県別超過死亡の状況 死亡数統計は状況を正直に示す: ずくなしの冷や水

2020年11月25日

県別超過死亡の状況 死亡数統計は状況を正直に示す

厚生労働省全国人口動態統計から。速報値
都道県別、月別の人口は、人口統計から得たその年10月の推定人口をすべての月について適用した。

北海道は年初から超過死亡が発生しているように見えます。集団感染が発生した北見市での生活関連用品の展示会は2020/2/13〜15開催でした。このころには札幌を中心に広く感染が拡大していたと見られます。北見市での集団感染の影響が埋もれています。


「青森の男性警察官感染 茨城在住の風俗店女性との濃厚接触者」との情報が流れたのは、2020/7/16です。弘前の集団感染は10月半ばからですが、9月にその先駆が出ているようです。


仙台市では、2020/2/20にダイヤモンドプリンセスの乗客夫婦が仙台市に帰り、その後1か月強経過した3月末から立て続けに陽性者が出ています。4月の超過死亡の発生はこの陽性者多発と符合します。
2020年05月02日
仙台の2020/4超過死亡100人の原因は何だろう


千葉県東庄町の障害者福祉施設での集団感染は2020/3末ですが、時期を同じくして茨城県の神栖市でも集団感染が発生していますし、その他の地域でも感染者が急増しました。4月の超過死亡はそれらによるものです。


埼玉県は、小幅ながら超過死亡が続いています。東京に近接した地域で感染者が高水準で推移しています。埼玉県は新コロナウィルスによる死亡数について操作を加えた経過があります。


次は千葉県の月別超過死亡数の推計。感染拡大が本格化した4月の超過死亡が最大になっています。新コロナウィルスが流布し始めると最初に基礎疾患があったりして体力のない、抵抗力のない人々が斃れます。そして流布が拡大していくと、新コロナウィルスに曝露する人が増え、抵抗力のない人に斃れる人が増えていきます。2番目の山が8月にできているのはそのように理解できます。



2020/8の東京の超過死亡を2014年から2019年の8月の死亡数の平均との差でとらえれば、2020/8の実数が10,428人、5年平均が9,401人ですから約1,000人の超過死亡ということになります。 日本の新コロナウィルスによる死亡者は全国で2,000人弱、東京都で500人ですが、検査件数を多くすればこれらの超過死亡の少なからざる部分が拾い上げられますから、死亡数は到底2千人にはとどまらないことになります。


神奈川県は、6月ころから超過死亡が少し大きな幅で発生しています。神奈川県は検査も抑制して、隠蔽努力がありましたがここに来て隠せなくなっています。


新潟県は新コロナウィルスによる死者がまだゼロのはず。糸魚川市で2020/7超過死亡が発生していましたが、全県で均すと目につきません。


石川県は沖縄県に次いで人口当たりの新コロナウィルス死亡者数が多くなっています。


愛知県は、8月に上がった死亡率が9月になっても下がっていません。2020/1、ハワイに旅行した名古屋市の60代夫婦から2月になって感染が広がり始めました。3月から超過死亡が出始め、4月にいったんピークを迎えています。


注目の大阪府。大阪は文化が別。心配することもないでしょう。


和歌山県の済生会有田病院集団感染は、2020/2中旬に発覚していますが、2月、3月は超過死亡が見られません。初期の対応が良かったと言えます。しかし、ここに来て超過死亡が出ています。


兵庫県は2020/3から超過死亡が始まり、それが月を追って増加している印象があります。


鳥取県知事の政策対応が評価されていますが、上のグラフでも超過死亡が出ていません。


福岡は検査件数を増やしてから陽性者の増加ペースが落ちています。


沖縄県は人口145万人。もう県民は投げやりとの話もありますがここが踏ん張りどころ。沖縄県知事の発言には、観光客が途絶えると地域経済に打撃が大きすぎるとの苦渋がにじみます。
posted by ZUKUNASHI at 15:55| Comment(1) | Covid19
この記事へのコメント
コロナ禍で亡くなる原因が実は血栓が多いと
ネットで見ましたが
心不全や脳血栓って…
放射能禍と被るなぁ
毎年の人口減が加速しているのに追い討ちだなと感じました。
放射能のせいでだいぶやられていた所に
コロナで留め?
Posted by KH at 2020年11月27日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。