船橋市が戦いを開始したが: ずくなしの冷や水

2020年04月22日

船橋市が戦いを開始したが

船橋市では2020/4/21現在で93人の感染者が出ています。


2020/4/20に二人見つかっていますので93人になりました。

船橋市の最初の感染者は、2/22に発症しています。
20歳代男性
2月22日 朝、37.5℃の発熱。市販薬を服用。
2月27日 下痢、吐気が出現。
2月29日 朝、38.1℃。呼吸苦・せきなし、食欲低下。17時に保健所が本人携帯に電話(神奈川県からの要請に基づき調査)し、市内医療機関で検体を採取。検体採取後、自宅で安静。
3月1日 陽性判明、市内医療機関に入院。症状は軽症。

その後の感染者の推移は上の図のとおりです。3月中には6人しか判明していませんが、4/2には10人、4/5には30人になっていますからこれらの人の感染は3月中に生じたと見ていいでしょう。

船橋市は、2020/3中の死亡数が前年同月より大きくなっているのです。船橋市では、新コロナウィルスによる死者が出たことにはなっていませんが、新コロナウィルスに関連した死亡増の可能性もあります。


最近の情報で感染者にしもやけのような症状が出ることがあるとされています。血栓が原因ではないかと見られ、新コロナウィルスが血栓を作るとしたら脳梗塞で亡くなる方がいることもありうることになります。

新コロナウィルスで肺炎でなくて他の疾病で亡くなる人が出る可能性がどれほどあるかは、4月以降の推移を見なければならないでしょう。

船橋市の対策は、人員の再配置やドライブスルー検査の導入などそれなりのものです。どのような成果を上げるでしょう。なお、船橋市は保健所が設置されている中核都市です。

船橋市緊急対策パッケージ

職員体制の整備

集団感染が発生した東庄町の障がい者福祉施設はもともと船橋市が設置し、社会福祉法人さざんか会に管理を委託しているものです。この集団感染は、感染者が100人以上に達する大惨事となりました。
posted by ZUKUNASHI at 10:03| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。