新コロナウィルスは特に年配者には1か月の潜伏期間?: ずくなしの冷や水

2020年06月02日

新コロナウィルスは特に年配者には1か月の潜伏期間?

石川県 患者発生状況(5月21日〜5月25日:291例目~295例目)

集団感染の発生した二ツ屋病院の入院者や接触者の検査経緯が掲載されていますが、1か月ほどの潜伏期間がある方が多いです。入院患者でそのような例が多く見られますし、入院患者でない人にも1か月ほどの潜伏期間が見られます。

入院患者の場合は、初回の検査以降に感染したということも考えられますが、入院していない人は、やはり初回の検査時にはすでにウィルスを体内に取り込んでいたのではないでしょうか。

発症するまでPCR検査では陽性が出にくいが、症状はなくても感染力はあるとされていますから厄介です。

感染者295※二ツ屋病院関係
(1)年代:50代
(2)性別:女性
(3)居住地:石川県(宝達志水町)
(4)症状・経過
4月20日(月曜日)感染者179の接触者として、健康観察
4月21日(火曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月19日(火曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月22日(金曜日)全身倦怠感
5月23日(土曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陽性と判明

若い人は相対的に潜伏期間が短い、発症が早い傾向がありますが、同時に感染しても軽症で終わる場合も多いようです。

しかし、子供が感染しないわけではありません。北九州市では学校で集団感染が発生したと見られるケースがあります。

まあ、うちの子は感染しないからと決めてかかるのも保護者の判断ですが。

※ なみ@QtboH54wc6yFboa氏の2020/5/22のツイート
返信先: @sunifshikasanさん
子どもが自粛する半年、1年の間に発達障害になり、一生 引きこもりやコミュニケーション障害、鬱になる可能性の方が子ども死亡率ゼロのコロナより怖いです

※ つきーなチューリップ@sunifshikasan氏の2020/5/22のツイート
発達障害は先天性のものなので自粛してなるものではないと思いますが、鬱になる可能性はあるかもしれませんね…
感染のリスクと心のケアのバランス、難しいです…

「子ども死亡率ゼロのコロナ」は事実誤認です。こういう方のお子さんがウィルスを媒介することもあるので、うちの子は感染するかもと思う方は、距離を置いたほうが良い。

発達障害や引きこもりに関する一般の若い母親の認識というのはこの程度なのでしょうね。発達障害と電磁波被ばくの関係を論じても読む人はいないわけだ。
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。