初期症状の組み合わせに6つのタイプ それで重症化の可能性が推定できる: ずくなしの冷や水

2020年07月20日

初期症状の組み合わせに6つのタイプ それで重症化の可能性が推定できる

farsnews2020/7/19
Six Types of COVID-19 Identified by Scientists in 'Major' Breakthrough for Treatment
TEHRAN (FNA)- Scientists have identified six distinct types of COVID-19 - each with a specific collection of symptoms - in a breakthrough that could help doctors predict which patients are most at risk.

The different forms of the disease are believed to determine its severity among those infected - and whether they are likely to need respiratory support in hospital.

Those behind the study, led by researchers from King's College London, say it will have major implications on treatment decisions during a potential second wave of coronavirus and could "save lives".

Although a continuous cough, fever and loss of smell are usually highlighted as the three key symptoms of the illness, data gathered from around 1,600 users of the COVID Symptom Study app in the UK and US shows that people can experience a wide range of different effects.

These can include headaches, muscle pains, fatigue, diarrhoea, confusion, loss of appetite, shortness of breath and more.

And researchers concluded that which of the six main cluster of symptoms each infected person suffered tended to indicate how quickly the disease would progress and how ill they were likely to get.

They presented the six distinct clusters - or "types" of COVID-19 - as follows:

'Flu-like' with no fever - Headache, loss of smell, muscle pains, cough, sore throat, chest pain, no fever.

'Flu-like' with fever - Headache, loss of smell, cough, sore throat, hoarseness, fever, loss of appetite.

Gastrointestinal - Headache, loss of smell, loss of appetite, diarrhoea, sore throat, chest pain, no cough.

Severe level one, fatigue - Headache, loss of smell, cough, fever, hoarseness, chest pain, fatigue.

Severe level two, confusion - Headache, loss of smell, loss of appetite, cough, fever, hoarseness, sore throat, chest pain, fatigue, confusion, muscle pain.

Severe level three, abdominal and respiratory - Headache, loss of smell, loss of appetite, cough, fever, hoarseness, sore throat, chest pain, fatigue, confusion, muscle pain, shortness of breath, diarrhoea, abdominal pain.

They said patients' outcomes varied significantly - from mild flu-like symptoms or a simple rash to severe disease or death.

The six clusters of symptoms - which emerged at similar points in the disease's progression - were identified by the researchers along with the likely severity that each tended to correspond with.

And the team behind the study said that while some of the listed symptoms - such as confusion, abdominal pain and shortness of breath - had not been widely linked to COVID-19, they were hallmarks of its most severe forms.

It was discovered that only 1.5% of people with cluster 1, 4.4% of people with cluster 2 and 3.3% of people with cluster 3 required breathing support.

But these figures were 8.6%, 9.9% and 19.8% for clusters 4, 5 and 6 respectively - while nearly half of the patients in cluster 6 ended up in hospital, compared with just 16% of those in cluster 1.

The researchers said that, in general, people with clusters 4, 5 or 6 tended to be older and frailer, and were more likely to be overweight and have pre-existing conditions such as diabetes or lung disease than those with type 1, 2 or 3.

Having identified the different clusters, they then combined information about patients' age, sex, BMI and pre-existing conditions with symptoms each gathered over just five days from the onset of the illness.

This allowed them to devise a model which they say predicts more accurately - and, crucially, earlier - which cluster each patient falls into and how likely they are to require hospital treatment and breathing support.

Dr Claire Steves, from King's College London, said: "These findings have important implications for care and monitoring of people who are most vulnerable to severe COVID-19.

"If you can predict who these people are at day five, you have time to give them support and early interventions such as monitoring blood oxygen and sugar levels, and ensuring they are properly hydrated - simple care that could be given at home, preventing hospitalisations and saving lives."

And Sebastien Ourselin, professor of healthcare engineering at King's College London and senior author of the study, said the research was having "a profound impact on our understanding of the extent and impact of COVID-19".

Professor Tim Spector added that the findings showed the importance of people getting into the habit of using the app daily, "helping us to stay ahead of any local hotspots or a second wave of infections".


