 18:59
アルメニア軍は、早い段階でドローン攻撃により組織的戦闘ができなくなり崩壊していました。ロシアが助けなければナゴルノカラバフ全土を失うところでした。ドローン時代が、来ました。プーチン大統領は、新ロシア連邦軍内に新しいドローン軍団を創設するでしょう、そして革命的運用方法を生み出すでしょう。戦争の革命が始まりました。第二次世界大戦前、ドイツとソ連だけが巨大な火力と歩兵師団の10倍のスピードで動く機甲師団を生み出しました。軍の革新は政治家が命をかけないとできませんね。特攻尻ふき爺さん 塹壕戦の自衛隊は特攻とバンザイ肉弾攻撃で勝ちます。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月15日 05:45
大きなニュースが中国から発表されました。中国海軍の8月大演習でマッハ20でる対艦弾道ミサイルDF-21D(射程距離1500キロメートル)とDF-26B(射程距離3000キロメートル)が、動いている標的に命中しました。この対艦弾道ミサイルの成功で米海軍の空母は動く棺桶になり米海軍力は、崩壊しました。日本の海上自衛隊も崩壊しました。時代は、変化します戦艦から空母そして対艦弾道ミサイルの時代です。日本いまごろ軽空母作って何するの? 特攻尻ふき爺さん 棺桶空母 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月16日 21:52
最高スピードマッハ20、平均スピードマッハ10として10kmを3.4秒で飛ぶことになりますか?
艦艇が時速50kmで逃げると1秒で13.9m、3.4秒で47mですね。
100km離れていても33秒よりずっと少ない時間で到達しますね。目標物に近づいてから低いところを水平に近く飛ぶようにすれば艦艇が逃げても命中しますね。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年11月16日 22:25
この写真を見て下さい。ナゴルノカラバフは山岳地帯です、補給が弱点ですね。アルメニア軍は、古い戦争の準備をしていました。大きな備蓄をして対空陣地を作り多くの戦車とロケット砲を隠していました。まさかドローンによつて戦車30%を失い、陣地の塹壕の破壊により軍は、パニックになり崩壊しました。まつたく新しいドローン戦争ですよ。ロシアのプーチン大統領も驚いていますよ。塹壕戦の自衛隊は、逃げません、ドローンに肉弾特攻攻撃をします。万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年11月28日 18:30
ロシアの設計段階にある最新型原子力潜水艦は、小型のドローン潜水艦を搭載します。極超音速ツイルコンは、最新の駆逐艦とヤーセンM攻撃型原子力潜水艦でテストをおこない成功しました。SU-57ステルス戦闘機と共同作戦をする無人ステルス戦闘機の空対空ミサイルのテストも成功しました。ロシアは、トルコのバイラクタルTB2のような無人機の開発が遅れています。イスラエルは、極小型の戦場偵察型の無人機を開発しました。土木作業員の自衛隊は、今も穴掘りの訓練をしています。やはり日本人頭がおかしいですよ。ノモンハン事件の時も、もったいないと言う事で日本の玩具の戦車を避難させました。特攻尻ふき爺さん 穴掘り 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年12月03日 10:06
バイラクタールTB2の成功によりトルコは、超小型の艦艇ドローンまで完成しました。ロシアは、最新のトルコ製の攻撃ドローンの機能を停止することができる装置の「KALKA」を輸入するらしいですよ。この対ドローン兵器の射程は5キロあります。イスラエルは、ドローンを落とす対空レーザー兵器を配備しています。穴掘り自衛隊も対空レーザー兵器を開発するようですけど失敗するでしょう。ドローン兵器の開発競争は凄い事になりました。日本に勝ち目は、ないですね。インパール菅総理、コロナ地獄の日本 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年12月10日 14:10
ロシアが、SU-57ステルス戦闘機の製造に世界初のAR技術を取り入れた製造ラインを構築していますね。自動車の部品は、約5万個、戦闘機の部品は、20万個です。そしてロシアは、中国と日本から3Dプリンターを輸入して自国の部品メーカーの不良品の多いことの大きな弱点を克服しましたね。3Dプリンターで作れば不良品は、ゼロになります。ソ連時代は素早くフォードの大量生産システムを導入してT-34戦車を6万輌生産しました。これが独ソ戦の勝利の原因です。ロシアの大学のレベルは高いですね。インパール菅総理 お猿さん 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年12月18日 23:29
今年の新型コロナウイルスの大流行は、まさに生物兵器の戦争ですよ。この戦争の勝利者も見えてきましたね。勝利者は、中国ですね、人民戦争理論による戦法でコロナウイルスを殲滅しました。敗北者は、米国で史上最大の敗北です。責任は、ボケ老人トランプ大統領にあります。欧米と日本は、生き地獄が続きますね。インパール菅総理も燃えますね。日本特攻 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年12月22日 16:14
中国は新コロナウィルスが生物兵器の可能性があるとすぐに看破したんですね。敵の攻撃であれば国の総力を挙げて対応する。武漢の新コロナウィルス対策の素早さは、そのように考えるとよく理解できます。
ロシアも生物兵器の可能性を想定していたでしょうが、ロシア国民の危機感が足りませんでしたね。それにロシアは今武器をフル生産していますから国内の経済活動を停滞させることはできまなかった。一番の敗北者が米国であるというのは全く同感です。
トランプが愚かというだけでなく、共和党の議員などもそのように考えていたのではないでしょうか。
後遺障害に苦しむ人がたくさん出ます。さらに治安が悪化しますね。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年12月22日 17:16
ロシアは、まだ武器をフル生産はやっていませんね。ソ連崩壊後も国家総力戦の戦争に備えて巨大な生産工場は、残しました。ソ連時代は、1年間に自衛隊の戦車の100倍の戦車を生産していました。ロシア人は、とても忍耐力があり、いまも生産工場はきれいに整備されています。今は武器をゆっくりと生産しています。それよりもほとんど最新兵器のT-14アルマータ戦車と車載型の対空レーザー兵器とドローン兵器までシリアでテストしています。インパール菅総理 コロナ救世主 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年12月24日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。