街から年寄りの姿が見えなくなっている: ずくなしの冷や水

2020年07月18日

街から年寄りの姿が見えなくなっている

管理人はできるだけ出歩かないようにしていますが、たまに出ると年寄りの姿が見えません。知人も年寄りが家から出なくなっていると言っています。

政府がこれだけ無策ですと、年寄りが街中に出ると感染の危険があると感じるのは無理からぬこと。

最近は、企業が従業員の感染を開示する例が増えており、コーヒーショップ、洋菓子店、デパート、学校、警察官ともう業種、職種を問わず感染者が出ています。それも若い人が主。その辺で見かける兄ちゃんや姉ちゃんの中に感染者がいる。

完全に市中感染による蔓延です。

若い方の闘病事例を見ると大変つらいものであることがわかります。

※ イオ@コロナ闘病中(21歳)学生@ioio060氏の2020/7/16のツイート
3月に発症して前から辛い時に励まし合ってきた子ですけど、未だに辛い時はこんな状況ですよ…発症から110日以上経ってもこれですよ!コロナ後遺症の恐ろしさわかりましたか?話聞いてるといつも可哀想すぎる…

※ 赤ちゃん@コロナ闘病中10代学生@akachanman6221氏の2020/7/16のツイート
朝から殴られたような激しい頭痛
全く起き上がれない強烈な倦怠感
肺の痛み、喉の違和感
38.2℃右向き矢印38.3℃
今日は起きているだけでも辛い状況で朝から何も食べれていません。携帯を触るのも辛く、ツイートはほとんど出来ませんでした。
今はほんの少しマシになりました。でも体調はかなり悪いです。

若い人は感染しないとか、症状はないかあっても軽いなどというデマを飛ばした人の責任は大きい。

朝目覚めると管理人はすぐに次の点検を行います。
(ベッドの縁に掛けて)立ち上がれるか
(歩き始めて)ふらつきはないか
目の焦点がぼけていないか
(トイレで)尿が支障なく出るか
(コーヒーを入れながら)頭痛はないか、香りがするか(嗅覚チェック)
熱はないか
だるさはないか

最初の三つは血圧上昇がないことを確認するものです。四つ目は中高年男性に特有な障害の確認。その次の三つは新コロナウィルス感染発症の有無を確認します。そしてパソコンを付けてブログの記事を書こうかとの気持ちが出れば、まあ、特に問題はないと安心。こんな毎日です。
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(2) | Covid19
この記事へのコメント
ずくなしさん、いつもお世話になってます。

私も朝、コーヒーを淹れるのが習慣になっていますが、
コロナが流行ってからは
「ちゃんとコーヒーが香るか」を意識するようになりました。
そして、よしよし、今日も香っている、
臭覚障害はないようだと安心するのです。


Posted by モトコ at 2020年07月17日 12:24
こんにちは こちらこそお世話になっています。
モトコさんの介護記録を拝見して、娘がいない私は、介護施設に入らなくて済むようにしなくてはと決意を新たにしています。介護施設に高いカネを払って入り、感染させられて苦しみながら死ぬなんてとんでもない。
そうでしたね、嗅覚を失って感染に気付いた人もいますから、割と早い段階で出るようですね。
バラとか今盛りでしょうからかなり匂いませんか。自然の植物の香りを嗅覚チェックに使うのは良いです。くちなし、ゆりと続きました。草や木の花の香は、1週間もすると消えてしまうので嫌になりませんね。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年07月17日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。