今流行りのZoomズームとはどんなもの?: ずくなしの冷や水

2020年05月21日

今流行りのZoomズームとはどんなもの?

オンライン会議用のソフトが急速に普及しています。ソフトの種類はいくつもあるようですが、Zoomというソフトが最も使われているらしい。セキュリティが甘いとされるあのソフトです。

次は英国の閣議をオンラインでやっている模様のようです。こんな風に顔画像だけを並べることもできますし、真ん中に広く資料を映し出すこともできます。


オンライン会議と言っても、テレビ電話の多人数参加版です。一対一でないために参加者のPCとは異なるZoomの管理するサーバーが全体の情報の流れを制御します。Zoomの使用料月2700円はソフトの使用料も含んだサーバーの利用料です。

1か月ほど前だったでしょうか。海外のある人のツイートをたまたま見たら、オンラインワークショップがちょうど始まるところでした。

ここから入れとアドレスURLが書いてあったので、クリックするとまずZOOMソフトのインストールが始まりました。

すぐ終わってつながりました。講師の画像が見えます。参加者の顔出しは一部だけ。その参加者の中にZUKUNASHIという名前だけの人が。カメラは使っていませんし音声もマイクなしですので顔や音は出るはずがないのですが、なんで名前がzukunashiなの? どこから取った??

ツイッターの名前は違いますので、このパソコンのアカウントから取ったんですね。やーっ怖い怖い。本名を書いておくべきではありませんね。
アカウント名の変更方法を末尾に書きました。アンドロイドは別の手順です。

今売られているノートパソコンは、カメラとマイク、スピーカーが内蔵されていますから、それらがひとりでに動き出すこともあるかもしれません。

欧州の方のワークショップでしたけど、画像はスムーズに流れました。

誰!? そこで覗いているのは!
と言われないように、すぐ抜けましたけど。

普通はパスワードをかけるので、こんな風に簡単に入り込むことはできません。次の記事にあるように、50万件を超すアカウントが売買されているようですが、これはテレビ会議の主宰者ではなく参加者のアカウントでしょう。

テレビ会議のURLアドレスも流出していますから、誰かのアカウントを使って会議に参加することもできる。そしていかがわしい画像を映し出したり、侮辱的な言葉を流したりすることができるというわけです。

SPUTNIK日本2020年04月15日 12:25短縮
テレビ会議ツール「Zoom」 50万件超のアカウントが闇市場に流出、売買
セイバーセキュリティー企業Cybleはハッカー向けの闇市場フォーラムでオンライン会議用ソフトウエアの「Zoom」のサーバーの50万件を超すアカウントが売買されていることを突きとめた。ビジネスインサイダーが初心者向けのコンピューターヘルプサイト「ブリーピングコンピューター」の情報を引用して報じている。
報道によると、アカウントは1件あたり1セント以下の価格で取引されているものから、ほとんどはほぼ無料で提供されていた。
アカウントはテレビ会議に潜入し、Zoom利用者に侮辱的なコンテンツや発言をぶつけ、煽動を図るために悪用された。
Cybleは平均で1件あたり0.002ドルを支払い、53万件のアカウントの取得に成功した。各アカウントにメールアドレス、パスワード、テレビ会議のURLアドレス、それにログインするためのナンバーの情報がついていたという。これらのデータは遅くとも4月1日から闇市場に現れはじめている。
Zoomでテレビ会議のユーザーに問題が生じたのはこれが初めてではない。4月初め、プライベートなテレビ電話数千件が外部に流出した。

・・・引用終わり・・・

まだ使っていませんが、一対一のテレビ電話も簡単にできるようです。それならスマホでもやれますね。

何人も参加してのテレビチャットならテキストデータの入力が苦手の人でも遅れずについていくことができそうです。

これからは、井戸端会議はパソコンの前でということになりましょう。離れたところに住む家族ともこのような方法で顔を見ながら話をすることもできます。

これからは地域の空間的な制約を超えたコミュニティが発達していくのではないでしょうか。ブログを運営していて、内容が良くなるのもそうでないのも読者次第と感じることが多いです。コミュニティ類似のつながりができるかどうかなのでしょう。

学者の世界など、専門分野によって世界各地の限られた人数の人たちが点と線で結ばれてコミュニティを作っています。

原子力村などといわれますが、あれは利益追求集団でかなり結びつきの強いコミュニティの性格も持っていますね。

アカウントの変更方法
Windowsの場合
Windowsマーク「スタート」 → アプリの一覧 → 「W」欄の「Windowsシステムツール」 → 「コントロールパネル」 → (大きなカテゴリーのときと多数の項目が表示されるときがあります) 「ユーザーアカウント」 → 「アカウントの管理」 → 「アカウントの変更」 → 「アカウント名の変更」

SPUTNIK2020/5/17
Zoom Videoconferencing Service Reportedly Down for Users Around the World
The majority of reports are coming from the London area and several other UK cities. Other affected nations include Turkey, Israel, the UAE, India, Japan, and the US, among others.
Users of the Zoom service have been reporting problems with accessing the videoconferencing feature of the application globally, according to the Downdetector website. Several users also complained about not being able to log in, while others were unable to use Zoom's website.
The first reports came in about 11 a.m. GMT and by 1:51 pm, Downdetector counted 72 reports, after which the number of complaints started to decline.
The web conferencing platform has seen a spike in the number of users since the beginning of this year, due to global lockdown restrictions that were imposed due to the ongoing coronavirus pandemic, which has infected nearly 4.5 million people since its onset in late December.
posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。