歩く楽しさ 歩ける喜び 2020夏: ずくなしの冷や水

2020年09月28日

歩く楽しさ 歩ける喜び 2020夏

深刻な「コロナ鬱」 全国の医師調査「精神疾患が増加」4割が回答 専門家「散歩などのメリハリは精神面にプラス」と記事にありました。管理人も鬱の解消のために2020/9/28、好天に誘われて徘徊に出ました。



白ナス。初めて見ました。


1週間遅れで彼岸花が咲いていました。村田川の堤防です。


ちはら台の東のはずれ近いところ。みな大きな家です。


蛍の泉という自然観察施設がありました。台地の下にあり湧き水でできた池に蛍がいるらしい。この前にあったベンチで休んでいたら少し離れたところを蛇が道を渡って川のほうに。自然が豊かです。船橋市などですと最近は蛇に遭遇することが少なくなっています。


駅に近くなるにつれ堤防上の道に年配男性の姿が多くなりました。歩く人、自転車の人(長距離走行用の物が多かった)。サイクリングはわかりますが、ウォーキングですと堤防は住宅街までかなり距離があるところが多いです。周遊回路でしょうがどんなコースかは想像しかねました。団地内は歩いても楽しくない。

年配男性の年齢は私より少し若い方が多かったように。ある程度の年齢になってここに家を求め今は無職でしょう。堤防上なら新コロナウィルスに気を遣うこともない。リュックを背負っているのは私たちだけでした。


2020/9/21、涼しい風が吹き午後は雨がなさそうなので出かけました。
今日のコース。千葉中央メディカルセンターの近辺へ行ってみようと思いました。この病院には、先日、暴行を受けた男性が死亡状態で玄関先に置かれていたとされています。病院自体もあまりよい評判がありませんし、私の感じとしては、この地域全体がそういう荒んだ感じがあるのではないかと思われたからです。

蘇我駅からのコース。千葉中央メディカルセンターには寄っていません。


小屋の屋根に上って栗の収穫をしている人を見かけました。投げ落とす栗がドサッと重たい音を立てています。今年の出来はまずまずだと。


県立千葉大宮高校の西側は一面の耕作放棄地です。この辺の田んぼの権利は何十年も前に農家から他者に移転しているでしょう。




大宮高校の北側にある水路には次のような覆いがしてありました。これがずーっと続きます。費用も掛かったでしょう。なぜフェンスやガードレールでなくこれになったのか通った方にお尋ねしましたが、わかりませんでした。


千葉中央メディカルセンターのほうに回ろうかどうか少し迷った末、近い経路で駅に向かうことにしましたが、そんな岐路の場所で見た竹林の繁茂ぶりです。千葉県全体で竹林が増えているとされます。


この地域には、空き家が増えています。防犯の面では好ましくありません。大宮団地も姨捨団地化が進んでいます。大宮団地から東側はまだ営農地も多く景観は保たれていると感じました。

2020/9/18、この週末も雨との予報にまた出かけました。今回は、ほんとに人に出会わないところを目指して。

今日のコース。前に行った越智階段の南を回るコースです。

何でこんなところを? とお思いになるでしょうが、緑の多いところなのです。距離8.2km。


まあ、ご覧ください。












前回は土気の街並みが見えて谷底に降りたため、また坂を上るのが大変でした。今回は土気の市街に入らず北の県道20号線に出て駅に向かいました。

2020/9/11、この週末も雨との予報に金曜日ですが出かけました。もう新コロナウィルス流行地域は止めです。友人が嫌がります。この前は利用したコンビニで感染者が出たと後で知った話をしたらとても嫌がられました。もうコンビニでアイスを買ってきてくれないでしょう。

午後1時前に目的の駅に着いて歩きだした途端雨。少し雨宿りをして降り止まないうちに歩き出しました。

大きなナツメの木、実がびっしりついています。


空を黒い雲が動いています。稲妻が光ります。この黒い雲の下は、場所によって雨が強いようです。画像の中央細い縦の部分は降雨のように見えます。


黒い雲が通り過ぎた後は白い入道雲。


初っ端に降られましたが、その後雨に当たることはありませんでした。今回、私が道を間違えてしまいました。予定したコースに比べて距離で約1km長くなっています。


少し湿度が高かったためペットボトルの水を3本ほど飲んでいます。たくさん汗をかきました。

9/11は金曜日ですし帰路の電車に乗ったのは5時を過ぎていました。上り路線ですがやはり人が多いです。土日でも外出自粛の呼びかけがあったころに比べて乗客は全般的に増えています。

スーパーの前を通ったら玄関の中に何か器械が吊るしてあり、その前に立つ人がいます。非接触型体温計でした。私もやりました。36.7度。

スマホに体温計をつないで表示させているようです。そんなアプリがあるんですね。スマホには電源供給が必要ですからBluetoothで送っている?

