米国は超大国ではなくなってきている: ずくなしの冷や水

2020年07月05日

米国は超大国ではなくなってきている

世界における米国の地位が低下してきているというのは、私のかねてからの観察です。これは、政治、軍事、科学技術の面で現れています。

※ Sputnik2020年06月28日 00:05
欧州は米国のリーダーシップのない世界に向けて備えるべき=メルケル首相
ドイツのメルケル首相は26日、欧州メディアのインタビューに応じ、米国が世界のリーダーであることを志さなくてもよい新たな現実について欧州諸国は真剣に考えるべきだと述べた。

国民の保健問題でも新コロナウィルス問題ではっきりしました。
※ Prof. Keiko Torii@KeikoUToriid氏の2020/7/5のツイート
米国南部でコロナ感染爆発して二週間。早くも大統領は「もう知らな〜い。これからはウイルスと共存するのだ」と、事実を見て見ぬふり宣言。〇〇がリーダーとして君臨すると大国もすぐに滅ぶだろうという例に。。
がっかりした顔

※ 西さんの2020/7/5のコメント
今、白人が創り上げた米国は、歴史の巨大な歯車が回り始めました。2050年には、米国の白人は、少数派に転落します。米国崩壊の危機が来ます、この崩壊を防ぐためには米国をリニューアルしなければならない。

金融分野でも、米国の信用が落ちつつあります。米国の政治的プレゼンスが低下するのは歓迎しますが、金融分野で米国の地位が低下するとその過程では世界経済は大混乱になるでしょう。それがいつなのかはわかりませんが確実に近づいている。

米国に追随する英国の没落、劣化もすごいです。新コロナウィルスで米国と英国の陽性者、死者が多いのは、下層階級が感染回避をとれず、適切な医療サービスを受けられなかったためでしょう。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/7/4のツイート
マドゥーロ政権が、ベネズエラの金を引き出すのを拒否したイングランド銀行と英高等裁判所。これは強盗であるだけでなく、イギリスの銀行と裁判所の評判の死を意味する―ジョージ・ギャロウェイ
エバ・バートレットがソーシャル・ディスタンス政策に理解があると見られるジョージ・ギャロウェイを感情的に非難していましたが、社会経験や見識の広さではジョージ・ギャロウェイが上。世界に知られる女性活動家も弱点を示してしまいました。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/6/15のツイート
今、パックスアメリカーナが終わった。ドル石油支配体制も限界を迎え、アメリカ人政治家はみな世界から軽蔑され、世界中で戦争を煽りながら地上戦を戦える軍はない。アルカイダやISIS、ネオナチを使う姿もバレバレ。しかし戦争衝動が強いアメリカ

いつになるかわからないので、そっと書いておきますが、財政破綻状態の米国で金融が混乱すると、世界最大の米国債券保有国日本の円は暴落することになるのではないでしょうか。日本政府の保有する米国債券は売れないのです。巨額の資産がゼロにならないとしても大きく減価します。日米の力関係で踏み倒されることもあると考えるが常識的でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 21:30| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。