これは簡単 手作りマスク: ずくなしの冷や水

2020年04月11日

これは簡単 手作りマスク



読者からの情報
マスクがなかなか入手困難ですが、古いマスクの再利用の過程で、石鹸 塩マスクの研究が2017年に論文で発表されています。

石鹸 塩マスク。
早速実践を始めました。SARSやインフルエンザなどのエンベロープVirusに対する、韓国慶平医科大学医学部と、カナダ、アルバータ大学の合同研究論文です。
https://www.nature.com/articles/srep39956?fbclid=IwAR1FK06a5L570aswoNWc20fKL5HXupPjCgVmfHvTqdINg3NJPZBu0Dlx_oQ

Covid19Virusは脂肪の膜にRNA遺伝子が入っただけのものです。
布、不織布共、マスクに石鹸 塩のコーティングがあれば、インフルエンザ、SARS、Covid19などの脂肪の幕が触ると、石鹸 界面活性剤が一瞬液体化し脂肪、油の幕を分解→ヴィルスを破壊。そのまま石鹸塩がそのまま乾燥 浄化してしまうとの事です。

うちも使ったマスクをネットに入れて洗濯、脱水後、浸るくらいの水に無添加石鹸を溶かし、若干の塩を混ぜて少し回して停止。30分程つけた後、そのまま脱水後陰干ししてみました。

肌触りも良く、顔に仮にVirusが付着しても、破壊、浄化出来るのが良い点です。

石鹸 塩マスクは石鹸のみのコーティングでも効果はあります。界面活性剤の成分がナトリウムの場合、それが塩になります。ただし、石鹸によって塩の部分の強さが変わるため、明示的に塩を足すと、それはそれで清浄作用があり、うちは塩を少し足して界面活性剤、塩の効果が安定して出るように気をつけています。

研究では作ったマスクは酷い保存状態でも効果は長期間持続とあります。
石鹸 塩が染みたらそう簡単に消えないので、なかなか丈夫です。

簡単なので、マスク再利用時おすすめします。
posted by ZUKUNASHI at 17:10| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。