常用パソコン クリーンインストール: ずくなしの冷や水

2020年07月11日

常用パソコン クリーンインストール

中東の某国から攻撃を受けているようなので、対策を講じています。ネットの複線化を終えました。マルウェア除去のソフトを使ってもまだおかしいので、クリーンインストールを決断。

基本的に、PCに入っているソフトを全部更新する覚悟で臨みます。自分が作ったファイルだけは何が何でも残さなければと、バックアップを取りました。300GBの外付けハードディスクが3500円ほど。すぐ認識されました。これは便利。大容量のUSBメモリーの二つ分くらいの値段。

定期的なファイルバックアップにこれを使っていきます。私の常用パソコンの中にある自分が作製したファイルは、80GB程度です。動画などを記録しなければ、静止画が多くてもその程度です。古いものは別途保存してありますが。

1 外付けハードディスクに自分が作製したファイルを全部コピー。desktop、document、picture、othersのフォルダーを作ってコピーした。

ブラウザのブックマークが多い人は、予めブックマークをエクスポートしてファイルとして保存しておきます。作ったファイルをドキュメントフォルダーの中に入れておいてもよいです。

2 クリーンインストール 1時間強を要した。設定の「更新とセキュリティ」から入り、「回復」から「その他の回復オプション」。Windows10を使っていれば、最新のWindows10が入りますがPCのスペックに制約があると、最新版が入るとは限らないはずです。

3 PCの中のdesktop、document、pictureのファイルは残っていた。消えたものがないかは照合していない。この点は、PCによって異なることがありうる。データファイルが常に残るとは考えないほうが良い。

4 ダウンロードのフォルダーも残っていた。Jtrim、ftpの一つはここから再インストール。ftpの一つを再設定。

5 FIREFOXをダウンロードしインストール。Bookmarkをインポート。ダウンロードには、Edgeを使うしかありません。

6 Thunderbirdもダウンロードしインストール。メールアカウントの設定、一部未済。FIREFOXもThunderbirdも競争相手。関係フィルも含めて全部きれいに消えました。

7 ftpの残り一つをダウンロード、インストール。設定終わり。パスワードの設定で手間取った。
以前にやった際と同じにやっても安定しない。ときどきパスワードを変えさせられるからなお分からなくなっている。

Thunderbirdのメールアドレスの設定も以前にやった際の記憶通りではうまく行かなかった。
レンタルサーバー会社のサイトを参照し、そのマニュアル記載の通りに一つずつこなしてやっと安定した。

Thunderbirdは設定のエクスポート機能がありますね。これを使ったほうが早かった。

8 いくつかのサイトにログインしてIDなどの情報を保存。 ブログ、ftp二つ、その他にもいくつかSB、SO済
ftpソフトもエクスポート機能があるようです。

9 Officeソフトが消えていた。excel、Access。再インストール。MICROSOFTのサイトにサインインすると自分のアカウントで過去にインストールしたソフトの名前とプロダクトキーが表示され、プロダクトキーの入力なくインストールできる。クリーンインストール前に表示されるofficeが残るというのはこのことか。

10 カスペルスキー 再インストール

やーなかなか大変です。2020/7/9早朝地震で起こされたので、残りの作業をやり終えました。

あらかじめ、ブラウザのブックマークをエクスポートして保存しておくことを忘れないように。FTPソフトは使わない人も多いでしょうが、メールソフトは設定のバックアップファイルを作っておいたほうが良い。

それとログイン情報は、きちんと記録しておくことです。全部EXCELに記録してあると、EXCEL再インストール前にはEXCEL Viewerが必要になります。

前にも書きましたが、IDにメールアドレスを使うことが多くなっているので、そういう用途に永続的に使うメールアドレスと、いざとなれば消してもよいメールアドレスを使い分けたらよいです。

自分でメールサーバーを管理していれば、メールアドレスはいくらでも新規の物を作れますし、消去も簡単。過去のメールを保存しておく必要があれば、そのメールアドレスのサーバー容量を減らし、保存されたメールが容量一杯になっているようにすれば、新しいメールは受け付けません。

レンタルサーバーを使っている人は、そんなにおられないでしょう。でもさくらのレンタルサーバーなら年間1500円程度でも便利に使えます。

私の場合は、レンタルサーバーがあるので、外付けハードディスクではなく、レンタルサーバーにバックアップのファイルを置けばいいのです。ですが、この方法では途中でデータを抜かれる恐れもあります。どうも不審なことが増えている。両用を考えています。とにかくPCは壊れるものです。

私はPC1台で二つの画面を使っていましたが、PC2台ディスプレイ2台使用に切り替えました。USB切り替え機でこれらのPCはオフラインでファイルをやり取りできます。マウスは二つ、キーボードは一つ。2台のPCのネット回線を別にすれば、どこかにコメントしても先方に把握されるIPはよく変動するもの一つだけです。

これで妨害が入るか様子を見ます。

現在使用のパソコンは2017年の秋に導入しましたのでもうすぐ3年になります。そろそろ考えないと。私の関心事項が、福島第一原発事故主体からプラス国際問題、そして新コロナウィルスへと移りつつあります。画像も多用するようになっています。スマホでは閲覧できないでしょう。

読者から最近ネットのスピードが遅いと聞きました。私のパソコンでスピードテストをすると日、時間帯によりスピードが倍半分です。大手電機メーカーの運営するLTE回線経由のネット接続では、日曜の夜にほとんどつながらなくなりました。

ネットの利用は加速度的に増えているはず。
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。