消毒液を使って出ていく人も多かったです。


2020/8/22、性懲りもなくまた暑い中出かけました。今度も新コロナウィルス汚染地帯へ。事前の準備を少し丁寧に行いました。出発点とする駅をどこにするか。徒歩ルートは暑さがきつくても歩け通せるか。歩き続けられなくなったら、バスなどの輸送機関が使えるか。

当初、京成勝田台、または志津辺りから歩き出そうかと思いましたが、京成沿線のこの辺りは千葉県でもなかなかの汚染地帯です。空いた路線が好ましいと思い、料金の高い東葉高速鉄道も候補に入れ、直線距離では最も近い村上駅を出発点にしました。帰路公共輸送機関を使わざる得ない場合は、ユーカリが丘の新輸送機関の利用も考えることにしました。

東葉高速鉄道に乗って北習志野だったか数駅先で若い女性と女子高校生らしき人たちが7、8人乗車し、立ったまましゃべり始めました。私たちは優先席に座っていましたが、これはいかんと友人に合図し、席を移動しました。彼らは何も気づかず優先席に座る人もいてしゃべり続けていました。この路線の利用者は用心が足りない? さらに感染拡大しますね。

次が8/22の実際の徒歩ルートです。帰路は太陽が少し高度を下げ西に向いて歩くのがつらかったのでコースが南に寄ってしまいました。合計距離8.79km。



最近は、街頭インタビューができないので徘徊もあまり楽しくないのです。

村上駅から坂を上りジョイフル本田の店舗群を過ぎた辺りから整備された林があります。この林の東側にフリーハウジングの老人が何か片づけをしていました。挨拶だけして、近くで休みました。

歩き出すと、向こうから年配男性二人組が歩いてきて、こちらが気になる様子。長ソックスに半ズボン、リュックをしょい野球帽をかぶったデブ。こいつら何しに来た? と思うのは無理ありません。以前なら話しかけていろいろ教えてもらうところですが、今はそれは止めています。

村上団地はこんな感じ。米本団地や花見川団地とは造りが違います。


どんどん歩いて八千代東高校に到達、東側に隣接する林の中を抜けました。

セントマーガレット病院


向こうに目指す施設の看板がある角が見えてきました。


谷津田を通り越し、坂を上ります。


裏門ではないかと思われます。


正門から見た建物。


周りには休むところもなく小休止して引き返します。帰りは、水田地帯の緑豊かなところを歩きました。


途中、女性が畑のかぼちゃの手入れをしていましたので、声をかけておもちゃカボチャかと聞きました。食用だそうで1個分けてくれました。私の話にうまく受け答えしてくれます。


かぼちゃのお礼になぜこんなところを通ったのか説明しました。女性は、八千代市の病院で新コロナウィルス集団感染が発生したことは知っていましたが、それが近くにある病院だとは知らなかったそうで驚いていました。ついでに緑が丘の幼児施設の集団感染、村上駅前のスーパーでも感染者が出たことを教えてあげました。みんな初耳だったようです。

かぼちゃを蒸かして食べました。甘味があっておいしかったです。ありがとうございました。

さらに進むと工場地帯の北端に達します。八千代市のごみ焼却施設があります。


ここの坂を上りましたが、カレーのような臭いがしたり何種類か異臭がしましたので、どんどん歩きます。

八千代市は、八千代緑が丘、八千代中央、村上の3つの駅にそれぞれ工場地帯ができています。物理的な加工や流通だけでなく化学工場もあって居住環境に少し疑問があります。

工場地帯を抜けるころに喉も乾き、アイスが食べたくなりましたので、コンビニを探すと100mほど離れたところに都合よく。友人にアイスを買ってもらい反対側にある市の運動施設の土留めに腰かけて食べました。日陰がありませんから暑かったです。

