各国でワクチン開発を急ぐ 株価操縦も: ずくなしの冷や水

2020年06月01日

各国でワクチン開発を急ぐ 株価操縦も

Official: 5 Iranian Firms Studying Coronavirus Vaccine
TEHRAN (FNA)- Iran has turned into an exporter of equipment for campaign against coronavirus, a senior official said, adding that 5 companies are actively studying production of anti-COVID-19 virus vaccine.

"Nearly 4 months after the coronavirus outbreak, 5 companies are studying and producing vaccine for the disease," Chairman of the Biotechnology Development Council of Iran and Secretary of the Scientific Committee to Fight against Coronavirus Mostafa Qaneyee said on Sunday.

He said that Iran is pioneering in the production of coronavirus campaign equipment and research.

"We have been able to turn into an exporter of anti-coronavirus equipment," Qaneyee said.

Iranian Vice-President for Science and Technology Sorena Sattari announced in April that three groups are striving to produce COVID-19 vaccine while there is a nationwide mobilization against the epidemic.

"Since the onset of the crisis", he wrote on his Instagram page, "knowledge-based companies, researchers and many start-ups have made round-the-clock efforts to contribute to the combat against coronavirus."

Sattari made it clear that these groups are engaged in producing masks, disinfectants, ventilators, ICU equipment, CT-Scan devices and COVID-19 test kits among other items.

The coronavirus COVID-19 is affecting approximately all countries and territories around the world. The virus was first reported in the central Chinese city of Wuhan late last year. It has so far killed more than 371,000 people and infected over 6.1 million others globally.

SPUTNIK2020/5/30
Chinese Scientist '99 Percent' Sure That COVID-19 Vaccine Will Prove Successful - Report
Global powers are jockeying to develop a desperately needed vaccine to COVID-19. The UK’s Oxford University previously expressed confidence that it would be the first to create one, but now, a Chinese biotech company may be taking the lead.

Chinese researchers working to develop a COVID-19 vaccine are “99%” certain that it will be effective, according to Sky News.

The news organisation, which claims that it is “the first British broadcaster” to visit the labs where the vaccine is being developed, reports that Beijing-based Sinovac is currently undergoing “stage 2 trials” with “more than 1,000 volunteers participating.”

When asked whether he thought the vaccine will end up being successful, Luo Baishan, a Sinovac researcher, reportedly replied, “yes, yes. It must be successful… 99% [sure].”

Sinovac shot into the spotlight last month when it published research results in the academic journal Science, which demonstrated that the vaccine, currently called CoronaVac, protected monkeys from infection by COVID-19.

“Researchers from Sinovac Biotech, a privately held Beijing-based company, gave two different doses of their COVID-19 vaccine to a total of eight rhesus macaques. Three weeks later, the group introduced SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19, into the monkeys’ lungs through tubes down their tracheas, and none developed a full-blown infection,” reads an overview of Sinovac’s research.

“The monkeys given the highest dose of vaccine had the best response: Seven days after the animals received the virus, researchers could not detect it in the pharynx or lungs of any of them. Some of the lower dosed animals had a “viral blip” but also appeared to have controlled the infection,” the authors add.

However, Sinovac still needs to test the vaccine in human trials.

Sky News reports that due to the “low number of COVID-19 cases in China,” the biotech company is having to turn elsewhere for the stage 3 human trials.

Helen Yang, senior director of investor relations at Sinovac, is quoted as saying that, “we are speaking to several European countries and I think did discuss with the UK as well.”

"Currently it's a very preliminary stage for the discussion."

Despite the chorus of optimism, the vaccine, even if it proves successful, still has a distance to go before it is released to the global masses.

Reportedly, the stage 2 trials still have many months of testing yet before the phase 3 human trials are initiated. Moreover, the vaccine will require the stamp of regulatory approval from governments before it can be distributed.

Asked whether she was sure of success, Ms Yang told Sky News: “it's very hard to say, very difficult to say at the moment. There are uncertainties, but the data: so far, so good.”

China is not the only country working on a vaccine.

For example, the UK’s Oxford University - which previously said it was "80% confident" it would have a vaccine ready by September 2020 - has teamed up with pharmaceutical company, AstraZeneca, to develop a one. However, the UK has said that while it would ensure global supply, distributing the vaccine among Brits would be the first priority.

In contrast, Ms. Yang told Sky News, “we are already considering not only China but also the whole world, not only for conducting a trial but also how to supply a solution for countries including China and outside China."

SPUTNIK2020/5/30
US Biotech Firm Slammed for 'Dodgy Stock Offer Timed to Clinical Trial Results on COVID-19 Vaccine'
US biotech company Moderna announced on 18 May that results of its first phase of clinical trials involving humans showed that patients given its potential COVID-19 vaccine had developed an immune response similar to people who acquired the novel coronavirus and recovered.