科学者が特定したCOVID-19の症状6種類のタイプが治療法の「大きな」ブレイクスルーに
テヘラン(FNA)-科学者は6つの異なるタイプのCOVID-19を特定しました-それぞれが症状の特定のコレクションを備えています-これは画期的なことで、医師がどの患者が最も危険にさらされているかを予測するのに役立ちます。

さまざまな形態の疾患によって、感染者の重症度が決定され、病院で呼吸のサポートが必要になるかどうかが決まると考えられています。

キングスカレッジロンドンの研究者が率いるこの研究の背後にいる人々は、それがコロナウイルスの第2波の可能性のある間に治療決定に大きな影響を与え、「命を救う」ことができると言います。

通常、咳、発熱、臭いの消失が病気の3つの主要な症状として強調表示されますが、英国と米国のCOVID症状調査アプリの約1,600人のユーザーから収集されたデータは、人々がさまざまな異なる影響を経験しうることを示しています。

これらには、頭痛、筋肉痛、疲労、下痢、錯乱、食欲不振、息切れなどがあります。

また、研究者たちは、感染した各人が苦しんでいる6つの主要な症状のクラスターのうち、どれが病気が急速に進行し、どんな病気になるかを示す傾向があると結論付けました。

彼らは、次のように6つの異なるクラスター、つまりCOVID-19の「タイプ」を提示しました。

発熱のない「インフルエンザ類似」ーー-頭痛、匂いの喪失、筋肉痛、咳、喉の痛み、胸痛、発熱なし。

発熱を伴う「インフルエンザ類似」ーー-頭痛、臭いの喪失、咳、喉の痛み、しわがれ声、発熱、食欲不振。

胃腸-ーー頭痛、臭いの喪失、食欲不振、下痢、喉の痛み、胸の痛み、咳なし。

重度のレベル1、疲労-ーー頭痛、においの喪失、咳、発熱、しわがれ声、胸の痛み、疲労。

重度のレベル2、錯乱ーー-頭痛、嗅覚喪失、食欲不振、咳、発熱、しわがれ声、喉の痛み、胸痛、疲労、錯乱、筋肉痛。

重度のレベル3、腹部および呼吸器ーー-頭痛、嗅覚喪失、食欲不振、咳、発熱、しわがれ声、喉の痛み、胸痛、疲労、錯乱、筋肉痛、息切れ、下痢、腹痛。

彼らは、患者の転帰(病気が進行した結果、ある状態に至ること)は、軽度のインフルエンザのような症状や単純な発疹から、重篤な疾患や死に至るまで、大きく異なると述べました。

疾患の進行の同様の時点で現れた症状の6つのクラスターは、それぞれが対応する傾向がありそうな重症度とともに研究者によって特定されました。

また、調査の背後にいるチームは、混乱、腹痛、息切れなど、記載されている症状の一部はCOVID-19に広く関連していないが、それらはその最も深刻な形態の特徴であると述べた。

クラスター1の人の1.5%、クラスター2の人の4.4%、クラスター3の人の3.3%だけが呼吸サポートを必要としていることが発見されました。

しかし、これらの数値は、クラスター4、5、6でそれぞれ8.6%、9.9%、19.8%でしたが、クラスター6の患者のほぼ半分は入院しましたが、クラスター1の患者ではわずか16%でした。

研究者らは、一般的に、クラスター4、5、または6の人は年配で虚弱である傾向があり、1、2、3型の人よりも太りすぎで、糖尿病や肺疾患などの既存の疾患状態にある可能性が高いと述べています。

さまざまなクラスターを特定した後、患者の年齢、性別、BMI、および既存の疾患状態に関する情報を、それぞれ発症からわずか5日間で収集された症状と組み合わせました。

これにより、各患者がどのクラスターに分類されるか、そして病院での治療と呼吸のサポートが必要になる可能性がどの程度高いかを、より正確に、そして重要なことに、早期に予測できるモデルを考案することができました。

キングスカレッジロンドンのクレアスティーブス博士は、次のように述べています。

「これらの人々が5日目に誰であるか(どのクラスターのタイプであるか)を予測できる場合、彼らにサポートと早期の介入(血中酸素および糖レベルの監視、適切な水分補給の確認など)をする時間があります。自宅で行うことができる簡単なケアで入院を防ぎ、命を救うことができます。」

また、キングズカレッジロンドンのヘルスケアエンジニアリングの教授であり、この研究の筆頭著者でもあるセバスチャンアウセリン氏は、この研究は「COVID-19の範囲と影響に関する私たちの理解に大きな影響を与えた」と語った。

ティムスペクター教授は、この調査結果は、アプリを毎日使用する習慣を身に付けることが重要であることを示し、「地域のホットスポットや感染の第2の波に先んじる手助けをしてくれます」と付け加えました。
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。