そして緑の陰がありそうな細い道を南に下りました。途中から住宅街に入ると木の陰もなく、太陽はさらに高度を下げましたので、とにかく一番近い駅を目指して歩きました。

この日は、少し風がありましたので午後早い時間は歩きやすかったのですが、次第に風もなくなり汗だくで勝田台駅まで歩きました。


この日は、北に向けて歩き続けたほうが距離はあっても歩きやすかったかもしれません。


この記事を書き始めたら、千葉防災 危機管理@Chiba_Bousaiが八千代病院で10代の女性看護助手の感染が判明したと伝えました。そして、ファミリーマート八千代上高野店(八千代市)の店舗勤務者が新型コロナウイルスに感染したことが8月20日に判明していたとも。

えっー、ファミリーマート八千代上高野店は、今日友人に頼んでアイスを買ってもらった店です。すぐ伝えました。本人は気にしている模様。あとあと文句を言われそうです。

こういうこと、これから多くなるんですよね。と言ってごまかそう。


2020/8/10、暑さも本格化ですので、出かけました。

まず目的地までの空いている交通機関を探します。ここで乗り換えると少し歩くが駅には人が少ない。ここは乗り換えが容易だが、乗り換え通路などに人が多い。この経路は乗り換えも楽、電車も混んでいないが運賃が高い、などと思案し、少し歩く乗り換えルートにしました。

昼少し前の鈍行電車の車内


目的地について駅のホームから写真撮影。一人の親父が道路から写真撮影。




私が撮影している間に高校生がラーメン屋に入っていきました。特に目立つことはない。私ともう一人の親父を除けば野次馬はいません。

駅の南側に出て歩き出しますが、街を歩く人は少ない。ただ、飲食店などが散らばっていながらも少し多いかという感じです。

特に目指して行ったわけではありませんが、関心先の前を通りました。


そして、今度は住宅街に入ると、どこかで聞いたことがあるような施設名「老幼の館」。友人がここで販売機から水を買い求めましたので、その間に写真撮影。帰って調べたら7/29に職員3名の感染が確認されています。


「老幼の館」近くの住宅街はこんな感じです。建物はそれほど古くなく、自家用車の停めてある家が多いです。京成臼井は東京への通勤者が多い。姨捨団地化は免れているように感じます。


この街は少し変わっていて大手証券会社の支店があります。そしてダンス教室も二つ。この街の住人は団塊の世代が家を買ったのでしょうが、比較的余裕のある文化的な家庭が多い?


平地に降りて水田脇の斜面林に沿った道路を歩きました。ですが、風がなく湿度も高くて歩くのが難儀です。熱中症防止のため水を飲みますが、少し危険も。


福島の三春町から移植したという枝垂れ桜の辺りでギブアップ。北側の道路をあきらめて南側の斜面林の陰があるはずの道路に移ります。

こちらの道を少し行くと未整備な公園があり、その先は舗装もなく草ぼうぼう。マムシを警戒してこの道路を進むのは断念し、北側に戻って日陰で休むべく台地に上がりました。

休むところを探しているとコンビニがありましたので、アイスを買ってもらって食べ始めます。コンビニの隅にバス停を発見。ここからバスで帰ることにしました。1時間に一本のバス、混んでいることはないでしょう。

コンビニで草取りをしていた80歳の婦人に聞くと、新コロナはこの辺ではオオハヤリだと。「老幼の館」の休所の話がありましたし、この辺の病院はマスクがないと中に入れてくれないとも。

まあ、当然でしょうけど。

バスがほどなく来ました。小型のコミュニティバス、一律200円。食べかけのアイスを手に乗り込みました。他に乗客はなし。

臼井駅まで戻り、私がシャツを着替えようと隣接の自転車駐輪場のほうに回り込みました。そして着替えの準備をしていると友人が「変な服を着た人がいる」と。えっ、と着替えを止めて指さす方向を見つめます。駅の反対側に駐車場がありその脇に防護服を着た人が立っています。そして座布団のようなものを運ぶ人。





この座布団らしきものを視認して私は汚染物を運んでいると気づきました。丁度風下に当たりましたから、すぐ友人に向こうに移るぞと告げましたが、彼は動かずに眺めています。

