感染事例を他山の石に: ずくなしの冷や水

2020年07月29日

感染事例を他山の石に

感染者を責めるとか、そんな意図はありません。個々人の自由な判断、行動の結果です。

私は、せっかくの事例ですから、感染を防止したいという人は参考にさせてもらったらよいと思います。いくつかの事例について報道でわかっている範囲で感染回避方法のコメントをします。

1 NHK 新潟市は29日、県内の大学に通う西区の20代の男子学生の感染が確認されたと発表しました。
市によりますと、男子学生は今月18日から20日まで友人と2人で大阪府内に旅行で訪れ、新潟市に戻った後、26日に味覚の低下の症状が出たということです。
・・・大阪への旅行が感染原因であることは確実、市の衛生部局もそのように推定しています。

2 NHK 新潟県は、上越市の20代の会社員の男性が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
県によりますと、男性は今月26日にせきやたんの症状が出て、28日、37度の発熱や頭痛などの症状が現れたということです。
男性は最近、県外から訪れた人と職場で接触していて、この人も同様に新型コロナウイルスに感染していることが確認されているということです。
・・・県外者との接触が原因と見られます。感染防止策を講じていなかった? なお上越市近辺では超過死亡が出た月があります。

3 livedoor news 岩手県の感染者の1名は、7月22日に関東方面のキャンプ場に移動し26日まで滞在。その際に合流した同行者の中から新型コロナ陽性患者が1名いたことから、本人がセンターに相談し判明したという。
・・・キャンプ場の場所よりも同じテントで寝泊まりした人がどこから来たかが問題。関東の人であれば感染リスクが高いことは感じなかったのか。この期間、天気が良くなくテント内での滞在が長時間にわたっただろう。

4 船橋市 2020/4中旬に陽性となった方がいったん退院したものの、体調が芳しくなく再検査の結果、結局再度陽性となっています。

再度陽性になる人の例がぽつぽつと見られます。偽陰性の問題です。

5 読売 船橋市立医療センターの新型コロナ患者専用病棟に勤務する20〜30代の女性看護師2人が感染。うち1人は、発症の数日前、入院直後でマスクの着用を拒否していた高齢の感染患者と近距離で30分以上会話をし、体調の聞き取りなどを行っていた。同病院は「看護師はマスク、防護服を着用していたが、感染している方がマスクをしていないとリスクは非常に高い。ここで感染した可能性がある」としている。
・・・わがままな高齢者の迷惑、たまりませんね。中国の病院で看護師がやっていたような高度の装備が必要では。

6 イオンタウンおゆみ野溶岩ホットヨガスタジオ専門店アミーダの従業員と客に感染者。鎌倉のホットヨガでも感染者が出ています。普通のエアロビクスなどと変わらないように思いますが、何か違うんでしょうか。屋内での体操はリスクがあります。
posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。