ALPSの操作時に生じた放射線の大気への影響はすさまじかった: ずくなしの冷や水

2020年08月03日

ALPSの操作時に生じた放射線の大気への影響はすさまじかった

2015年に長者原の定点カメラからFIを眺めていると、一瞬にして鉄塔が見えなくなったり、また姿を現したりすることがよくあった。このころは、ALPSの能力についての問題が指摘されながらも一応連続的に稼働していた時期だ。
2015/1/28




このALPSで処理した処理水は当初トリチウムが主たる放射性物質とされていたが、その後とんでもないごまかしであることが判明。
今では汚染水と呼ばれることも多い。

タンクにたくさんたまったこの水を海に捨てようとする事業者側と反対する住民など。厳しい折衝が続いているが、独立ジャーナリストなどが追ってくれている。

2015年01月29日
福島第一原発で海霧でもなくモヤが湧いてすぐ消える 大規模な霧箱実験のようなものかも
2015年02月09日
福島第一原発で何が起きているか 誰か説明して欲しいが無理だろう 誰にも分からないミステリアスな秘境になった
2015年07月25日
あなたも福島第一原発構内で生じている壮大な霧箱現象を観察してみませんか


posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。