英国の香港政策は???: ずくなしの冷や水

2020年07月04日

英国の香港政策は???

RT2020/6/5
It’s madness for UK to threaten China, so why aren’t media and MPs speaking out against Bojo’s crazy plan?
George Galloway
A lucrative post-Brexit UK-China trade deal has been flushed away. And Britain could have up to 3 million Chinese immigrants from Hong Kong on their way. But no one wants to hold the prime minister to account.

Perhaps in an ordinary week, the Chinese takeaway just ordered by Boris Johnson would have attracted more attention from the so-called mainstream media and their political echo chamber in the scarcely functioning parliament.

But there’s been too much going on. Police officers “took the knee” before protesters in Whitehall (who then bombarded the prime minister's residence in Downing Street and attacked the same police, a detachment of whom literally ran away).

And Black Lives Matter protests shredded whatever was left of the government’s social distancing regulations.

So the gigantic developments in UK-China relations passed by with little comment and unopposed – indeed the Shadow Foreign Secretary Lisa Nandy tacitly endorsed them.

Some of the very same anti-EU politicians who have made a career by warning of the dangers of mass immigration, of closed-off immigrant communities which could scarcely speak English, of the role population growth had played in creating the Brexit storm, have just threatened China. If it passes a law in its own country, Britain will open its doors first with “renewable visas,” and then a “path to citizenship” for up to 3 million Hong Kong residents.

The mass media, veterans of a thousand anti-immigration front pages, scarcely even reported it.

And when China – denouncing this gross interference in its internal affairs – threatened condign retaliation (almost certainly the cancellation of the post-Brexit trade deal between the two countries), the government went “fine” and the media said “meh.”

Seldom can a moment so important have gone so unnoticed.
Picking a fight with China

Yes, Britain – having alienated the countries of the European Union with whom it still wrangles over post-Brexit arrangements – and having effectively broken relations with Russia – has now picked a fight with China. And if we WIN, we are rewarded with the biggest ever influx of foreign migrants from a single place at a single time in our island’s history.

By comparison, after the British-sponsored dictator Idi Amin expelled Asian citizens from Uganda, some 27,000 of them came to the UK.

Britain has been ever-reluctant to listen to the Last Post of Empire, even though in my lifetime that has been confined to repressing people in the six counties of the northeast of the small island of Ireland in which the flag still flies, gunning down Johnny Arab in Aden and extorting princely potentates in the Persian Gulf.

※ mko@trappedsoldier氏の2020/6/6のツイート
外国人教師が、生徒に戦闘訓練をする。暴徒はテレグラムやLKHGを使い、警察のリアルタイムの配置を知る。武器の作り方や、時には警察の殺し方を教える。大学教授スパークスは暴動に出資。暴動を指揮する多くの外国人の姿。しかしその背後に深く隠れた外国人勢力がいる。これは新たなタイプの戦争だ。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/6/6のツイート
暴徒は現実の暴力をゲームにし「勝利」を目指した。補給・訓練・指揮など役割分担され、システム化されたプロの集団だ。平和的部隊が補給を担い、攻撃部隊、消防員もいる。合図を出す旗手は重要な現場指揮官。命令は手の合図で送られる。さらに大きな支援部隊。プロパガンダ担当と警察の動きのスパイだ

※ mko@trappedsoldier氏の2020/6/5のツイート
香港はもうイギリスではない。1997年に植民地・香港の主権を中国に返還した。ボリスジョンソンが、300万人の香港住民に12カ月の居住パスポートを与え、いずれ英国籍を与えるという幻のエサを掲げ中国の内政に干渉。BREXITとコロナで不況に陥り、失業者増大の英国が香港の中国人を大勢迎え入れる?

※ mko@trappedsoldier氏の2020/6/5のツイート
暴徒は無知で洗脳されているから、英領事館で「あたしはイギリス人」と言い追い出されていた。米英が大事にするのは、一部のリーダーだけ。あんな期限付きのパスポートで訪英して、そのまま無国籍に? イギリスがどれ程残酷な植民地主義の国か、暴徒は知らない。

※ 見見@CHINA WAY@vYW5JNjl3g4Qkzu氏の2020/6/5のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
香港住民にパスポートを与えるなら、香港住民をイギリスに移民させるなら、どうぞー!だと思う。ただ、返品することは拒否しますけど。永遠に保留してください。

※ ziyu8931#ミンシュカいらない@ziyu8931氏の2020/6/5のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
「自由がある」と幻想抱いて英国渡っても「人種差別される自由」が待っているだけです。

※ ロイター@ReutersJapanの2020/7/4のツイート
英国は、海外市民旅券(BNO)を保有する香港市民に、英国への5年間の居住と就労を認める予定。

・・・・・・・

英国が香港についてあんなことを言い出して、どうするんだろうと、眉につばを付けて見ている。

シリアからホワイトヘルメット、香港からテロリストを呼び込んで、民族的な多様性は増すだろうが、人権に関するダブルスタンダードはもっとひどくなって行くと思う。

日本人の中には、英国の貴族の間でといかにも権威があるかのように言う人もいるが、そういう話は疑ってかかること。英国の貴族? アンドルー王子が何をしました?
posted by ZUKUNASHI at 09:47| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
日本人は、日本人に対して憎悪と仕返しの憎しの心を持つた狂人政治家元小泉首相を最高権力者に選んだ国民すよ、本当にバカです。そして今の派遣貧乏地獄があります。小泉の言葉 改革なくして成長なし。大笑い。英国は、中国人の生き血をすった悪魔の国ですよ。軍神安倍総理 日本の救世主 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年07月04日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。