歩く楽しさ歩ける喜び 2020年秋: ずくなしの冷や水

2020年10月25日

歩く楽しさ歩ける喜び 2020年秋

2020/10/25、久方ぶりの日曜の晴天。東葛地方に出かけました。福島第一原発事故でやられ、そして今度は新コロナウィルスでも感染者が多めな松戸市。この町は緑も多く、10年も前にはよいところだったんだろうと思います。

この10年ほどで高塚新田の辺りは大きく変わりました。


カラスもいるし、鳥もまだ多い。


前に行ったことのあるルートを歩きました。放射能測定で2度ほど行ったでしょう。高塚十字路で測定した記録があります。昔からの生活道路とみられる車の通りの少ない道を選んで歩きます。

交差点を渡ろうとしたら、あきやまの郷の看板が見えました。あれ、確か集団発生が・・・。感染者29名、死亡者14名という悲しい現場になりました。




この辺りの道路を私たちはマスクを付けたり外したりして歩いていましたが、向こうから来る人がやはり道の反対側に身を寄せてすれ違っていきます。そりゃ近くの介護施設で12人もが施設内で亡くなれば近隣住民は新コロナウィルスが怖いですよね。この日見かけた人は、皆マスクをしていました。

松戸は立派な老人介護施設が多いです。


松戸は救急車の動きが激しいと言われていますが、確かによく聞きました。

桐、樹形が崩れていません。


カリン


マメガキ



千葉県内の大きな団地をだいぶ回りました。花見川団地、検見川団地、大宮団地、千城台団地、村上団地、ユーカリが丘団地、千葉ニュータウンなど。
ちはら台団地は、おゆみ野を含め大規模でしかも比較的新しい団地ではないかと思います。ほとんどミニ米国ですね。車がなければ移動困難です。街を歩きながら、車の運転ができない人は買い物はどうしているんだろうと気になりました。歩いていくには商業施設が遠いところも多いですし、近年造成された大きな団地の常として土地の起伏が激しいです。年寄りが自転車で走るのは少し難しいと思う傾斜もあります。
そして、そのためでしょうか、団地の外も含めて高齢者のドライバーが多いです。爺さんもおばさんも。道が狭くすれ違うのに、あるいは追い越すのに車がスピードを落としますから運転席を覗くとびっくりするような年寄りばっかり。
大宮団地などの古い団地は「姨捨団地」になっていますが、新しい団地もあと10年もすれば高齢化が顕著になるでしょう。

2020/9/28、平日の月曜にちはら台団地の下を流れる村田川の堤防を歩きましたが、午後3時ころから私よりは若いものの年配男性のウォーキングやサイクリング姿を見ました。街中には若い人もいますが、これは曲がりなりにも鉄道が乗り入れているからでしょう。

でも、都心までは時間もかかりますし料金も高いです。東京一極集中はさらに進むでしょう。オンラインの活用による在宅勤務の形態が増えるとしても、それはホワイトカラーのうちの一部の人たちだけです。

千葉市の周りから日曜や平日の夕方に都心に向かう電車に乗るとJR、京成ともに乗客は少ないです。私が神奈川県の現地調査に行ったとき、小田原や厚木発の夕刻の電車はそれなりに混んでいました。快速電車の速いこと。人口密度が違うこともありますが、新宿と結ぶ路線と浅草や上野を結ぶ路線はやはり違うと思い起します。
2020/10/18の夕方5時少し前の内房線上り千葉行きの電車内。右側に50前後の親父が座っていました。もう一人会合に出かけるような感じの親父が左側にもいました。向かい側には工場の仕事帰りと思しきやはり親父が。



今、市原市の中心部は、市役所のある国分寺台ではなく商業施設の集積した辰巳台のようです。日曜の午後4時前後に大通りを駅に向かって歩きましたが、外食店舗の客の入りは少なく、個人経営と見られる居酒屋は閉まっていました。

2020/10/18


これらのマンションは遠くからもよく見えます。市原労災病院のがけ下から遠望


大宮神社の辺りが最も高いのではないでしょうか。そのからの眺めです。




ツルドクダミかと思いましたが花が違います。マショウはこんな長いツルにならないし、何でしょう。わかりません。


モトコさんからオカワカメではないかと教えてもらいました。アカザカズラ(学名: Anredera cordifolia)、ツルムラサキ科のつる性多年草、南アメリカ原産の野菜で、観賞用にも栽培される。 多肉質の葉とムカゴを持ち、非常に重い蔓となる。そのため、他の樹木や草に絡まって、枝を折って倒すことがある。一般的にはオカワカメと呼ばれる。wikipediaから
やまひこ農園のオカワカメ栽培
こちらのサイトに花が咲いた画像があります。おかわかめ 根芽 育ててみませんか? オカワカメ 雲南百薬
オカワカメの画像はネット上でも少ないです。拡大画像。オカワカメで間違いありません。モトコさんありがとうございました。



立派な木彫ですが、前面が構内を向いていて見られません。市原には木彫の達人がおられるようです。市内のあちこちに習作が置いてあります。


最近、庭でも畑でもあふれるばかりの花という光景は少なくなりました。菊が咲くとまたにぎやかになるでしょうけど。


市原労災病院です。ここは脊柱管狭窄症の専門医がいるとのことで遠くからも患者が来るそうです。この病院で手術をしたという高齢者お二人にあいましたが、手術が成功して痛みが取れる例は少ないと聞きました。



曼殊沙華の赤と白





アキニレの実




posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ツルドクダミ?と書かれた植物、オカワカメではないでしょうか?
隣のお宅で樽のような大きな鉢で栽培されており、
花がしだれて綺麗なので、名前を教えていただいた植物にそっくりです。
葉は火を通すとワカメのような見栄えになるとおっしゃっていました。
Posted by モトコ at 2020年10月19日 06:16
モトコさん 多謝です。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年10月19日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。