沖縄米軍基地でクラスター 数十人に新型コロナ感染を確認: ずくなしの冷や水

2020年07月11日

沖縄米軍基地でクラスター 数十人に新型コロナ感染を確認

琉球新報電子版2020年7月11日 18:14
沖縄でクラスター発生の米軍2基地、玉城知事が閉鎖要請へ 普天間飛行場とキャンプ・ハンセン
沖縄県内の米軍施設で11日までに60人以上が新型コロナウイルスに感染した問題に関し、玉城デニー知事は11日の記者会見で「クラスター(集団感染)」が発生した普天間飛行場(宜野湾市)とキャンプ・ハンセン(金武町、宜野座村、恩納村、名護市)の閉鎖を米軍と日本政府に要請する考えを示した。
 感染者の増加について、玉城知事は「衝撃を受け、短期間で多数発生したことは誠に遺憾だ。米軍の感染対策に強い疑念を抱かざるを得ない」と語った。知事は11日中に在沖米四軍調整官と電話会談する方針だ。
 日本政府への要請は謝花喜一郎副知事が沖縄防衛局と外務省沖縄事務所に対して実施した。感染者数の公表や本国からの移動停止、海兵隊のローテーション配備の人数公表、医療体制に関する情報提供なども求めた。
 玉城知事は感染者数について「多数」と表現した。米軍側から具体的な人数を知らされていないという。【琉球新報電子版】

・・・引用終わり・・・

このブログでは、警告 新コロナウィルス 感染再拡大の記事に、2020/7/3、注意事項の筆頭として次のように書きました。
対策
@ 米軍基地関係者との接触を避ける。米兵は入国時の検疫を受けていません。

予想通りの進展です。

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/7/11のツイート
ひどいですね。陽性者を基地外で隔離して、沖縄県民に移るのはおかまいなし、と。
北谷町長「説明なく、容認できない」 米海兵隊の町内ホテル隔離施設使用、沖縄防衛局に抗議  - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

・・・引用終わり・・・

米軍が世界中で何をやっているか、その実態を知っていれば、このような事態を招くであろうことは容易に推定できます。なぜ、私が海外情報を追っているか、わかりましたか?

毎日新聞2020年7月11日 22時56分(最終更新 7月11日 22時56分)
沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施
沖縄県は11日、在沖縄米軍からの連絡で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)と米軍キャンプ・ハンセン(金武(きん)町など)で新たに米軍関係者45人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。具体的な人数について米軍は当初公表しないよう求めていたが、県が明らかにした。
 県内の米軍基地では7月に入って感染が相次いで確認されており、7日から11日までの感染者は計61人となった。県は基地内で大規模なクラスター(感染者集団)が発生しているとみて警戒を強めている。
 玉城(たまき)デニー知事は11日夜、在沖縄米軍トップのクラーディ4軍調整官と電話で協議し、普天間飛行場とキャンプ・ハンセンの封鎖や感染者数の公表、米国から沖縄への移動中止などを求めた。クラーディ氏は「普天間飛行場とハンセンについては、ロックダウンを行っている」と説明したという。
 玉城知事は県庁での記者会見で「衝撃を受けている。県民が一丸となって感染防止に取り組む中、極めて遺憾で、米軍の感染防止対策に強い疑念を抱かざるをえない。米軍基地の過重な負担を押しつけられている苦しみを国はしっかりと捉えてほしい」と述べた。【遠藤孝康】
posted by ZUKUNASHI at 22:09| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。