ガスターが新コロナウィルス患者に効果?: ずくなしの冷や水

2020年07月26日

ガスターが新コロナウィルス患者に効果?

3か月ほど前ですが、胃腸薬のガスターのCOVID-19治療薬としての試験が始まったと報じられました。結果はまだ見ていません。ガスターは錠剤の市販薬ですね。テストでは静脈注射だそうですから量が桁違いのはず。

pharma.insights4 2020-04-27
胃腸薬ファモチジンによるCOVID-19治療の試験がニューヨーク市で進行中
【BioToday 2020/04/27】 新型コロナウイルス感染(COVID-19)患者へのちょっと意外な薬、日本ではガスター10としてよく知られる胃腸薬famotidine(ファモチジン)静注の試験が米国ニューヨーク市で実施されています。

ガスターについては、次のツイートを見かけました。
※ kei安全ピン@morikei317氏の2020/6/22のツイート
返信先: @Yamamoto0509さん
3月初旬から発症の長期微熱組です。何度かぶり返しつつ、5月末に完治? と思いましたが、6月初旬にまた派手に再燃。青息吐息の折にtweetを拝見、バファリン+ガスター+桂枝茯苓丸を飲み始めて一週間で5月末の体調に戻りました。ありがとうございました!

効果があるとされた既存の薬では、ナファモスタット、フサンがありますが、フサンは処方薬、医師の処方箋がないと買えません。アビガンよりもこちらのほうが副作用の面でもリスクが少ないのではないかと思います。彼らが飲んでいるのはどっち?

東京大学医科学研究所
新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスSARS-CoV-2の感染の最初の段階であるウイルス外膜と、感染する細胞の細胞膜との融合を阻止することで、ウイルスの侵入過程を効率的に阻止する可能性がある薬剤としてナファモスタット(Nafamostat mesylate、商品名フサン)を同定した。
本年3月初めにドイツのグループはナファモスタットの類似の薬剤であるカモスタット(Camostat mesylate、商品名フォイパン)のSARS-CoV-2に対する有効性を発表したが(参考文献1)、カモスタットと比較してナファモスタットは10 分の1以下の低濃度でウイルスの侵入過程を阻止した。
ナファモスタット、カモスタットともに急性膵炎などの治療薬剤として本邦で開発され、すでに国内で長年にわたって処方されてきた薬剤である。安全性については十分な臨床データが蓄積されており、速やかに臨床治験を行うことが可能である。

・・・・・・

日本の現場では抗ウイルス薬レムデシビルが使われているようですが、この薬は試験をやったところによって評価が違います。イランはレムデシベルを国産化したように読んだことがあります。

デキサメサゾンというステロイド薬も使われているそうです。
posted by ZUKUNASHI at 15:27| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。