米国の仕掛けるカラー革命の手口がロシアに把握されてしまった: ずくなしの冷や水

2020年09月21日

米国の仕掛けるカラー革命の手口がロシアに把握されてしまった

ロシアの情報当局のトップがベルラーシの反政府行動の背景を詳しく把握しているようです。ベラルーシはロシアと社会政治的に密接ですから反政府運動の内部の情報も丸わかりでしょう。

曜日によって何万人ものデモが現れたり消えたりすることに疑問を抱いていましたが、一人1日動員費5千円なら1万人動員しても5千万円にしかなりません。米国は早くから何十億円も投じていたようですから資金は豊富。反政府運動に人が集まりますね。

RT 16 Sep, 2020 19:03 / Updated 9 hours ago
Another color revolution? US orchestrating Belarusian unrest, says Russian spy chief Naryshkin; Belarus' leader Lukashenko agrees
もう一つの色革命? 米国はベラルーシの騒乱を組織化しているとロシアのスパイ責任者ナリシキンは言う。ベラルーシの指導者ルカシェンコは同意する

The director of Russia’s foreign intelligence service (SVR) has accused the US of fomenting anti-government demonstrations in Belarus. Spy boss Sergey Naryshkin says Washington provided about $20 million to bolster the opposition.
ロシアの外国諜報機関(SVR)の局長は、ベラルーシでの反政府デモを煽動したとして米国を非難した。 スパイのボス、セルゲイナリシキンは、ワシントンが反対派を強化するために約2,000万ドルを提供したと言います。

His comments came as the president of Belarus said that – what he called – the orchestrators of the current events planned their tactics in accordance with the classic American textbook of color revolutions. Speaking on Wednesday, Alexander Lukashenko added that the turmoil had been plotted by Western countries for over a decade.
彼のコメントは、ベラルーシの大統領がこれらの事件の - 彼が言うところの - 編曲家が色革命の古典的なアメリカの教科書に従って彼らの戦術を計画したと述べた際になされました。水曜日の話の中で、アレクサンドル・ルカシェンコは、混乱は10年以上にわたって西側諸国によって計画されたと付け加えました。

“According to the available information, the United States is playing a pivotal role in the current events in Belarus,” Naryshkin alleged in a statement. “Though publically Washington tries to keep a low profile, once the massive street demonstrations began, the Americans stepped up funding to the Belarusian anti-government forces to the tune of tens of millions of dollars.”
「利用可能な情報によると、米国は現在のベラルーシでの出来事において極めて重要な役割を果たしている」とナルーシキンは声明で主張した。「公的にワシントンは控えめな姿勢を維持しようとしますが、大規模な街頭デモが始まると、アメリカ人はベラルーシの反政府勢力への資金を数千万ドルに引き上げました。」

He stressed the obvious signs of Western involvement in the events in Belarus. “The demonstrations have been well organized from the very outset and coordinated from abroad,” the SVR chief said. “It is noteworthy that the West had launched the groundwork for the protests long before the elections. The United States in 2019 and early 2020 used various NGOs to provide about $20 million for staging anti-government demonstrations.”
彼はベラルーシでの出来事への西側の関与の明らかな兆候を強調した。 「デモンストレーションは当初からうまく組織されており、海外から調整されていた」とSVRの責任者は述べた。 「選挙のずっと前に西側が抗議行動の土台を作ったことは注目に値する。米国は2019年と2020年初頭にさまざまなNGOを利用して、反政府デモの実行に約2,000万ドルを提供しました。」

The intelligence boss explained that the money was used to create a network of “ostensibly independent bloggers” and information accounts on social networks and to train activists for street demonstrations. “Some of them underwent training in Poland, Lithuania and Ukraine, where experienced US instructors coached them to stage ‘non-violent’ protests,” Naryshkin said.
インテリジェンスのボスは、このお金は「表面上独立したブロガー」のネットワークとソーシャルネットワーク上の情報アカウントを作成し、活動家を街頭デモのために訓練するために使用されたと説明しました。 「彼らの一部はポーランド、リトアニア、ウクライナで訓練を受け、そこで経験豊富な米国の指導者が「非暴力」抗議を演じるよう指導した」とナリシキンは語った。

He remarked that “the United States is closely mentoring former presidential candidate Svetlana Tikhanovskaya and other opposition activists, whom they try to present in the guise of ‘popular leaders’ and future top officials of a ‘democratic Belarus.’”
「米国は元大統領候補のスヴェトラーナティハノフスカヤと他の野党活動家を密接に指導しており、彼らを「人気のある指導者」そしいて「民主的なベラルーシ」の将来の最高幹部を装って提示しようとしている」と述べた。

“In its contacts with its European allies, Washington insists on increasing pressure on Minsk in order to force the legitimate authorities of Belarus to start a dialogue with the so-called Coordination Council on a ‘handover of power,’” Naryshkin continued. “In fact it is a poorly camouflaged attempt to stage another color revolution and anti-constitutional coup, having nothing to do with the interests of the Belarusian people.”
「ヨーロッパの同盟国との接触において、ワシントンはベラルーシの正当な当局に「権力の引き継ぎ」についていわゆる調整評議会との対話を開始するよう強制するためにミンスクへの圧力の増大を主張している」とナリシキンは続けた。 「実際、それはベラルーシの人々の利益とは何の関係もない、別の色革命と反憲法クーデターを上演するための、ほとんど偽装されていない試みです。」

