2020/7/4電磁波調査: ずくなしの冷や水

2020年07月04日

2020/7/4電磁波調査









今日の調査では、路上で瞬間的ながら18mW/m2、20mW/m2が出ました。
駅近くの商業地と住宅地が混在する地域です。土曜の午後、強風で降雨がありそうな天気ということで在宅でスマホなどを利用の方が多かったのかもしれませんが、この水準は私が測定器を手にして同時にタブレットスマホを操作した時に出る高い値です。

以前の試験では、タブレットスマホ操作開始直後167.54mW/m2まで行きました。


2台のスマホの操作を継続し、280mW/m2=280,000μW/m2まで行ったところでスマホから離れます。するすると128μW/m2に落ちました。2000分の1になったのです。


路上で手元のスマホなどを操作せずに18mW/m2、20W/m2という水準の高周波を検出したのは予想外でしたが、このような地域では、一日の長い時間この水準の強い高周波を浴びている可能性があります。
posted by ZUKUNASHI at 19:07| Comment(0) | 電磁波問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。