トランプはマスクをしなかったからコロナにかかった: ずくなしの冷や水

2020年10月07日

トランプはマスクをしなかったからコロナにかかった

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/2のツイート
My son just heard the news and said aloud (unprompted):
“Donald Trump got COVID because he was a naughty man for not wearing a mask”
Oh boy. #COVID19
私の息子はちょうどそのニュースを聞いて思わず声に出して言った:
「ドナルド・トランプは、マスクをつけない行儀の悪い男だったので、COVIDになったんだ」

米国の感染拡大状況は、数値指標で追ってきましたが、なぜ止められないのかとずっと疑問に。

米国の一部では、マスクなどの顔の覆いを着けることを法律で禁じているところもあるんですね。

共和党は、特に顔のカバーに否定的だと言います。

顔のカバーといえば、米国ではマスクでなく覆面になるのでしょう。銃が市販されている社会ですから覆面は犯罪に結びつきます。

※ 青藍(猫岳)@Seiranmakoto氏の2020/10/2のツイート
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤情報の拡散を世界で最も牽引したのはドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領だとする論文が1日、米コーネル大学(Cornell University)の研究チームによって発表された。
https://afpbb.com/articles/-/330

米国での新コロナウィルスの蔓延は、米国社会の病と通じるところがあります。支配階層は、これまで蔓延を免れてきた面があってもいつまでもそれが続けられることはない。

トランプの発症は、まさに米国社会が新コロナウィルスとの戦いに敗北しつつあることの現れと見ています。感染者、死亡者はさらに増えると考えざるを得ません。

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/7のツイート
Breaking−new military aides to Trump have now tested #COVID19 positive. That makes 33 in first degree direct orbit within past week.


CDCがガイダンスを変更しています。



posted by ZUKUNASHI at 01:00| Comment(4) | Covid19
この記事へのコメント
残念ながらマスクに
新型コロナ感染防止の
根拠、すなわちエビデンス
はありません。
逆に免疫が抑制されるというデータは
ありましたが・・

利益相反の関係上コロナ劇場に
異を唱えることが出来ない学者さん
ばかりですが(笑)

PCR検査の信頼性もさることながら
そもそもそれが何を見ているか
武漢で報告された新型コロナのトンデモ論文から、何が導きだされたのか?
いまだに精製、分離もされていない(感染研のは取り下げられましたね、謎です)、病態に至る機序が解明も証明もされていないものの何を皆さんが信じているのか私にはわかりません。
報道ですか?報道の自由度ランキング67位の?ろくに精査もされていない報告ですか?
ちなみにWHOは検査しなくてもコロナ死者にカウントOKという指針をだしています(笑)

何故、PCR検査が感染症の治療の根拠にならないのか(PCR検査キットが研究用のみしかないのか?)
皆さんご自分で調べてみると良いと思います。まぁメーカーに問い合わせるのが早いですがね。

PCR検査の開発者であるキャリー・マリスは
とことん感染症とされるものに真摯に
向き合った人でした。
たとえば巷で言われているAIDSなる
ものを規定する論文にまともに
査読に耐えうるものがないとか嘆きつつ
レターを研究者に片っ端から送り付け
パーティーの現場で質問責めにする
ような人です。

あとWHO(笑)なる機関がなにをやらかしたか
海外のニュースをたどるとしょうもないニュースにぶちあたりますが。

安くて有用な薬に毒をちょっと盛らないかと
買収しようとしたりね(笑)

まぁ氷山の一角ですが。

製薬会社のプランディングや、
海外の活動状況をつぶさに観ていけば
あまりの先見性に脱帽したくなります(笑)

予言者でも雇ってるのかというくらい。
Posted by 刹那 at 2020年10月07日 00:11
マスクの効果については、科学的証明という意味でエビデンスがなくても、経験的に効果ありと判断されれば使えばよいのでは?
すべてが厳密に証明されるまでは何も動くべきではないという考え方もありましょうが、それを待てない人は科学的証明が得られなくてもその時点で得られた知見で動かざるを得ないし、動くべきです。
WHOは、今回も途中の段階でおかしなことをやっていました。
CDCですら空気感染を公式に認めたのはこの1両日です。
自らが感染のリスクの外にいて下界を眺めているのでなければ、やはり行動せざるを得ない。その際にはその時点で最も確からしい知見に依拠する。それが国際機関のものであるか、あるいは米国の保健衛生機関であるかは関係なしに信用できる医師や研究者、他の国の機関の中から選択していくしかありません。
新コロナウィルスの遺伝子を解明しきれているかどうかは、ワクチンが実際に投与され始めれば明らかになるでしょう。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年10月07日 00:44
マスクは着けても構いませんが、ワクチンは絶対にうつべきではありません。
公衆衛生学の歴史上ワクチンは
常に病気を増やす効果のみ
認められた所謂、医は算術の類いのものです。
天然痘しかり、スペイン風邪しかり、ポリオ、インフルエンザ等々


まともな免疫学者でワクチンを自らに
打つという人を今だかつて一人とて
見たことがありません。

ワクチンが効くというのはワクチンに纏わる歴史を知らない、もしくは社会的立場上、そう言うしかない人々とスキームに取り込まれた大衆、そして利潤を追求する製薬会社
の織り成す幻想の世界と言っても過言ではありません。

一次資料、ワクチンの歴史に関する文献
を読み漁る暇は皆さんないでしょうから
余裕がある時にでも調べてみてください。

もちろん、自らの身体で実験したい人々はご自由にうってもらって結構ですが、開発した人々すら治験の結果に戦慄するような、ヤバ・・素晴らしいワクチンですから。

孫の顔が見たい、将来家族を持ちたいと
考える人は絶対打ってはいけません。
御用メディアですら懸念の声を載せるくらい
の代物です。

Posted by 刹那 at 2020年10月07日 19:50
私は基本的に薬が嫌いなので毎年インフルエンザワクチンの無料券をもらいますが使っていません。開業医は勧めますけど、どこかに大事にしまって見つからないとか言ってごまかしています。

子宮頸がんワクチンのことを取り上げたら推進の立場の人からコメントが来て、特に推進派の中心にいる人はこんなに礼儀知らずなのかと認識を改めました。
積極的にやめろと言うほどの知識もありませんが、新コロナウィルスについてもワクチンについては慎重に見ています。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年10月07日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。