American biotech company Moderna, racing to develop a COVID-19 vaccine, has been slammed for lack of transparency and allegedly seeking to boost its share price by holding a stock offering just hours after releasing the first “positive” results of its early human trials, reports the Independent.

Questions have been raised over the way the company disclosed results from the first phase of its clinical trial of a potential coronavirus vaccine involving humans, as well as the absence of critical information regarding the candidate’s efficacy.

※ BiotechMania@BiotechMania氏の2020/5/26のツイート
アンジェス:マウスとラットでワクチン接種後COVID-19に対する何らかの「抗体」ができたというだけで、大阪大学と大阪市立大学の医療従事者が「政治介入」もあって期日付きで、まるでアカゲザル(リーサス・マカク)のようにFIHの治験が開始される。憂慮すべき事態だと思う。

ロイター@ReutersJapanの2020/5/27のツイート
米バイオテク企業ノババックスが、#新型コロナウイルス ワクチンの第1相臨床試験を始めた。

SPUTNIK2020/5/23
Russia's Gamalei Institute Expects to Launch Human Trials for COVID-19 Vaccine by 15 June

At the moment, Russia has the third-highest number of people diagnosed with coronavirus in the world, yet the country has managed to keep the death rate at relatively low level, with 326,448 infected and 3,249 fatalities.

According to Russian medics, preclinical testing has shown good results, so it is possible that a vaccine against the coronavirus will be produced by the end of summer. Gamalei Institute of Epidemiology and Microbiology director Alexander Gintsburg on Saturday stated that he took the vaccine himself.

"We have been given deadlines, of that which we need to do under the conditions of the pandemic and so that by the end of summer we can start production. Unfortunately, this production will not immediately allow us to immunise a large portion of the population of our country, but unprecedented efforts and actions are currently being taken by the health authorities to organise mass production when the vaccine is registered", Gintsburg said.

Numerous medical institutions across the globe are currently trying to find a vaccine to stop the pandemic, which has already claimed over 330,000 lives worldwide.

Chinese researchers have recently reported promising results from an animal trial, while US biopharmaceutical company Moderna is developing an mRNA vaccine with the US National Institute of Allergy and Infectious Disease.

毎日新聞2020年5月23日 14時24分(最終更新 5月23日 14時25分)
中国開発コロナワクチンで抗体確認 軍事科学院チーム、英医学誌に発表
 開発中の新型コロナウイルスワクチンを臨床試験で人に投与し、感染を防ぐための抗体ができたのを確認したと、中国軍事科学院の医療部門などのチームが22日、英医学誌ランセットに発表した。
 世界で最初に臨床試験を始めたワクチンで、安全性を調べる第1相試験の結果。半数の人に接種部位の痛みや発熱などがみられたが、チームは全体として安全性に深刻な問題はないと判断。有効性をさらに確かめる第2相試験を開始した。
 中国・武漢で健康な108人を三つのグループに分けて異なる量を注射。4週間後に接種量が多いグループの75%、それ以外では50%で抗体が増えていた。(共同)

毎日2020/5/20
 19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比390.51ドル安の2万4206.86ドルで取引を終えた。米モデルナが開発する新型コロナウイルスワクチンを巡り、初期臨床試験の結果に対する懐疑論が出て売りが優勢となった。

Sputnik日本2020/5/10
コロナ「再感染」は血液中のウイルス残留粒子の可能性=韓国専門家
コロナウイルスの再感染について韓国専門家の研究をロイター通信が伝えており、それによると、回復者に再度ウイルスが発見されるケースはウイルスの残りに過ぎず、再感染を証明するものではないという。その場合、患者は偽陽性であり感染はしていないという。
4月、治癒後の退院患者からコロナウイルスが再度発見されるケースが200件以上あることが明らかになった。
この場合、患者はコロナウイルスに再度感染するが、ウイルスはその体内で増殖せず、再感染者は感染力をもたないと考えられていた。
この後、韓国専門家が行った研究により、患者は「再感染していない」可能性があると明らかになった。回復者の体内にあるウイルス残留粒子がPCR検査で発見されるが、それが偽陽性反応を示すという。
5月6日までに韓国だけで、回復者からコロナウイルスが再度検出されるケースが350件あった。
韓国が用いる検査方式はRT(逆転写)PCR方式で、患者のコロナウイルス感染を検出する上で最も速く、また現時点では最も正確だとされている。
ソウルの中南大学でワクチン開発を専門とするソル・ダイウ氏は、RT-PCR検査は感染性粒子と非感染性粒子を区別せず、単にウイルス成分を検出するだけなので、古いウイルス粒子に反応する場合もある、と指摘している。
KCDCでは、コロナウイルスが再検出された患者が他者を感染させたケースは1つも確認されていない。一方でこれら患者の半数以下に通常のコロナウイルス症状が出ているが、これら症状がコロナウイルスに関係しているか確証はほぼないという。
世界中の人々にコロナウイルス抗体を作ることは、コロナ対策や制限解除をめぐる議論の中心テーマとなっている。WHO(世界保健機関)は4月末、どれほど強い免疫が抗体となるのかデータは不十分として、コロナ再感染の可能性を警告している

