これは故意の誤報じゃありませんよね: ずくなしの冷や水

2020年05月19日

これは故意の誤報じゃありませんよね

毎日新聞ニュース@mainichijpnewsの2020/5/19のツイート
対サウジ武器売却 米国務長官、国務省監察官を捜査か 解任引き金の可能性



会員限定有料記事 毎日新聞2020年5月19日 12時55分(最終更新 5月19日 17時20分)
 米下院外交委員会のエンゲル委員長(民主党)は18日、トランプ大統領に解任された国務省監察官に関し、ポンペオ国務長官が議会の審査を経ずにサウジアラビアなどへの武器売却を決めたことについて捜査していたと明らかにした。武器売却にはトランプ氏の意向が大きく働いており、この捜査が解任の引き金になった可能性があると指摘した。
 ポンペオ氏は同日、ワシントン・ポスト紙に対し、トランプ氏に監察官の解任を求めたと認めた上で「仕事ぶりが不十分だった」ことが理由で政治的な報復ではないと強調した。

・・・引用終わり・・・

これからどう展開しますかね。

毎日新聞2020年5月17日 17時57分(最終更新 5月17日 17時57分)
トランプ氏、国務省監察総監を解任へ ポンペオ氏を調査か 下院委が追及へ
 トランプ米大統領は15日、国務省を担当するリニック監察総監を解任する方針を議会に通告した。詳細な理由は明らかにせず、「完全な信頼を置けなくなった」としている。野党・民主党は、リニック氏がポンペオ国務長官の疑惑の調査を始めていたと指摘し「違法な報復行為」と猛反発。下院外交委員会のエンゲル委員長(民主党)らは16日、解任の経緯について調査を始めた。
 米メディアによると、リニック氏は、ポンペオ氏が政治任用の職員を自身と妻の個人的な用事に従事させていた疑いを調べていた。ポンペオ氏がリニック氏の解任を求めたという。エンゲル委員長は声明で「トランプ氏は、最も忠実な支持者の一人を説明責任から守ろうとしている。言語道断だ」と非難した。
 エンゲル委員長と上院外交委の民主党トップのメネンデス議員は16日、ホワイトハウスと国務省に書簡を送付。解任の経緯や監察官室のこれまでの調査記録などを保管し、22日までに議会に提出することを求めた。
 監察総監は連邦政府の省庁に設けられている独立したポストで、職権乱用などの不正や会計検査などの内部調査を行う。トランプ氏は4月以降、リニック氏以外にも複数の監察総監を交代させる人事を行ってきた。民主党のペロシ下院議長は15日付の声明で「トランプ氏は、国民のために監視を行う公務員への危険な報復行為を加速させている」と批判した。【ワシントン鈴木一生】
posted by ZUKUNASHI at 18:11| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。