テロリストは新コロナウィルスの保有者で残る: ずくなしの冷や水

2020年07月29日

テロリストは新コロナウィルスの保有者で残る

シリアでも新コロナウィルスによる感染が生じています。シリア軍は消毒を行っています。

この兵士たちがどんな消毒作業を待っているのかわかりませんが、とにかく感染拡大に意を用いているようです。もともと生物兵器は、兵士に感染させれば最も効果が大きい。



一方、イドリブのテロリストには感染防止措置は取られていないはずです。トルコが感染防止策にカネを使うとは思えない。ホワイトヘルメットが消毒薬の噴霧器を持ち運んでいたりする場面が見られますが、あれは小道具です。

感染したテロリストを敵地に送り込めばまさに生物兵器、人間兵器です。殺害しても、ウィルス感染のおそれは残ります。地球上から新コロナウィルスが消えることを期待するのは無理かもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 10:30| Comment(6) | Covid19
この記事へのコメント
以前紅茶が感染予防になるかもと
教えてくれた専門家が
やっと重い口を開いてくれました。

現在
新型コロナウイルス感染疑いの
人々を対象にPCR検査を
大々的に行っていますが
残念ながらこんなものは
何の証拠にもなりえません。

我々が既に体内及び体表面に
保持している常在の
ウイルス様の物質、エクソソーム、
常在菌、不可解なものとしてはウズラのタマゴ、パパイヤ、もう書ききれないほどの
病原体や物質に反応します。

そもそも
PCR検査キットのマニュアルにも
非特異的にさまざまなウイルスや物質に反応
してしまうと書いてあり感染症の判定には
使うなと書いてある。
つまり普通の風邪、即ち
症状がでない従来型の
コロナウイルスでも簡単に
陽性になってしまう。

これをもって感染症対策をする
というのは
正気の沙汰ではない。
偽科学の範疇でしかない。
何の根拠にもならない代物です。

このことは厚労省の記者会見の場でも
徳島大学の先生もおっしゃていましたが
この先生が言っていることは本当かと
件の専門家に問いただしたところ「本当だよ」と一言・・

わかってはいましたが信頼のおける専門家に言われるとショックでありました。

まだまだ隠謀論者としては未熟者であることを痛感した次第です。
敬愛する故・安保徹先生が聞いたら
呆れられてしまいますね。

では、本当に重篤な肺炎等、味覚障害を
引き起こす疾患にはなにがあるか
結構該当するものがありますねぇ。
感染症には限らない。

皆さんも調べてみてください。
その原因も

今回の新型コロナはPCR検査を
やめなければ永遠に収束しません。
ダラダラと延々と続きます。
検査対象を広げれば広げるほど
感染者は増え続けます。

当たり前です。
そういうものですから。

ただ、コロナの名のもとに何かを撒かれている、もしくはなにかを浴びせられている
可能性はあります。

だから超過死亡を調べることには
水増しであれなんであれ数字には
意味があります。

311の時は放射性物質の害を
過小評価していたマスゴミが
今回はコロナ危機を煽りまくる。

そして思い出してください。
311の時テレビはどこもかしこも
ひたすら同じCMを流し続けていましたね。
刷り込むように。
なにが流れていましたか?


その結果、子宮頚がんワクチンなる
凶悪なアジュバンドを含む
不妊の毒を多くの女性が
取り込む羽目になりました。

でもね隠謀ではないのです。
調べれば簡単に出てくる事実ですから。
さらに底がある。

深く思索を巡らし我が行動方針を
決定する。

ドンパチだけが戦争ではない。


Posted by 刹那 at 2020年07月31日 00:48
シリアには本物が
撒かれるかもしれませんねぇ
本物の化学兵器ともに・・

逆説的にいえばPCR検査を
最大の規模で一気にやるのも
良いかもしれません。

夥しい感染者がいる割には
死亡率が低すぎるでしょうから。

アメリカの死者は完全に水増しで
す。
コロナ死判定すれば
お金がもらえますから。
Posted by 刹那 at 2020年07月31日 00:55
ええ、パパイヤに反応するらしいですね。パパイヤはたんぱく質分解酵素を持つんでしたっけ。パパイヤやいろいろなものに反応してもかまわないかと思っています。パパイヤやパイナップルを食べた後に検査を受けるのはその人が愚かしいということなのではないかと。
もともと、反応対象を狭くするのは試薬の作成上こんなんでしょうからある程度の感度を上げておいて、検査を受けるときに紛らわしい反応を示すものを除くという方法しかないように思いますが。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年07月31日 01:12
シリアは警戒しています。むしろ今はシリアよりもイラクに撒かれている? イラクの感染者が増えています。
イランに関しては、コマという最初に流行した都市は、巡礼が訪れる都市であるとともにIRGCの拠点があり、武漢の運動会に参加した軍人が持ち帰ったと見られています。
イランの対応は早かったですね。それなりの成果を上げたと言えると思います。
米国は、自ら人口削減を遂行という形ですね。私は流行前からウィルスが流出していたのではないかと疑っていますが。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年07月31日 01:23
以前から何かが流出していたというのは
あると思います。


自国民の上に色んな毒物まいて実験するアメリカなんか、属国にヤバイもの撒くのは朝飯前でしょうね、ましてや侵略対象ならなおさらでしょう。

トランプは検査対象数を一気に増やして
死亡率の低さをアピールするべく
感染者数の増大を企図しましたが
死亡者の水増しの指示が別系統から
出てその目的は達成出来ませんでした。

ヒドロキシクロロキンを推していたトランプもギリアドの息のかかった利益相反バリバリの御用学者に邪魔される始末、
ヒドロキシクロロキンじゃあ
安すぎて儲からないですからねぇ・・

しかしギリアド社はあからさまに治験
データを改竄したり、研究者の襲撃や、
ライバル会社の海外の生産拠点を爆破
したりとやることが荒っぽいですな。

まぁギリアド社だけに言えることでは
ないでしょうが・・




Posted by 刹那 at 2020年07月31日 16:12
日本は、ケムトレイルで撒けば簡単ですね。
イランはそうはいかないから反政府のイラン人
に手伝わせる?
シリアはドローンで?
地中海のどこかの島で生物学の研究者が殺された事件もありました。子宮頸がんワクチンの推進者の行動を見てもとにかく自分らの利益だけですね。
私の呑んでいた降圧剤の論文は捏造でしたし・・・。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年07月31日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。