人口の一部は新コロナウィルスに感染していなくてもすでに免疫を持っている可能性: ずくなしの冷や水

2020年07月18日

人口の一部は新コロナウィルスに感染していなくてもすでに免疫を持っている可能性

RT2020/7/17
Your past seasonal colds could actually SAVE you from Covid-19, Oxford study suggests
According to research, some of the population may already have immunity to the deadly coronavirus without having been infected. If this proves to be true, it could limit the further mortal consequences of the disease worldwide.

A group of scientists from Oxford University conducted a new study which suggests exposure to seasonal coronaviruses – including the common cold – could already have provided the population with the immunity needed “to mitigate a potential second wave” of Covid-19.
オックスフォード大学の科学者グループは、風邪を含む季節性コロナウイルスへの曝露がすでにCovid-19の「潜在的な第2波を緩和する」ために必要な免疫力を住民に提供している可能性があることを示唆する新しい研究を実施しました。

The paper is yet to be peer-reviewed, but if it’s proven credible, it could be a huge breakthrough in the fight against coronavirus.

While it’s widely believed that the herd immunity threshold (HIT) “required to prevent a resurgence of the virus” should exceed 50% “for any epidemiological setting,” Oxford scientists demonstrated that it “may be greatly reduced if a fraction of the population is unable to transmit the virus due to innate resistance or cross-protection from exposure to seasonal coronaviruses.”

The herd immunity threshold is passed once a large enough percentage of the population becomes resistant to the infection, resulting in a collective form of protection.
The researchers found that the percentage of the population needed for the Covid-19 HIT could, in reality, be just 10-20%. These results “suggest that sufficient herd-immunity may already be in place to substantially mitigate a potential second wave,” stated the paper.
集団の十分なパーセンテージが感染に耐性をもつようになると、集団免疫閾値を通過し、集団的な保護がもたらされます。
研究者たちは、Covid-19 HIT(集団免疫閾値)に必要な人口の割合は、実際にはわずか10〜20%である可能性があることを発見しました。これらの結果は、「潜在的な第2の波を大幅に緩和するのに十分な集団免疫がすでに整っている可能性があることを示唆している」と論文は述べています。

Meanwhile, according to the European Centre for Disease Prevention and Control, in Europe – including the UK – the HIT degree is still too low to claim that it’s strong enough to resist a new pandemic wave. “It is unlikely that population immunity levels reached by winter 2020-2021 will be sufficient for indirect protection,” it said.
一方、ヨーロッパの疾病予防管理センターによると、英国を含むヨーロッパでは、HITの度合いはまだ低く、新しいパンデミックの波に耐えるのに十分な強さであるとは言えません。 「2020年から2021年の冬までに到達する人口免疫レベルが間接的な保護に十分であるとは思われない」。

The second coronavirus wave could strike the world in winter and be two or even three times deadlier than the first, British scientists have warned. This would echo what happened in the 20th century with the Spanish flu. Scientists warn that lifting lockdown restrictions too early could definitely trigger new massive outbreaks.
第二のコロナウイルスの波は冬に世界を襲い、最初のコロナウイルスの2倍から3倍も死ぬ可能性があるとイギリスの科学者たちは警告している。これは、スペインのインフルエンザで20世紀に起こったことを反映しています。科学者たちは、ロックダウン制限を早すぎる時期に解除すると、間違いなく新たな大規模な集団発生を引き起こす可能性があると警告しています。
posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。