「買い物・旅行」 60代が最も活発なんだそうだ: ずくなしの冷や水

2020年04月06日

「買い物・旅行」 60代が最も活発なんだそうだ

ITmedia ビジネスオンライン2020/4/4(土) 9:02配信
新型コロナで外出自粛でも「買い物・旅行」、60代が最も活発――若者は自粛傾向だが……
・・・緊迫する新型コロナウイルス問題。ただ、ちょうど要請が出た3月末のタイミングのアンケート調査によると、他の世代に比べて60代が最も、「商業施設への買い物」といった外出を伴うような行動・レクリエーションについて実行していることが明らかになった。
【グラフ】若者よりはるかに外出する60代行動データ
「買い物」「旅行」「外食」60代が実行率トップ

 調査はマーケティング分析を手掛けるクロス・マーケティング(東京・新宿)が、東京都などから大規模な外出自粛要請があった週末に当たる3月27〜29日に掛けて実施。全国の20〜69歳の男女計2500人にWeb上でアンケートを取った。
 「現在、どんな行動を実行できているか」と各年代の男女に聞いたところ、例えば「商業施設への買い物」で60代男性が42.8%、60代女性も42%が「できている」と回答。他の年代が20〜30%と自粛ムードなのに比べ、いずれも唯一40%を超えた。
 他の「家族との外食」(60代男女いずれも34%)や「旅行に行く」「トレーニングジムに行く」といった、主に外出を伴う活動・レクリエーションの11項目いずれでも、60代が男女ともに「できている」の比率トップとなった。
・・・引用終わり・・・

はーん、そうなのか。60代なら現役を退いた人も多い。そういう人たちの外出が多ければ、この人たちが感染する機会は相対的に高いことになる。

そういう人たちが、感染して病院に入っていけば、日本の特に都市部での感染リスクが低下していく。年代別に見ると60代前の感染者が多いけれども、彼らは現役で外出しなければならず、感染機会を避けるという面では制約、限界がある。

少なくとも出歩いている人よりも出歩かない人のほうが感染リスクは低い。

これから、年代別の陽性者の動きに注目してみよう。この階層の陽性者が多くなってきたら、次は自分の番だと構えることにしよう。

※ SUGIMOTO Tatsuo 杉本達應@sugi2000氏の2020/4/5のツイート
東京都の新型コロナウイルス感染症患者の全数プロットと人口ピラミッドを重ねてみました。

上のグラフで20代は、女性の感染者のほうが多いです。年代が上がると減っていますが、50代で退院が多い。これには死亡が含まれます。70代でまた少し増加。一方男性は、30代、40代が多い。これはビジネスでの活動が活発なことによるものと見られます。60代、70代も女性に比較して多い。70代男性では退院が多いですが、死亡者も多いと見られます。男性の場合は、人口に占める陽性者の割合は60代と70代でそれほど変わらない。やはり社会活動が活発な人が感染していると考えられます。
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。