風下のそんなところにいると感染するぞ! と怒鳴って移動させました。彼が言うには、最初4、5人いたと。それは確かに気味悪いです。

エントリーの隣にあるパブ・スーパースター関連で次の家族の感染例が出ています。
 市内102例目 50代 男性 (令和2年8月7日)〔無症状病原体保有者〕
 市内109例目 30代 女性 職業:看護助手(令和2年8月8日)〔無症状病原体保有者〕
 市内112例目 10歳未満 女性 児童 検体採取日:8月7日 検査確定日:8月9日〔無症状病原体保有者〕

防護服を着た人が室内で動いています。


カーテンが閉じられました。


ロシアの検疫部隊がイタリアで高齢者のナーシングホームを消毒した時は、マットレスはありましたが、クッション、カーテンのようなものは一切ありませんでした。そこにアルコールを全面噴霧して消毒していたのですが、日本での消毒のやり方はかなり違います。

公共施設の消毒と言っても人の触る手すりとか、ソファーの腕掛けなどを拭いて消毒し、それで終わりのようです。かなり簡略化されている?

最後の写真は、上りホームの上野方向に近いホームの外れに近いところから写しています。私が動きながら写真撮影をする間、ベンチにかけたおばさんは悠然と荷物の整理をしていました。

駅前の複合店舗で何があったかは、御存じなかったでしょう。しかもその建物が今まさに窓を開けて空気を入れ替え、防護服姿の人が荷物を搬出していたなどとは夢にも思わないし、目に入っても意味が分からないから気にすることもない。

知らないということは、その人にとっては気が楽でも、とても怖いことです。

上の画像で防護服を着ている人はどこの人なんでしょう。この暑い日に大変だと友人がしきりに同情していました。

2020年08月07日
佐倉市で年配者のカラオケ集団感染

2020/8/2は、近場を少し歩きました。

2020/7/19もようやく晴れました。昼に今日は雨はないと判断し、家を飛び出しました。スタートが遅いので近場へ。

電車の少し離れた風上の席で、若い女性がマスクを下げて何か飲み物を飲んでいます。せき込んだりしたら逃げなくてはとじーっと見ていたら飲むのを止めてマスクをしました。

少し湿気がありました。空から飛行機の音がしますが、機影が見えません。湿度が高いために靄っているのです。風が少しあり、気持ちが良いのでろくに歩かずに公園で休みました。

これでは汗をかかないと反省して歩き出します。霊園のあるほうに歩くのですが、今日は霊園の送迎車をよく見ました。今はちょうど東京のお盆の時期ですね。

人の姿が見えません。最近は、人がいたら話しかけるのではなく逃げるようになっています。見晴らしの良い場所の護岸に掛けて一休み。近くにあるトクサの先が膨らんでいます。胞子のようです。


胞子の拡大写真を撮ろうとしましたが、なかなか難しい。これで精いっぱい。ツクシの頭と同じです。


トクサの仲間にスギナがありスギナの胞子を付けたものがツクシです。

小学生くらいの兄弟が花火で遊んでいました。兄が弟の持つ花火にライターで火をつけてやります。風がありましたからローソクは使えない?




冬に通った時基礎工事が始まっていたミニ開発で建物が完成に近づいています。この日は見学客がいなかったようです。2800万円ですと20年ローンで年140万円。


この場所は最寄駅から直線距離で1.6kmから2kmあります。地域の環境は悪くないと思いますが、自転車通勤は少し大変かも。


ここから新コロナウィルス集団感染があった「介護老人保健施設市川ゆうゆう」までは近いです。地図で見ると、タムス市川リハビリテーション病院と表示されることもありますから、タムス浦安病院と同じ法人が運営している? 2か所で集団感染発生ですから、それなりの原因がある? 「介護老人保健施設市川ゆうゆう」あるいはタムス市川リハビリテーション病院はとても大きな建物です。



駅までもう少しというところまできてまた公園で休みます。ボール遊びをしていた女の子たちの脇を通ったら一人が挨拶してくれました。
水を飲んで持参のパンを齧り、たばこを一服と思っていたらボール遊びをしていた小学生の女の子たちが隣のベンチに集まりました。