Sputnik日本2020/5/13
英国のボリス・ジョンソン首相は、抗コロナウイルスのワクチンは現れないかもしれない、と警告し、また制限措置の限定的緩和について自身の見解を述べた。オンライン紙「インデペンデントThe Independent. 」が伝えている。
60ページにおよぶ新型コロナウイルス後の復興戦略文書の中で、ジョンソン首相は明日13日から適用される変更点について詳細な指導要領を記述した。その中には職場への復帰や屋外の散歩、公園のピクニックなどに関する提言も含まれている。
ジョンソン首相は「唯一の長期的なソリューションとなるのはワクチンや薬を使用した治療であることは明らか」と強調。一方で「集団ワクチンや治療が始まるには1年以上を要する可能性がある。最悪の場合、ワクチンを見つけられないかもしれない。そのため私たちの計画は、私たち全員が長期間、現状のまま変わらないということを考慮しなくてはならない。もちろん、そのような結果を避けるためにできることはすべてやっている」と述べた。
英タブロイド紙「デイリー・メール」によると、学術担当政府顧問のパトリック・ワレンス氏はより楽観的に状況を見ており、ワクチンが見つからなければ「驚く」という。
ジョンソン首相は定例記者会見で「ウイルスに勝つためのワクチンが得られると本当に期待している。私の元には、オックスフォード大におけるワクチン開発の取組みに関して、大変期待のもてる報告が届いている」と語った。
一方で「それはすぐに保証されているわけではない」と口調を改めた。
「この考え方は正しいと思う。SARS発症から18年経ってもワクチンはないのだから」と指摘した。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/11のツイート
アフリカのセネガルで、コロナ・ウィルスのワクチンを試し始めた! そして、ワクチンを受けた子ども7人がその場で死亡した!

※ Rʏᴀɴ@ryanfiredragon氏の2020/4/10のツイート
I just saw this disturbing news 号泣
They started Mass Vaccination for COVID-19 in Africa and the first 7 CHILDREN who received it, DIED on the spot !!

You listened well, they are killing people with a new vaccine!
Please retweet this!
#coronavirus #COVID19 #SARSCo2 #Senegal
この事件に関する情報が消されつつあるそうです。どこの国がテストをしたか書かれていません。
posted by ZUKUNASHI at 00:21| Comment(3) | Covid19
この記事へのコメント
長期的なソリューションになる・・
即ち、長期的に儲け続けられる。
ワクチンが出来たらなおさら新型コロナウイルスの脅威がなくなることはないでしょう。

薬はあんまり儲からないが
ワクチンは儲かりますからねぇ
予防という名目で健康な人間にも
打つことができる。
感染しなければワクチンのおかげとなる(笑)

国家ぐるみの宣伝活動で
新型コロナの市場規模は史上最大の
ものになった今、変異しやすい
新型コロナの特性を利用して
どうせなら新たな病気の種を
仕込みトリガーとなる
ワクチンをさらに打たせる。

そして問題➡️反応➡️解決というお決まりの
パターンで永遠にカモを囲い続ける。


副反応?
同意書にサインしたでしよ?
子供ならば紛れ込み反応(笑)とか
若い女性だったら思春期特有の
反応とか言って煙にまいて終わり。

そもそも最初から製薬会社は免責される
仕組みになっていたりするから
ウハウハですな。

ワクチンによる抗体がウイルスに対して
なんの役にも立たなくとも、治験のデータの
美味しいところのつまみ食い・・
チェリーピッキングによるお化粧と潤沢な
資金で御用学会、御用ジャーナリストを囲い
こんで権威付けし、ネトサポを組織すれば
今の日本人は勝手に同調圧力に
屈して本能や直感を封印する、
美味しい商売です。
Posted by 刹那 at 2020年05月27日 21:11
^^ よくここまではっきりとお書きになりましたねぇ。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年05月27日 21:45
放送が衝撃の事実を公開!! コロナと人口削減【ビル・ゲイツ】字幕版
カテゴリー:災害・環
ビルゲイツ ロシア公共放送が衝撃の事実を公開!!

多分もうとっくにずくなし様も知ってる方も多いかと思いますが、上記を検索して見てみてください。はっきり言ってますね。怖すぎます。このコメントは、削除でお願いします。でも必要でしたら彼らの活動を皆さんに周知してください。


Posted by u at 2020年05月28日 03:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。