この若い女性 本当に気の毒ですね: ずくなしの冷や水

2020年09月20日

この若い女性 本当に気の毒ですね

2020/9/19 05:30神戸新聞NEXT
仕事と介護で睡眠2時間 相次ぐ暴言、徘徊を我慢 祖母殺害へ至る過酷な日々
 自宅で介護中の祖母を殺害したとして、殺人罪に問われた神戸市須磨区の元幼稚園教諭の女(22)の裁判員裁判の判決が18日、神戸地裁であり、飯島健太郎裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。介護と仕事の両立に心身をすり減らし、SOSは周囲に届かない−。裁判を通して見えたのは、若年世代による認知症介護の過酷さだった。被告の女は法廷で、介護で蓄積したストレスや心境の変化を詳細に語った。

・・・・・

私こうなったらどうしようかな。一人で住んでいれば、殺したり殺されしないけど。

介護施設はカネかかるし、何もできなくなるな。もちろん徘徊も。

徘徊して行き倒れても、孤独死しても本望ですと周りに話しておこう。

何度も書きますが、年寄りのわがままを聞くことはありません。上手にいなして応じないことです。自分で動けなくなったら、もう人の手を借りるのも最小限にしてもらいましょう。無理を聞くことが親孝行ではない。そんなことは社会的に全く意味がないこと。
posted by ZUKUNASHI at 16:21| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。