モンゴルで腺ペスト発生後数日して中国で症例疑い: ずくなしの冷や水

2020年07月08日

モンゴルで腺ペスト発生後数日して中国で症例疑い

RT2020/7/5
Suspected case of BUBONIC PLAGUE registered in China, days after Mongolian outbreak

ロイター2020年7月7日 / 19:32 /
中国の腺ペスト症例、高リスクではない=WHO
[ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の報道官は7日、中国で腺ペスト感染例が報告されていることについて、「十分に制御」されており、高リスクとは考えられない、と述べた。
中国・内モンゴル自治区内のバヤンノール市当局は5日、前日に病院から腺ペストが疑われる症例が報告されたことを受け、警報を発令した。[nL4N2ED0K6]
WHOのマーガレット・ハリス報道官は「中国での感染状況を注視しており、中国および内モンゴル自治区の当局と連携している。現時点では高リスクとは考えていないが、注意してみていく」と述べた。
中世に「黒死病」と呼ばれた腺ペストは感染しやすく、死に至るケースもある。ペスト菌はネズミやリスなどの齧歯動物が保有していることが多い。中国でペスト感染が確認されることは珍しくないが、近年では流行はほとんど起きていない。
posted by ZUKUNASHI at 09:59| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
新型コロナウィルスはあそーさんも言ってる通りただの風邪です。PCR検査キットの但し書きには風邪も季節風インフルエンザ、RS、クラミジアなどに陽性出ると書いてあります。マスク、除菌、ソーシャルディスタンスは科学的に何の根拠もありません。
むしろマスクは二酸化炭素沢山吸って肺機能落ちます。
ウィルスは昼夜関係ないですし夜の街どころか厚生労働省自身が5000人抗体検査して感染率0.038%て言ってますよ。

日々の免疫アップ大事です。

腺ペストの方が物凄く怖い!かかったら致死率100%の生物兵器です。
Posted by いんかろーず at 2020年07月07日 01:00
分類学的には風邪の一種なのでしょう。コロナウィルスがそうだとされていますね。
でも、私は、何年も風邪も引いていないのです。
風邪をひきたくない、しかも高齢者が呼吸困難になることの多い風邪はごめんです。
ただ、免疫力を上げておくのが予防に効果ありとのご意見はその通りだと思います。何らかの疾患があったり、疲労が蓄積していたりすると感染しやすいことはあるようですね。感染が生じた同じ場所にいても感染を免れた人もいますから。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年07月07日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。