二通りのディフェンス 地雷除去と学位論文審査: ずくなしの冷や水

2020年07月07日

二通りのディフェンス 地雷除去と学位論文審査

次の記事は、ハバロフスクで行われた地雷除去の訓練の模様を動画で紹介しています。大変珍しい。ロシア軍は常時こういう訓練を行っていますから、シリア戦争の展開に伴って兵士や軍の警察や工作兵というのでしょうか、サッパーを送り込むことができるのです。
この訓練で使われている地雷は威力が低いもののようです。地雷除去の現場の脇からゲリラが銃撃し、これに応戦する場面もあつてよくできています。
БМР-3М против минных полей: кадры учений саперов в Хабаровском крае

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/6のツイート
Video of Eastern Military District sappers conducting a mine-clearance exercise with BRM-3M mine-clearing vehicles in Khabarovsk.
https://tvzvezda.ru/news/forces/co
https://twitter.com/i/status/1280143257905893376

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/6のツイート
Video of Eastern Military District sappers conducting a mine-clearance exercise with BRM-3M mine-clearing vehicles in Khabarovsk. 2/
https://tvzvezda.ru/news/forces/co

・・・・・

次は大学院で博士号を取ろうとする学生が、博士論文の審査を受けている場面です。新コロナウィルスのせいでオンラインでの審査になっているようです。

6月27日
@danhriceへのお祝い、PhD。 彼は今日@UM_CommStudiesでコミュニケーションプラットフォーム間の政治キャンペーンの違いに焦点を当てた素晴らしい論文の防御をしました。
-これで、彼は今秋にassistant professorの仕事を開始する準備ができました!

画面の左下に見える方が@danhrice氏です。審査員の先生が3人? 欧米の博士号の審査はなかなか厳しいものがあると言われています。
画像の上のほうに 30 participantsとありますから、審査の状況を審査員の先生のほかに25人くらいも見ていた! これはなかなかしんどい。ミシガンの大学のようです。


posted by ZUKUNASHI at 00:05| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。