レストランやバーに行く人は陽性者が多い 当然でしょう: ずくなしの冷や水

2020年09月21日

レストランやバーに行く人は陽性者が多い 当然でしょう

日刊ゲンダイ 9/17(木) 9:26配信
コロナ陽性者が陰性者に比べ共通して取っていた行動は…米CDC発表が波紋
 感染者が600万人を超えているにもかかわらず、レストランなどの営業規制が次々に緩和されているアメリカで、飲食に関する新たなリスクをCDC(米疾病対策センター)が発表し、波紋が広がっています。
 その根拠となったのは、CDCの依頼でバンダービルト大学病院が7月に行ったある調査です。
 まずカリフォルニア、コロラド、マサチューセッツなど10州から新型コロナと思われる症状のある約300人に検査を実施。その約半分が陽性反応でした。そして検査を受けた全員に「その前の2週間に何をしていたか」を質問したところ、陽性も陰性も含めほとんどの人が共通して教会、ヘアサロン、ジムなどに行っていました。
 しかし驚いたのは、陽性者はそうでない人に比べ、レストランやバーに行ったと答えた率が約2倍多かったことです。つまり、彼らはレストランやバーで飲食中に感染した確率が高いと考えられるわけです。
 バンダービルト大学病院の医師は、「教会やヘアサロンではマスクをしたままでいられるが、飲食ではそうはいかない」、さらに「対面での飲食などどうしても人と人との距離が近くなってしまうのも要因」と述べています。

・・・・・

何で今頃こんな記事が波紋を呼ぶ?
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。