ベンチには、密接しないようにと貼紙がありますが、完全無視でマスクもせずに食べたり、しゃべったり。

早く逃げなければ思いつつも、ついつい時間を過ごしてしまいました。先週はデブ兄ちゃんでした。兄ちゃんも女の子も、そばに来ないでほしいんだけどね。

2020/7/12朝、久しぶりに強めの日光が降り注ぎました。このチャンスは逃せないと徘徊へ。

人の少ない地域まで出かけます。暑いとマスクをして歩いていられないからです。


蒸し暑い天気、今回はタオルで汗を拭きふき歩きました。特にどこと言って特別な場所ではありません。林の中など直射日光に当たらなくて済むところです。


何回目かの一服を終え、そろそろに駅に向かおうとしたところで雨が降り出しました。大きな木の下や倉庫の入口で短時間の雨宿りを繰り返し、傘を差さずに歩きました。

あと少しで駅というところで本降りの雨。傘は持っていました。

徘徊に出て雨に降られたのは先月から今月にかけて2回目です。

帰りの電車の中、3人掛けの優先席に座っていましたが、途中でまだ若そうな青年が乗り込んできて私の隣の席に座りました。私よりデブの男性。

午後5時少し前、この後少し混んできました。

え〜、どうしてそこに座るんだよ! ほかに空いている席あるじゃないの。ちらっと顔を見るとマスクはしています。席を立って逃げるまではしないでいいかと何十分か我慢しました。コンと一発でも咳が出れば、即逃げるつもりでした。

自分の住む街でも、ぽつぽつと感染者が出ていましたが、とうとう集団感染発生。新コロナウィルスは確実に身近に忍び寄ってきています。

各地で20代の看護師が集団感染の端緒になる例が多いです。彼らの多くは院外、施設外で感染してウイルスを運び込んでいるんですよね。

2020/6/15、12km長距離耐久徘徊コースに挑戦しました。駅から住宅街を歩いていくと、内装業者のワンボックスカーが後ろの扉を開けていました。内部に棚が作られていて道具や材料を整理しています。

俺の部屋もこんな風に立体的に整理しなければならないのかな、などと同行した友人に話していると、ちょうど昼時で車内で休んでいたおじさんがこちらを向きました。

景気はどうかと聞くとまあまあだと。そうです、その辺りは結構新築住宅が多いのです。持続化給付金に話を振ってみました。最初は口が重かったのですが、私がぜひ申請すべきだと勧めると、会計士に頼んであると。

いくら払うんですかと尋ねると、全部まとめて頼んでいるからとの答え。やはり会計士や税理士の持続化給付金になっているんですね。まあまあの景気なら売り上げ半減の月がある? まあ、建設業は仕事の繁閑がありますからそこはね。

シラカシの花が終わり、ドングリの子供らしいものがついています。


歩道を歩いていくと、白いものが一面に散らばっていました。何の木が落としたと上を見て探すと、ミズキの花が残っていました。前日の雨で花びらなどが落ちたようです。


好天になって空気が乾燥すれば、それこそ一日で乾いて目立たなくなり少しの風でどこかに運ばれてしまう。


この日は午後、予想以上に気温が上がり、汗だくだく。

毎年、夏の初めのウォーキングでは大汗をかきます。以前の記録を見ると、2015/7/12に大汗をかきながら歩き、額の汗が眼に入ったため目が痛み充血したとあります。

汗の中に塩分のほか他の不要ないろいろなものが混じっていて眼を刺激するのだと思いますが、今年はそれほど痛まなかったのは、なぜなのか。

以前立ち話をしたお宅の近くに来ると庭からカラスが1羽、2羽と飛び立ち、1羽がネズミを咥えていました。庭の梅の木が歩道に張り出し熟した実が落ちています。庭の内側も同じはず。ネズミは梅の実をかじりに来てカラスにさらわれたのですね。

いったん電柱に停まりましたので急いでカメラを取り出そうとしているうちに林のほうに飛んでいきました。

この日は、タオルを忘れました。店もないし、リュックの中を探しますが、ない。やむを得ず代用になるものは? 着替えの下着はありますが、これは汗拭きに使うわけにはいかない。目標地点での着替えがなくなる。

そして中をかき回していたら、手ぬぐいを巻いたものを紐で縛ってあるものが見つかりました。これを使おう。紐を目立たないように結んで手ぬぐいとして使いました。(これが何か推測できる方はおられませんよね。年配の主婦でも手にしたりしたことのある人はほとんどいないはず)

この手ぬぐい状の布で何度も額をぬぐい首にかけて歩きました。

この日はいつものコースを少し変更して墓地公園の中を通りました。園内は整備されていますが、決して楽しくない。近くの団地の方はここに散歩に来るようですが、近くに住んでいればそうなりますかね。

