弘前の酒と女とコロナの夜 北海道も悪化: ずくなしの冷や水

2020年11月19日

弘前の酒と女とコロナの夜 北海道も悪化

船橋市の物流倉庫での集団感染に目を奪われていましたが、10月に入って弘前の高級クラブで集団感染が発生、医師など地元の名士を含めて100人規模の感染者が出ています。弘前保健所管内では130人。
2020/10/28現在での「10月12日以降に判明した感染症患者の療養・検査状況」によれば、陽性者総数169人。

地方都市でもえっと気づいたときには集団感染の仲間内ということがあり得ます。



感染者が検出され始めた時には、すでに流行が進行しているのが例です。周辺で感染者が出ていないか最大限の注意が必要です。

弘前保健所管内では、感染者に女性が多く、しかもクラブの従業員ではなさそうな年代の方が多い。10代、10代未満も複数います。地域に感染者がかなり浸透しているのでは?


飲食店クラスターの概要(令和2年10月28日発表)[570KB]

すでに死者も出ています。

都道府県別にみても青森県はこの1か月で急激に悪化していることがわかります。でもこれは、10/12以前からウィルスの拡散が始まっていた。それに気が付かなかったということでしょう。最初に感染が確認された方は入院患者と病院職員のようです。ともに60代。

入院してきた患者が新コロナウィルスに感染していることに気づくのが遅れ院内で感染が広がった例は、この弘前の病院であったらしいほか、浦安市のタムス浦安病院の例もあり、かなり一般的なのではないでしょうか。

病院自体がPCR検査を利用できない状況が院内感染を招いたと言えます。厚生労働省の検査抑制方針は、医療者の負担軽減ではなく院内感染の多発という形で表れています。

2020/10/30現在 弘前保健所管内で148人の陽性者

※ Noguchi Akio@Derive_ip氏の2020/10/31のツイート
青森県弘前市の大規模感染は、規模が大きくなりすぎて図が2頁に分離されました。というか、飲食店との関連が不明である感染者が多くなり過ぎたという感じです。いまや八戸市まで感染が広がっています。また、本日は3人目の死亡者も発生してしまいました。

2020/11/1現在で青森県全体で236人。深刻な状況です。
2020/11/2青森県全体で244人の陽性者

2020/10/26時点


2020/9/30時点


上のグラフで北海道でも状況が悪化していることがわかります。
※ kenichi Maeda@penate3氏の2020/10/28のツイート
これからどんどんそうなる季節がやって来る。解散総選挙は、無理だね。
北海道"警戒ステージ2"に引き上げ…「これ以上感染拡大なら外出自粛せざるを得なくなる」知事危機感訴え #SmartNews

※ 田村智子@tamutomojcp氏の2020/11/17のツイート
青森県での180人のクラスター感染は、最初に症状のあった従業員が保健所に電話するも検査が受けられなかった、検査が行われていたら、ここまでの拡大にはならなかったと、県が検証中。
新型コロナの検査・診療指定医療機関がどこか、非公表が33都道府県(日経新聞の調査)。春と同じことになりかねない。
posted by ZUKUNASHI at 00:07| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。