コロナウイルスは、スマホの画面、紙幣などの表面に28日間残存する可能性: ずくなしの冷や水

2020年10月27日

コロナウイルスは、スマホの画面、紙幣などの表面に28日間残存する可能性

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/26のツイート
Concerning−The coronavirus can remain on some surfaces for 28 days, including phone screens, paper money, & stainless steel, according to a new study. Around room temp of 68 degrees F, #SARSCoV2 could last for 28 days on smooth surfaces.
#COVID19

Coronavirus Survives on Surfaces for Weeks: Study
By Carolyn Crist
Oct. 12, 2020 -- The coronavirus can remain on some surfaces for 28 days, including phone screens, paper money, and stainless steel, according to a new study published in the Virology Journal.
2020年10月12日--『Virology Journal』誌に発表された新しい研究によると、コロナウイルスは、電話機の画面、紙幣、ステンレス鋼など、いくつかの表面に28日間残存する可能性がある。

The study also found that the virus survived longer at lower temperatures and tended to last longer on non-porous or smooth surfaces such as glass and stainless steel rather than porous or rough surfaces such as cotton.
この研究ではまた、ウイルスは低温でより長く生存し、綿のような多孔質または粗い表面よりも、ガラスやステンレス鋼のような非多孔質または滑らかな表面の方が長持ちする傾向があることがわかった。

“Establishing how long the virus really remains viable on surfaces enables us to more accurately predict and mitigate its spread and do a better job of protecting our people,” Larry Marshall, the CEO of Australia’s national science agency CSIRO, said in a statement.
オーストラリアの国家科学機関CSIROの最高執行責任者(CEO)ラリー・マーシャルは声明の中で、「ウイルスが表面上で実際にどのくらいの期間生存可能であるかを確立することで、ウイルスの拡散をより正確に予測し、緩和し、国民を守るためのより良い仕事をすることが可能になります」と述べています。

Around a room temperature of 68 degrees Fahrenheit, the coronavirus could last for 28 days on smooth surfaces. At higher temperatures, the survival time decreased as the temperature increased, and on cotton, the virus wasn’t detectable after 14 days.
室温華氏68度(摂氏20度)の近辺では、コロナウイルスは滑らかな表面で28日間持続できる。より高い温度では、温度が上がるにつれて生存時間が減少し、綿の上では、14日後にウイルスが検出されませんでした。

However, the study was conducted in the dark to remove the effect of UV light, which can inactivate the virus. That means the lab conditions may not match the real world. The items were left undisturbed as well, but phone screens and banknotes are often moved around, which could wipe off the virus.
しかし、この研究は、ウイルスを不活性化させる紫外線の影響を取り除くために、暗闇で行われた。つまり、実験室の条件が現実世界と一致しない可能性があるということだ。アイテムも乱されない状態で放置されていたが、電話機の画面や紙幣は頻繁に移動しているため、ウイルスを一掃する可能性がある。

“What we’re seeing empirically, clinically, with contact tracing, is that COVID is not spreading heavily through touch,” Colin Furness, an infection control epidemiologist at the University of Toronto, told CTV News.
「我々が接触のトレースで経験的に、臨床的に知っていることは、COVID が接触を介しては大きく広がっていないことです。」コリン・ファーネス、トロント大学の感染制御疫学者は、CTV ニュースに語った。

“It is possible to contract the virus through surfaces,” he said. “But it’s not happening very often.”
「表面からウイルスに感染することは可能である」と彼は言った。「しかし、それは非常に頻繁には起こっていない」

In addition, the study tested how long the virus lasts on surfaces but not how long the virus particles are actually infectious. Influenza A, for instance, has been found to survive on surfaces for 17 days, but a virus begins to degrade once it leaves a host’s body.
さらに、この研究では、ウイルスが表面上でどのくらいの期間持続するかはテストされたが、ウイルス粒子が実際に感染性を持つ期間はテストされていない。例えば、インフルエンザAは表面上で17日間生存することがわかっていますが、ウイルスは宿主の体から離れると分解を始めます。

