Humanity May Be Stuck With Coronavirus for Good, Leading Russian Virologist Warns: ずくなしの冷や水

2020年04月05日

Humanity May Be Stuck With Coronavirus for Good, Leading Russian Virologist Warns

sputnik2020/4/4
Humanity May Be Stuck With Coronavirus for Good, Leading Russian Virologist Warns
Nations around the world have introduced a range of measures to battle COVID-19 and slow or even stop its spread. However, that may be impossible, a veteran Russian scientist says.

Coronavirus is with us for good, and is a genie that cannot be put back in its bottle, Dr. Vitaliy Zverev, a respected virologist specializing in molecular biology and pathogenic microorganisms who serves as chief of the Moscow-based Mechnikov Science and Research Institute of Vaccines, believes.

“It’s necessary to understand that this virus has come to the human population not for today, not until summer, not until fall. It has come for many, many years, maybe even permanently. Seventy percent of the planet’s population will go through this infection,” Zverev said, speaking on the 60 Minutes programme on Russia-1 Friday evening.

Zverev also believes that if testing for COVID-19 was more widespread, including in Russia, the infection rate would prove to be significantly higher than it is today, while the accompanying mortality rate would show to be much lower than it is at present.

“The mortality rate is not five percent, but less than that of the flu. This is an infection with which we will have to live, similarly as we live with the flu, with the adenovirus,” the veteran academic believes.

Comparing mortality rates from coronavirus infections and influenza in the United States – currently the country with the highest number of infections, Zverev suggests that even though the flu epidemic in the United States has been weaker than normal this year, more Americans have died from the disease than from COVID-19.

Medical Debate Rages

Not everyone in the medical community agrees with Dr. Zverev’s assessment regarding just how much of a danger the new coronavirus poses.

Among the problems commonly described by scientists which are said to make COVID-19 more dangerous are a lack of a vaccines, lack of herd immunity, and long incubation time, which makes it more likely that persons infected with the virus will pass it on to someone else before exhibiting any symptoms. On Saturday, for instance, Russian authorities reported that a quarter of all confirmed COVID-19 cases in Russia haven’t shown any symptoms.

Some scientists have also pointed to a higher reported mortality rate from COVID-19, although others have challenged this assertion, pointing to a lack of information about overall infection rates, caused by a lack of testing kits or even faulty tests.

Better Safe Than Sorry?

Most countries have taken a ‘better safe than sorry’ approach to dealing with the virus, introducing a series of increasingly tough measures –starting with the cancellation of public events and the closure of public places, schools, malls, and public transportation, and, in some cases, introducing regional or countrywide lockdowns restricting freedom of movement altogether. However, some countries have opted to limit restrictions, with Sweden challenging European-wide lockdown recommendations, while Belarus too has limited its response to pinpoint quarantine measures for confirmed infections. Britain’s government initially supported a herd immunity approach, but has since backed down in favour of social distancing and self-isolation rules seen in many other countries (although unlike some, UK authorities continue to allow people to leave the house for exercise).

The hard quarantine approach has been praised by many medical professionals, but has also led to concerns in some quarters about the future of the world economy. President Trump has taken a lot of flak for his desire to get the US economy ‘back up and running in time for Easter’, and has since backed down on such promises. However, on Wednesday, UN Secretary-General Antonio Guterres warned that apart from its epidemiological impact, the virus is having and will have a substantial economic impact, including “a recession that probably has no parallel in the recent past.” According to Guterres, the economic crisis caused by the global economic shutdown may lead to instability, unrest and conflict unlike any the world has seen since the Second World War.

4245/5000
sputnik2020 / 4/4
人類はコロナウイルスで行き詰まっている可能性があり、ロシアのトップウイルス学者が警告している
世界中の国々は、COVID-19と戦ってその拡散を遅らせるか、さらには停止するためのさまざまな対策を導入しています。しかし、それは不可能かもしれない、とベテランのロシアの科学者は言います。

コロナウイルスは永遠に私たちとともにあり、そのボトルに戻すことのできない精霊、モスクワに本拠を置くメヒニコフ科学研究所の責任者として機能する分子生物学および病原微生物を専門とする尊敬されたウイルス学者であるビタリーズベレフ博士ワクチンは信じています。

「このウイルスが、今日まで、夏まで、秋までではなく、人類に感染していることを理解する必要があります。それは何年も、何年もの間、多分永久にやって来ました。地球の人口の70%がこの感染症を経験するでしょう」とZverevは言った、ロシア1金曜日の夜に60分のプログラムで話しました。

Zverevはまた、COVID-19の検査がロシアを含めてより広範囲に及んだ場合、感染率は現在よりも大幅に高くなり、付随する死亡率は現在よりもはるかに低くなると考えています。

「死亡率は5%ではありませんが、インフルエンザの死亡率よりは低いです。これは、インフルエンザと同じように、アデノウイルスにも感染しなければならない感染症です」と退役軍人は学んでいると考えています。

米国のコロナウイルス感染とインフルエンザによる死亡率を比較すると、現在、感染数が最も多い国であるZverevは、米国でのインフルエンザの流行は今年よりも弱かったにもかかわらず、より多くのアメリカ人がこの疾患で死亡していると示唆しているCOVID-19より。

医療討論会

医学界の誰もが、新しいコロナウイルスがもたらす危険の大きさに関するズベレフ博士の評価に同意するわけではありません。

COVID-19をより危険にすると言われている科学者によって一般的に説明される問題には、ワクチンの欠如、群れの免疫の欠如、および長い潜伏時間があり、ウイルスに感染した人がそれを感染させる可能性が高くなります症状を示す前の誰か。たとえば、土曜日に、ロシア当局は、ロシアで確認されたCOVID-19の全症例の4分の1に症状が見られなかったと報告しました。

一部の科学者はまた、COVID-19の報告された死亡率が高いことを指摘しましたが、他の人はこの主張に異議を唱え、検査キットの欠如または欠陥のある検査によって引き起こされる全体的な感染率に関する情報の欠如を指摘しました。

転ばぬ先の杖?

ほとんどの国では、ウイルスに対処するために「申し訳ありませんがより安全な」アプローチを採用しており、一連のますます厳しくなる対策を導入しています。まず、公共のイベントのキャンセル、公共の場所、学校、モール、公共交通機関の閉鎖などです。場合によっては、移動の自由を完全に制限する地域または国全体の封鎖を導入する。しかし、一部の国は制限を制限することを選択し、スウェーデンはヨーロッパ全体のロックダウン勧告に異議を唱えていますが、ベラルーシも確認された感染に対する正確な検疫措置への対応を制限しています。英国政府は当初、群れの免疫のアプローチをサポートしていましたが、その後、他の多くの国で見られる社会的距離と自己分離のルールに賛成しました(一部とは異なり、英国当局は人々が運動のために家を離れることを引き続き許可しています)。

ハード検疫のアプローチは多くの医療専門家から称賛されてきましたが、一部の地域では世界経済の将来についても懸念が生じています。トランプ大統領は、米国経済を「復活祭に間に合うように立ち上げて走らせたい」という彼の願望に多くの批判を払い、それ以来、そのような約束を支持してきました。しかし、水曜日に、国連事務総長のAntonio Guterresは、疫学的な影響は別として、このウイルスは「最近の不況はおそらくない」など、かなりの経済的影響を及ぼしており、今後も及ぼすであろうと警告した。グテレスによると、世界的な経済の停止によって引き起こされた経済危機は、世界が第二次世界大戦以来見たのとは異なり、不安定さ、不安と紛争につながる可能性があります。
posted by ZUKUNASHI at 02:14| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。