2020/5は超過死亡が消えた?: ずくなしの冷や水

2020年07月01日

2020/5は超過死亡が消えた?

2020/5分の人口動態の開示が進んでいますが、多くの都市で、県で2020/5は超過死亡が見られません。

静岡県計


茨城県計


群馬県計


福島県計


山梨県計


神奈川県計


埼玉県計


千葉県計


上のグラフを見ると、4月に超過死亡が発生していることは明らかです。早いところは3月から。3月の超過死亡は、中国からの旅行者かクルーズ船乗客からの感染が主とみられますから、地域は限られます。

そして、今回このグラフを作って気づきましたが、2019/5は異例に死亡者が多かったんですね。2020/4を上回る超過死亡が見られるところもあります。昨年5月頃に新コロナウィルス感染と同様な症状を示した方がおられるのですが、それと関係がありそうです。

所沢市は2020/3〜4に例年より多数の死亡が生じたことがはっきりとわかります。


松戸市も同様ですが、2020/5もまだ超過死亡が見られます。2020/3が82人、2020/4が96人、2020/5が21人です。


札幌市。札幌市は2018/5と2019/5の死亡数が異例に多かった。


2020/5になっての超過死亡の消失は、マスク着用、飲食店の使用・会合の自粛などが影響したものと見られます。

2020/6下旬になって感染者が再び増えてきていますので、超過死亡もまた増えるでしょうが、5月はとにかく一服です。超過死亡には、PCR検査を受けられず自宅待機中に亡くなる方や、そもそも感染を疑うに至る前に別の疾患が悪化して亡くなる、あるいは次のような例があるのでしょう。

※ くぅ@wishforpeace22氏の午後0:13 ・ 2020年6月23日のツイート
ひとりごと。CTで肺炎像が見られても急変しない限りPCRしない。『念のため』陰圧室で防護服対応するようにとの指示。CRP低下し2週間で退院。1週間後亡くなっても死因はCOVID-19ではない。恐ろしい国。。#PCR検査の拡充を求めます #COVIDー19 #pcr検査受けられない

最近次のような論調の発言、発信が増えているように感じます。

※ kaori@kaori87567967氏の2020/6/14のツイート
返信先: @syouwaoyajiさん
コロナで死ぬのは、落雷で死ぬより確率低いんです。そもそもコロナは茶番だと気づかなければ論外。自粛は必要なかったと専門家も認めています。目を覚ましてください。経済壊して中小事業者潰しにかかって来ているんです。

共通点は、「新コロナウィルスによる死亡率は低い、インフルエンザや風邪のほうがより多く死ぬ」です。「落雷で死ぬより確率低い」というのはデマです。上の超過死亡のグラフでわかるでしょう。

世界中で各国の当局が、専門家が必死に新コロナウィルスと戦っています。それぞれにデータも取っています。状況はすでに明らかになっています。

新コロナウィルスの危険性を軽視し防護措置を講じないのは、個人の判断。ですが、媒介者とならないようにする義務はあります。自分にとってはバーチャルなリスクと思えても他人にはそうではない。

最近も顕著な例がありました。
2020年06月26日
新コロナ感染再発拡大 感染を疑って行動自粛なんてしないんですね

スウェーデンでは、新コロナウィルス対策の責任者が殺害予告を受けたりしています。こんなに大勢死ぬとは思わなかったなどとの言い訳が通用するはずがありません。

新コロナウィルス対策で手抜かりのあった国の責任者、関係者は責任を問われます。それは当然のことです。新コロナウィルスによる健康面の被害をプレイダウンしようとする輩に乗せられないようにしましょう。

日本は他国との比較で手抜かりがあったことは明確です。チリの保健大臣はデータ隠ぺいの責任を取らされて辞任しました。日本では埼玉県で同様な統計操作が行われています。埼玉県独自でやっているはずはありません。

さいたま市の保健所長は札付きです。

出生死亡比率は、ここ1、2年低下が緩やかになっていましたが、このところ出生数の減が顕著でまた低下が大きくなっています。景気が悪いとさらに出生数は減少するでしょう。自民党公明党政権の長期的人口減少策は確実に成果を上げています。


新生児が減っています。孫の話はダブーになりつつありますね。知人の資産家夫人は他の人が孫の話をすると腹が立つと。一人娘が結婚しないからなのですが、古い常識はもう通用しない。交番の警官から最近は子供が迷子になっていても知らんぷりの人が多いと聞きました。
posted by ZUKUNASHI at 13:12| Comment(2) | Covid19
この記事へのコメント
都内死者 3、4月過去最多 「超過死亡」コロナ公表人数の12倍 医療逼迫影響か
https://news.yahoo.co.jp/articles/a49bc0549ed39e9464170a0b5b28419073ed04f4

東京都の3月4月の超過死亡者数は1481人
一方、厚生労働省が実施した抗体検査の陽性率は0.1%

東京都の現状は?
(インフルエンザの致死率は0.1%未満)

(1)感染者数は1万4000人で致死率は10.6%

(2)感染者数は14万人で致死率は1.06%

(3)感染者数は140万人で致死率は0.106%
Posted by まあ、どれを選んでも1万人に1人が死ぬ生き残りゲームなんだけどね at 2020年06月18日 01:04
と、言うのをTwitterのアンケート機能で意識調査した結果

(1)感染者数は1万4000人で致死率は10.6% 2票獲得(50%)

(2)感染者数は14万人で致死率は1.06%    1票獲得(25%)

(3)感染者数は140万人で致死率は0.106%  1票獲得(25%)


東京都民は50%の人が都民の1000人に1人は感染し、コロナの致死率は10%以上あると考えているようです。

興味深いので、この手のアンケートをたまに企画しようと思います。

なお、イギリスによると、コロナに感染しても10%にしか抗体はできないそうなので、


(2)感染者数は14万人で致死率は1.06%

が東京都の現状に近いと思われます。
Posted by まあ、どれを選んでも1万人に1人が死ぬ生き残りゲームなんだけどね at 2020年06月19日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。