近くの団地の中を通っていてこの墓地公園を勧められましたが、「もうすぐ墓地に入り浸ったままになるから今から墓地に親しんでいたくない」と答えたら、相手のご夫婦は笑いませんでした。

墓地の中で咲いていた花。名前は調べていません。


水田地帯でカメラを手に水路の中を撮影している方に会いました。

植物の写真撮影だと。カメラはそれなりに本格的。出会った場所の近くにヒルムシロ(聞きなれない名前で覚えられませんでした)という水生植物が花をつけているはずなので撮影に来たとのこと。

その方は、樹木は関心がないと。いつも下を向いて歩いているからだと。私は草花は種類が多すぎて適当に付き合っていますが、関心の先は姿勢にあり? 私は金持ち風に腹を出してバランスを保つために反り返って歩いているのです。そのために地面に近い草花には縁遠くなっている、そういうことですね。その方はスリムで身軽でした。

この夏は、肥満解消のためにできるだけ外出し、歩くことにしました。新コロナウィルス防御でもとにかく免疫力のようですし、肥満解消で余病防止を急がなければなりません。

特に糖尿病は良くないらしい。やせれば血圧も下がるはず。医院はもう3か月もパスしています。歩いて医者いらず。
posted by ZUKUNASHI at 20:47| Comment(7) | 日記
この記事へのコメント
手ぬぐいを巻いたものを紐で縛ってあるものが気になって眠れそうにない。
着替え替わりのふんどし?

ぜひ、正解を教えてください!
Posted by モトコ at 2020年06月16日 14:20
ありゃー! モトコさんは何でもお見通しですね。
父上は使っておられました?
だいぶ昔になりますが、まだ子供が独立する前、ビンボーしていたので、日本古来の簡易な下着にすれば安上がりと思い、何枚か入手したことがあるのです。結局常用には至りませんでしたが、海に行って着替えるときなど更衣室不要なのでリュックに入れてあったのです。
その時から、いざとなれば手ぬぐいにも使えるという魂胆はあったかもしれません。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年06月16日 14:54
あら、大当たりしちゃった(笑)
私、ホンモノは見たことないです。
紐が付いた手ぬぐいを頭の中で絵にしたら
ふんどし以外のものが出てこなかったのですが、
当たるとは思いませんでした。

あぁ、これで安心して眠れます(笑)
ありがとうございました。
Posted by モトコ at 2020年06月16日 18:37
大当たり! おめでとうございます。
景品は、予備の手ぬぐい状のものを用意してありますので、新コロナウィルスが収まりましたら、発送します。しばらくお待ちください。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年06月16日 18:43
コロナのせいで、何だか緊迫のドキュメントになっていますね。
こちらでも100人近くまとめて感染者が出て、息苦しい毎日になりつつあります。
コロナ以前に、マスクで酸欠になってしまいそうです。
スーパーなどの除菌スプレーは、理由はわかりませんがアルコール系から塩素系にほとんど置き換わったようです。
これも付き合いすぎると免疫低下で病気になりそうでやばいです。

日に当たって運動して汗をかくのはとても大切ですが、それで痩せるのは至難です。
やはり食生活を見直さないと痩せるのは難しいと思います。
玄米は苦手と言っておられましたが、私も最近は玄米を美味しく感じなくなったので、普通の精白米にもち麦を加えて炊いています。
腹持ちがいいので、ご飯の量が半分ぐらいでいい感じです。
Posted by SY at 2020年08月11日 01:23
こんにちは 毎日暑いですね。
ご紹介ありがとうございます。
8月10日の町歩き、コロナが身近に迫るのを実感しました。
雑居ビルで1つ発生すると、本当に怖いですね。
この様な場所がどんどん増えているのですね。。。

日本のPCR検査数(ポプキンス大データーより)が、7月10日過ぎから増え始め・・あれ?と思っていたところ、今の現状に
日本のコロナ死者数が少ないのは、重症化しやすい年齢層の方々が戦争を通し(子供時代の体験・家族からの伝え聞きなどで)自分の頭で考える力があり、用心・忍耐力があるからかなと思っています。
Posted by 結花 at 2020年08月11日 13:41
この記事の地図に掲げた関係個所は駅から遠いところでも1KMありません。そんな範囲で次々と感染者判明です。どこにも感染者という状況がわかる例になっています。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年08月11日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。