In separate comments, Lukashenko expressed similar sentiments. He said that over the past ten years the opposition had been meticulously preparing for the present crisis. “A step-by-step analysis of the events in the country reveals the true plans and tactics of the external aggressors of Belarus,” state news agencBelTA quoted him as saying.
別のコメントで、ルカシェンコは同様の感情を表明しました。彼は過去10年間、野党は現在の危機に向けて細心の注意を払っていたと述べた。 「国の出来事の段階的な分析はベラルーシの外部の侵略者の本当の計画と戦術を明らかにします」と同国のニュース機関BelTAは彼の発言を引用した。

“In order to unmask them all at once, let us name the players. At the level of global centers this is above all the United States of America, more precisely – their network of foundations to support the so-called democracy,” he alleged. “In the European continent the American satellites were the most active, including Poland, Lithuania, Czech Republic, and, unfortunately, our Ukraine.”
「一度にそれらの仮面を引きはがすために、プレイヤーに名前を付けましょう。グローバルセンターのレベルでは、これはとりわけアメリカ合衆国、より正確には、いわゆる民主主義を支持する彼らの財団のネットワークである」と彼は主張した。 「ヨーロッパ大陸では、ポーランド、リトアニア、チェコ共和国、そして残念ながら私たちのウクライナを含むアメリカの衛星国が最も活発でした。」

Each of these countries played its part, Lukashenko stressed. “The Czech Republic for a long time [served] as a resource hub, Poland at first [served] as an incubator of media channels (Belsat, NEXTA, and others) and then – as a platform for alternative agencies in exile,” he elaborated. “Lithuania, peeved by the BelNPP (Belarusian nuclear power plant – TASS) issue [served] as a battering ram of Belarusian-European relations. Ukraine, despite our constant support for it (for example, in the issues of territorial integrity and in many others), despite the spirit of our relationship, became the outpost of political provocations.”
これらの国々がそれぞれの役割を果たしているとルカシェンコは強調した。 「チェコ共和国は長い間リソースハブとして機能し、ポーランドは最初にメディアチャネル(ベルサット、ネクサなど)のインキュベーターとして機能し、その後、亡命中の代替機関のプラットフォームとして機能したと彼は解説した。「リトアニアは、BelNPP(ベラルーシ原子力発電所– TASS)の問題に見舞われ、ベラルーシとヨーロッパの関係の暴れ回る雄羊として役立った。ウクライナは、それに対する私たちの絶え間ない支援にもかかわらず(たとえば、領土保全の問題や他の多くの問題において)、私たちの関係の精神にもかかわらず、政治的挑発の前哨地となりました。」

“Thus, we clearly see the subjects of this process, their middlemen and abettors,” he continued. “The tactics of the masterminds was built in accordance with the classic American textbook of color revolutions by well-known Gene Sharp. Now we can look back and analyze in detail all stages of the scenario to destroy our country which we, fortunately, staved off and will never let happen,” he added. “Trying to embroil the country in a lengthy political and economic crisis, the protest coordinators hand out instructions for economic resistance as they put it, or tax evasion, non-payment of utility bills, withdrawals from trade unions and so on.”
「このように、我々はこのプロセスの主題、彼らの仲介人と有権者をはっきりと見る」と彼は続けた。 「首謀者の戦術は、有名なジーン・シャープによる色革命の古典的なアメリカの教科書に従って構築されました。幸いなことに、私たちが幸運にも食い止めて、決して起こさせない国の破壊シナリオのすべての段階を振り返って詳細に分析することができます」と彼は付け加えた。 「長期にわたる政治的および経済的危機に国を巻き込むことを試みて、抗議行動コーディネーターは同時に経済的抵抗のため、脱税、公共料金の不払い、労働組合からの脱退などの指示を出します。」

Lukashenko didn't stop there. “The 2020 Belarusian scenario consists of an alloy of the most effective color [revolutions] techniques of destabilization which have been tested in a variety of countries. It is obvious that the stake is on the scale and duration of the protests, on wearing the strength down and on draining up resources,” the long-time leader went on. “We know those in charge pursuing some goals in Belarus, so we do not relax and are ready to respond to any challenge.”

Nationwide demonstrations have engulfed Belarus since the August 9 presidential election. According to the Central Election Commission’s official results, Lukashenko won by a landslide, garnering 80.10 percent of the vote. His closest rival in the race, Tikhanovskaya, came second, with 10.12 percent, but she refused to recognize the election’s outcome and left the country within days. The results are widely believed to have been falsified.

After exit polls were released, mass protests erupted in downtown Minsk and other Belarusian cities. During the early post-election period, the rallies snowballed into fierce clashes between protesters and police. Protests are being encouraged by the opposition’s Coordination Council. In response, the Belarusian authorities have demanded that the unauthorized demonstrations be stopped.
posted by ZUKUNASHI at 00:34| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
ボケ老人のトランプ大統領の巨額のコロナ対策費用は、もちろん米国奴隷の日本人が負担しますよ。軍神安倍総理の偉大なる後継者菅総理 ぶきみな世の中になりますね。売国奴、万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年09月17日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。