これだけは知っておいたほうが良い 発症して検査を受けるまでが大変 : ずくなしの冷や水

2020年04月01日

これだけは知っておいたほうが良い 発症して検査を受けるまでが大変

2020年03月31日
これだけは知っておいたほうが良い かからないように予防に全力

新コロナウィルスに感染すると、保健所、医療機関との間で大変厄介な折衝があります。

※ YーBTSキラキラLOVE@Y92836054氏の2020/3/30のツイート
新型コロナの可能性として
発熱、喉の痛み、倦怠感、空咳を訴えて保健所に電話。
まずは町医者→医者判断で紹介状→大きな病院で検査して何もなかったら→新型コロナの検査の手順と保健所に言われた。
保健所とのやり取りは音声録音した。#新型コロナ

振り出しは、町医者で診察を受ける。
ところが、町医者で診察してくれないことがあります。保健所に言っても自分で探せ、でしょう。

具合悪いのに、あちこち回らないといけない。特に自家用車のない人、運転できない人はどうしたらよい?

手順を踏んで、検査を受けたら陽性判明。

ところがベッドが空いていないので、入院は許されず自宅療養。そして家族が感染して振り出しへ。

そんな厄介なことに巻き込まれるのです。

指定病院に入院できても、もともと特効薬はない。症状が悪化すれば親族に手を握ってもらうこともできない。息を引き取れば、すぐ遺体袋に入れられて密封。

8時間後には火葬に付されます。会葬者のある葬儀はやらない例が多い。

短時間で病状が悪化することもあって、親族が入院したら、退院通知をもらえずに、遺体引き取りになる例がこれから増えるでしょう。

次の死亡者の例で、診断から死亡までの時間が短いです。上のような折衝をして時間を空費しているうちに重症化してしまうのです。


これは医療体制の問題ですよね。
posted by ZUKUNASHI at 19:42| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。