“How long [a virus] can survive and remain infectious depends on the type of virus, quantity, the surface, environmental conditions and how it’s deposited -- for example, touch versus droplets emitted by coughing,” Trevor Drew, director of the Australian Centre for Disease Preparedness, said in the statement.
「どのくらいの期間[ウイルス]が生存し、感染性を維持できるかは、ウイルスの種類、量、表面、環境条件、それがどのように置かれているかに依存する--例えば、咳をすることによって放出されるウィルスの飛沫に接触するとか」オーストラリア疾病対策センターのディレクター、トレバー・ドリューは声明の中で述べている。

Other scientists have said the study could cause “unnecessary fear” because the virus mostly spreads among humans through respiratory droplets from coughing and sneezing rather than dirty surfaces, Ron Eccles, former director of the Common Cold Centre at Cardiff University, told BBC.
他の科学者は、この研究が「不必要な恐怖」を引き起こす可能性があると言っている。ウイルスは汚れた表面からよりも主に咳やくしゃみによる呼吸器の飛沫を介して人間の間で拡散するからだ。ロン・エクレス、カーディフ大学のコモンコールドセンターの元ディレクターは、BBCに語った。

“Fresh mucus is a hostile environment for viruses as it contains lots of white cells that produce enzymes to destroy viruses and can also contain antibodies and other chemicals to neutralize viruses,” he said. “In my opinion, infectious viruses will only persist for hours in mucus on surfaces rather than days.”
「新鮮な粘液には、ウイルスを破壊するための酵素を産生する白血球が多く含まれており、ウイルスの働きを止めるための抗体やその他の化学物質も含まれているため、ウイルスにとっては敵対的な環境である」と同氏は語った。「私の考えでは、表面上の粘液の中では感染性のウイルスは数日ではなく、数時間しか持続しない」

At 68 degrees Fahrenheit, the half-life -- or the time required to eliminate half of the initial amount of the virus -- on paper money was about 2.74 days. After 9 days, 90% of the virus was gone.
華氏68度(摂氏20度)では、半減期、つまりウイルスの初期量の半分を除去するのに必要な時間は、紙幣では約2.74日であった。9日後にはウイルスの90%が消失した。

On cotton, the half-life was 1.68 days, and 90% of the virus was gone after about 5.5 days.
綿での半減期は1.68日で、約5.5日後には90%のウイルスが消失していた。

The study didn’t measure samples at less than 68 degrees. Based on the rate of virus decomposition at higher temperatures, though, the researchers suggested that the coronavirus could last longer in colder temperatures.
この研究では68度以下でのサンプルは測定していない。しかし、より高い温度でのウイルス分解率に基づいて、研究者は、コロナウイルスはより寒い温度でより長く続く可能性があることを示唆した。

“This data could therefore provide a reasonable explanation for the outbreaks of COVID-19 surrounding meat processing and cold storage facilities,” they wrote.
「このデータは、食肉加工施設や低温貯蔵施設を取り巻くCOVID-19の発生について合理的な説明を提供することができます」と、研究者らは書いている。

Other studies have suggested that cold and damp environments, close working conditions, and a noisy work environment in meat processing plants could cause people to shout and spread respiratory droplets, the BBC reported.
他の研究では、食肉加工工場の冷たく湿った環境、近接した労働条件、騒がしい作業環境では、人々が叫び声を上げ、呼吸器飛沫を拡散させる可能性があることが示唆されている、とBBCは報告しています。

Despite the limitations, the study may pose a reminder for frequent handwashing and regular disinfection of surfaces, especially during colder months.
限界があるにもかかわらず、この研究は、特に寒い時期には、頻繁な手洗いと定期的な表面の消毒を行うようにとの注意喚起を促しているのかもしれません。

“I wonder whether we’re going to see that COVID does spread more by touch in the winter,” Furness told CTV News. “I can't say that it does, but it’s entirely possible that it will.”
「COVIDが冬には接触でもっと広がることを我々は見るのかどうか、私は疑問に思う」ファーネスはCTVニュースに語った。「そうだとは言えませんが、そうなる可能性は十分にあります」

元の英文をwww.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し、管理人が修正している。

・・・・

管理人は、通販で買ったものは、到着後玄関に数日放置してから開封し、箱は速やかに捨てています。作業後は手を洗います。荷物を発送するときも数日放置してから、可能であれば日光に当ててから開封するよう依頼しています。
posted by ZUKUNASHI at 12:22| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。