乗り物はどれほど危険か: ずくなしの冷や水

2020年10月27日

乗り物はどれほど危険か

1 航空機
事例研究は多い。感染しやすい環境。
2020年10月27日
機内感染は多い 昔から知られていたらしい

2 バス旅行
長距離のバス旅行で感染例が確認されています。
2020年10月26日
GOTOトラベルで感染拡大

3 タクシー
ダイヤモンド・プリンセス号の乗客が沖縄でタクシーを利用し、女性運転手が感染した決定的な例があります。
2020年02月14日
新コロナウィルス関連情報 4 女性による危機拡散が始まった

4 新幹線
車掌が感染した例が複数あります。車内での感染だとは確認されていませんが。

5 特急列車
乗車時間が相対的に長く感染がありえます。

6 通勤電車
混みあった電車内では当然ありえる。

乗客または運転手などの乗務員に感染がいれば、混んでいなくても感染はあり得ます。マスク着用の有無により感染回避できたかどうかの調査は見ていません。

※ Noguchi Akio@Derive_ip氏の2020/10/26のツイート
3月26日の航空機内で発生した集団感染の事例です。どうして今頃このような重要な事例報告がされるのだろうか。尾身茂の「旅行自体が感染を起こすことはない」発言は7月だったわけですが、3月の時点ですでにこのような重要な事例が国内でも発生していたということです。

尾身茂氏の発言おかしいです。

※ Noguchi Akio@Derive_ip氏の2020/10/18のツイート
勘違いしてたのですが、横浜スタジアムの実験は、第11回コロナ分科会(尾身茂座長)で提案されたものですね。しかも、分科会が了承しているとのことです。また「観戦自体が感染を広げることはない(笑)」みたいな話になったのでしょうか?

「無症状者にPCR検査しても感染は抑えられない」と尾身氏
PCR検査に関して尾身氏が強調したのは、「PCR検査を増やした結果、感染を抑えられたという証拠がない」という点だ。

船橋市の物流倉庫での集団感染では、3分の1ほどの感染者が無症状です。彼らが感染拡大に一役も二役も担っていることは明らか。なんでこんな事実に反することを言うのか。
posted by ZUKUNASHI at 10:02| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。